31年振りの訪問 北陸鉄道浅野川線(平成22年4月)

平成22年4月18日、31年振りに北陸鉄道を訪問しました。この約30年間で、浅野川線は大きく変わりました。 平成13年に北鉄金沢駅−七ツ屋駅間が地下化され北鉄金沢駅は地下駅となりました。地下化に当たり車両の不燃化対策 のため、平成8年に元京王3000系)が導入されました。8000系入線にあたり、架線電圧を600Vから1500V に昇圧され、同時にワンマン運転を開始しました。これにより、釣り掛け車は全廃となりました。

地下化された北鉄金沢駅

北鉄金沢駅で発車を待つ8000系(元京王3000系)

蚊爪−粟ヶ崎 大野川橋梁

大野川橋梁を渡り粟ヶ崎駅へ、大野川橋梁は制限速度15kmで進入

内灘駅

内灘駅には車両基地があります


31年前の浅野川線へ → 北陸鉄道 浅野川線(昭和55年3月)


     【ローカル私鉄】トップへ戻る