南部縦貫鉄道七戸駅再訪(令和元年)

南部縦貫鉄道は平成14年に廃止になりましたが、「南部縦貫レールバス愛好会」の手によって七戸駅で車両が保存されております。 保存車両の内、レールバス キハ101・102や元国鉄のキハ10系気動車キハ104等は動態保存されており、年に数回、撮影会や体験乗車等のイベントが開催されております。 令和元年9月12日、七戸十和田駅で東北新幹線に乗る予定でしたが、2時間近くの待ち時間がありました。 駅で観光案内を見ていると、「七戸十和田駅⇔七戸町の観光スポット」を定額料金で利用できるタクシーが紹介されていました。 旧南部縦貫鉄道七戸駅(七戸町中心商店街)エリアは往復2,500円。一時間で帰ってこれるので、迷わず七戸駅に行きました。

七戸駅は健在でした

駅構内に入ると、七戸駅のホームと線路が見に飛び込んできました!
野辺地駅方面に線路が伸びております

ホームの先端に行きました 今にもレールバスがやって来そうです

七戸駅の駅票も残っておりました

車庫も健在でした

車庫を覗くとキハ104が休んでいました

駅舎前の線路は撤去されていました

イベント開催時に再訪したいシチュエーションでした



     【ローカル私鉄】トップへ戻る