井笠鉄道 保管車両(昭和52年)

井笠鉄道は明治44年に設立された軽便鉄道です。山陽本線の笠岡駅を起点にしており、昭和46年 3月31日で全線廃止となりました。しかし軽便鉄道のなかでも比較的遅くまで存続して いたことが幸いし、廃線後も車両の大半は笠岡近郊にあった鬮場(くじば)車庫で保管していました。
廃線から6年たった昭和52年8月29日に鬮場車庫を訪問しました。

ホジ2

ホジ8

木造貨車


こちらは別の場所に保存されていたホジ9



     【ローカル私鉄】トップへ戻る