大井川鐵道本線電化開業70周年記念 ELかわね路号(令和元年)

大井川鐵道の本線(金谷−千頭間)は、昭和24年12月1日に電化され、令和元年に70周年を迎えました。 これを記念して、令和元年10月31日から12月31日のうち指定された43日間、新金谷−千頭間を1日1往復、電気機関車が牽引するELかわね路号が運転されました。 特に、12月2日からは蒸気機関車牽引のかわね路号は運休となり、まさに電気機関車天国となりました。 令和元年11月20日(水)に紅葉が始まった川根路を訪問しました。この日は、元西武鉄道のE31形34号機が先頭に立ちました。 なお、この日撮影した蒸気機関車は、紅葉が始まった川根路(令和元年11月)に展示しております。

1003レ ELかわね路13号 大和田−家山

1003レ ELかわね路13号 抜里−川根温泉笹間渡

1003レ ELかわね路13号 第一橋梁を後追い撮影 抜里−川根温泉笹間渡

1003レ ELかわね路13号 塩郷−下泉

1004レ ELかわね路14号 千頭−崎平


かわね路1号とかわね路2号の補機を務めたE10形101電気機関車 千頭駅



     【ローカル私鉄】トップへ戻る