加悦鉄道 加悦駅展示車両(昭和51年)

加悦鉄道は国鉄宮津線(当時)丹後山田から加悦を結ぶ非電化の私鉄線でした。丹後山田までの 貨物輸送が主体の盲腸線でしたが、古典車両がそろっている私鉄線としても有名でした。 古典車両は昭和53年11月に加悦駅構内で「加悦SLの広場」として整備されるまでに 発展しました。しかし本業の鉄道線は昭和59年2月の国鉄ダイヤ改正で宮津線貨物が廃止された ことでその使命はたたれ、昭和60年4月30日をもって廃しとなりました。廃止後も「SL広場」 は残り、平成8年11月に旧大江駅構内跡に移設され現在でも保存されております。
ここに展示した写真は「加悦SLの広場」を開設前の加悦駅構内の記録です。ここは鉄研夏合宿での 訪問でしたが、当時蒸気機関車全廃直後でちょっと目標を失い国鉄旧型電機・国電を主体に 追っていたこともあり、こんな貴重な線区を乗りつぶしだけに終えていまい、 今こうして整理してみるとあまりにもカット数が少なくちょっと残念なことをしました。
昭和51年8月27日の記録です。

    左上の写真は、旧国鉄客車オハ62にディーゼルエンジンを搭載し誕生したキハ08形
    右上はキハ101形と加悦駅

加悦駅構内の風景、蒸気機関車、ダブルルーフ客車等が雑然?と並んでいます


保存蒸気機関車群、C57189他、1Bタンク120形、 1Cタンク1260形等多彩な顔ぶれでした


左:キハ101形ガソリンカー 右:キハ51形 元芸備鉄道キハユニ18



     【ローカル私鉄】トップへ戻る