キハ101 旧塗色時代

元国鉄キハ30をルーツとするキハ100型は、2001年に青とクリームのツートン カラーの旧常総筑波色に塗色変更されました。新型車の増備・つくばエクスプレス開業 による単行運転列車激減の余波を受け運用につく機会はめっきり減りましたが、 希少価値から鉄道ファンの注目を浴びるようになりました。
平成19年9月12日、キハ101型が旧国鉄の「首都圏色」に塗色変更されました。 ここでは、旧塗色時代のキハ101を集めてみました。

旧常総筑波色になる前は関鉄旧型車標準色でした
水海道駅 平成11年10月10日


騰波ノ江駅 平成15年10月28日


   ◆ 黒子の桜

平成16年3月28日

平成17年4月9日



     【ローカル私鉄】トップへ戻る