伊豆箱根鉄道大雄山線 小田原駅(昭和63年)

伊豆箱根鉄道は、神奈川県の小田原地区での大雄山線と、静岡県の伊豆地区での駿豆線の2路線があります。
駿豆線は、沿線に高校や工場などがあり通勤・通学路線の顔もありますが、温泉や観光地も多いためJRから特急列車が乗り入れており、 観光路線としての顔も持っております。また、沿線からは富士山が望め、風光明媚な路線でもあります。

ここに展示した2枚の写真は、昭和63年7月10日、箱根登山鉄道撮影の帰りに小田原駅で撮影したものです。

5000系第3編成、隣にはモハ151形が見えます

モハ151形の先頭車は元相鉄2000系のクハ187、元々は17m級国電クハ16です



     【ローカル私鉄】トップへ戻る