中古盤の格付け

一様ではありませんが以下纏めてみました。主な典拠はWonnebergのVinyl Lexikon (2000)です。

アメリカ(Goldmine)では9段階:mint(m), near mint(nm)/mint minus(m-), very good plus (vg+), very good(vg), good plus (g+), good(gd), fair(f)/poor(p)。値付けnear mintまでが100%で以下50%、25%、15%, 10%、5%でpoorは5%以下になる [Goldmineは1986年設立の米国コレクター誌]

イギリス(Record Collector)では7段階:mint(m), excellent(ex), very good(vg), good(gd), fair(f), poor(p), bad(b) 値付けはそれぞれ100%、80%、55%、40%、30%、15%、5%    {Record Collectorは1979年創立の英国コレクター誌]

ドイツでは5段階:mint(m), very good(vg), good(gd), worn(w) and fair(f) 値付けはそれぞれ100%、75%、50%、25%、10% ドイツのFairクラスが最悪なのに注意。    [ドイツのOldie Marktは1982年創立のレコードコレクター誌]

格付けは各国微妙に違っているのが面白い。ドイツのFairはどうにか許容できるという意味で使われている。来日したフランス人によると日本の中古盤(ディスクユニオンのもの)は比較的上等のようです。ハードオフなどで捨て値(100円)の物は存外に程度の良いものと悪いものが混在します。豪華な外装のプゥルセル・ベスト20は赤盤の見本盤でmint状態でしたー誰か音楽評論家先生が大して聴かずに手放した物か?白ラベルの見本盤は販売促進(新譜紹介)のために作られた非売品で中古市場では比較的安く手に入る。ジャケットに入手した日付がマジックで書き込まれたものがあり、購入した店名を記しているもの、又は来日した音楽家のコンサート会場外で購買したと思われる外盤などがあります。手放した人は今は何を聴いているのか、もしくはもう物故しているのか等、中古盤を聴くたびに想像してしまいます。

中古盤の国際的(?)略号
AS(art sleeve), BK(book), CC(cut corner), CO(cut-out,drilled), CV(coloured/clear-transparent vinyl), D/LP(double LP), EW(edge warp), G/F(gatefold sleeve二つ折りジャケット), M(mono), MAG(magazine), M/S(mono/stereo mixed), NAP(not affecting play), NC(no cover), NOC(no original centre), OFFS(offers requested/invited指値要相談), OL(on label), ORG(original), PD(picture disc), PR(promotion), P/S(picture sleeve), Q(quadraphonic), RE(reissue), REPRO(reproduction), RI(reissue),S(stereo), SAE(stamped addressed envelope), SPLT(split), SOL(sticker on label), SR(slight ring-wear盤縁に摺れ傷), SS(still sealed),ST(stereo), STKR(sticker), TIC(ticsプチプチ雑音), TOC(tape on cover), TOL(tape on label or tear on label), TOS(tear on sleeve), TS(taped seamsジャケットにテープ補修), T/P(test pressing), TRI(triangular centre=Single特有な中心穴:そのままで中心穴は小穴で再生でき三角の部分を除去すればEP用大穴になるものUS Patent2734748), WL(white label), WLTP(white label test pressing), WOC(writing on cover), WOL(writing on label), WOS(writing on sleeve)

horizontal rule

ホームページへ戻る