島原鉄道(昭和53年)

島原鉄道は長崎本線諫早駅から島原市の島原外港駅を結ぶ43.2kmの民営鉄道です。古くは国鉄形気動車が活躍してた路線です。
展示写真は長崎本線長崎駅で撮影したキハ55形5505です。島原鉄道は昭和55年9月まで国鉄線に乗り入れをしており、長崎駅で撮影 することができました。昭和50年代前半はキハ55やキハ17が主力として活躍しておりましたが、これらの車両は国鉄線上でも 見ることができたため、島原鉄道を訪問することはありませんでした。今となればもったいないことしました。

キハ55形5505 長崎駅 昭和53年8月29日



     【ローカル私鉄】トップへ戻る