2000形「青空」号ファイナルラン

「2000形青空」号は、元西武鉄道の801系で昭和43年に誕生しました。流鉄流山線(千葉県)を18年間走り続け、平成6年8月から 流鉄での活躍が始まりました。流鉄では、夏の青空と白い雲をイメージしたような塗色で登場し、また、初の冷房付き車両でもありました。
平成24年3月、元に元西武鉄道の101系が導入され、「青空」は予備車両となり、平成24年7月15日、「青空」号のラストランと なりました。当日は、「さようなら」「ありがとう」のヘッドマークを前後に付け、最後の雄姿を披露しました。

鰭ヶ崎−小金城址

鰭ヶ崎−小金城址(後追い)

鰭ヶ崎−小金城址

幸谷−小金城址

小金城址駅

小金城址−幸谷

左:幸谷−小金城址 右:小金城址−幸谷

幸谷−小金城址

左:鰭ヶ崎−平和台 右:平和台−鰭ヶ崎


次へ