常総線開業90周年記念イベント

関東鉄道常総線は大正2年11月1日取手−下館間全線開業し、今年平成15年に開業90周年 を迎えました。これを記念しイベント列車の運転と水海道車両基地見学会が平成15年11月29日 に行われました。車両基地見学会は「車両展示」「工場見学」「気動車体験運転」等さまざまな催し が開催されました。当日は時折雨足が強くなるあいにくの天気でしたが、熱心なファン・家族連れで にぎわいました。

   ◆展示車両:キハ100型(旧常総筑波色)・キハ350型(旧関鉄色)・キハ0型(在来車色) ・キハ2100型(新型車色)
          :DD502形機関車
   ◆90周年記念列車:取手−水海道 キハ2100型2連
               :下妻−水海道 キハ350型(旧関鉄色)2連  いずれも ヘッドマーク付
         

  ◆展示車両

キハ100型(旧常総筑波色)

キハ350型(旧関鉄色)

キハ350型(旧関鉄色)とキハ0型(在来車色)

キハ2100型(新型車色)

DD502形機関車

キハ350型・キハ0型・キハ2100型が並ぶと、昭和40年代・50年代・ 平成、それぞれのの顔の特徴が良く分かります

水海道車両基地、まだまだキハ300系が幅をきかせております

  ◆90周年記念列車

降りしきる雨の中を走るキハ350型 三妻−中妻



     【ローカル私鉄】トップへ戻る