花の寺めぐり

3月16日(火)小雨 
今日はあいにくの天気だったが花の寺巡りに出かける。
お寺参りが目的なのだが、季節の花が鑑賞出来るし、 いい写真が撮れそうなので参加する。

京都浄瑠璃寺、奈良石光寺、大阪観心寺と回った。それぞれ歴史と伝統のある寺だ。
浄瑠璃寺の椿、あしび(あせび)、石光寺のきぶし、みつまた、観心寺の老梅、わびすけ等。
、華やかな花ではないが、結構、可愛くて情緒のある花だった。

各寺のご住職の説教も素晴らしく、忘れないようにしたいもの。






晩秋の京都散策。

11月27日(金)晴れ 
京阪三条から東山通りを四条八坂神社まで散策。
紅葉は終わりかけていましたが、さすがに観光バス、タクシー、人人。
晩秋の京都を捜すには、ちょっと骨が折れました。
スナップは名所をドンと真ん中に納めて終わりという構図で良い。
ただ見慣れた観光案内の写真のようでは面白くない。
晩秋の京都を散策したのだから、それらしい情景が欲しい。
そんな積りで見ていると結構、普段気が付かない情景が見えてくる。
三脚無しの撮影は、ISO感度を上げたほうがぶれなくて良い様だ。






有馬温泉、瑞宝寺公園に紅葉を訪ねて。

11月13日(金) 
ここは紅葉の名所、秀吉ゆかりの地、この時期お茶会が開かれるそうです。
曇り空でしかも紅葉は少し終わりかけ、撮影条件は今一でしたが、
幾重にも重なり合ったもみじ色のグラデーションは見事な色彩の世界でした。
背景の色合い、暈し加減に気を付けながら、主役になる被写体を捜して、
200ミリ望遠、絞り優先で撮ってみました。






古代の美しさ、神聖さが漂うスイレンを撮影。

7月10日(金) 滋賀県草津にある水生植物公園を訪ねました。
雨模様で風の強い日でしたが、お目当てのスイレンはロータス館という温室の中、
少々暑い場所ではありましたが、神秘的な美しさに曳かれて夢中で撮影。
赤紫、白、ブルーの色合い、水面に写り込んだ姿も幻想的でした。!!
ロータスとはハスとスイレンの総称とか、琵琶湖畔にあるこの水生植物公園、
JR草津駅まで、車で湖岸道路を走ると結構旅の気分も味わう事ができました。






色と光を訪ねて。

5月15日(金) 万博記念公園に行ってきました。
小雨が降ったり止んだりで、うっとうしい天気。おまけに、
新型インフルエンザの流行とも重なって閑散としてました。
その分、落ち着いてじっくりとルピナスの美しさを観察。!!
のぼり藤ともいわれ、形も小粒で可愛く、色彩の多彩さ、美しさは抜群です。
更に、雨のお蔭で水滴の美しさにも、出会う事ができました。。
カメラが濡れないようタオルを巻きつけながら、約2時間の格闘でした。






早春を感じる。

3月11日(水) 日一日と暖かくなっている様です。
啓蟄も過ぎて、庭の木々の芽が膨らんできて、春はもうそこまでというこの頃です。
なんと、桜が咲き始め、遅い梅と一緒に満開になりました。
桜といっても早咲きのさくらんぼの花です。!!
さくらんぼの木は、まだ背丈ほどなので、いつも4粒から5粒くらいしか、生りません。
でも、今年は沢山実を付けそうです。楽しみ!楽しみ!
下の段左から、ひっそりと可愛げに咲いているのは、桜鏡とクリスマスローズです。






冬枯れを捜して。

2月18日(水) ここ2、3ヶ月間に撮り溜めしてた中で、冬枯れベスト6を選んでみました。
選んでみて、冬枯れの美しさって何だろう。と思ってしまう。
朝焼けはなんとなくそうかな、と思わせるが、枝を落とした木々は幾何学模様なのだろうか。
セイダカアワダチと鷺なんか淋しさそのもの。!!
無駄を省いてしまった自然の姿は、物事の本質をさらけだしているのかも知れない・・・。
侘び、寂びの美しさは凡人には理解しがたい。






春の息吹を感じる。P2

10月17日(日) 5月の庭は草木も勢いを増し、一年中で一番たくさん花が咲くようだ。
今頃になって5月末に撮り貯めていた草花紹介しますね。
左上から小判草、さくらんぼ、あやめと紫陽花、
左下から金鶏菊(きんけいぎく)、下野(しもつけ)、ツル薔薇!!
薔薇は去年の秋アーチを作ったのですが薔薇のアーチにみえますかねえ。
あまり花の世話はしないのですが、有難い事に、毎年楽しませてくれます。






春の息吹を感じる。

5月7日(水) カメラを構えると不思議に見えないものが見えてくる。
梅の葉っぱにへばりついた尺取虫(毛虫?)、彼も生きるために必死なのだ。
木の枝から新芽がでているのは芙蓉の木。冬場にかなり刈り込んだのだが、
間違いなく芽を吹く。植物の生命力にも感動!!
ポピーも、菜の花も、毎年同じ場所に花を咲かせてくれる。
桜の花びらが散って、紫陽花の季節がもうすぐやってくる。






チューリップが咲きました。

4月23日(水) 我が家の玄関先にも色とりどりに。
4月のはじめに先ず白が咲き初めて、黄色、赤と順次、見事な自然色です。
形の美しさも然る事ながら、この透き通るような色は人の心まで染み込んでくる様だ。
最後に、この黄色にちぢれた赤いチューリップが咲いた。
どうやら、人為的に交配から生まれた品種のようだが、形も色も面白い。
春の息吹と美しい自然に感謝、感謝!!






越前カニツアーに行ってきました。

2月24日(日) 越前鯖街道は雪でした。
前日、大阪を高速バスにて出発。途中京都によって
西大津バイパスより湖西道路、約4時間で目的地越前三方の民宿に着く。
さすがに雪、積雪は少ないが一面雪景色。冬の越前海岸は、荒れ狂ってました。
うれしい事に梅林では梅の花が咲き始めてました。〜(よく見てね。)
夜はカニ、ふぐ、甘エビ、ブリ海の幸に囲まれて、たっぷりとお酒を頂きました。
もちろん、学生時代の思い出話に花が咲いたのは言うまでもない。
写真の白壁の建物は道の駅「熊川宿」その昔、若狭は京都の御食国(みけつくに)、
として日本海で獲れた魚貝をはるばる運んだ。宿場町として栄えた。^o^






常夏のタイは花が咲き乱れていました。

2月1日(金) 晴れのち時々霙(みぞれ)
午前中はかなり暖かいと思っていたので窓際の蘭やら月下美人やらを、
表にだして、水をたっぷり。妻の曰く、中途半端な水遣りはだめらしい。
午後から予想外に寒くなり霙が降ってきたりで急いで取り込む。
さて、先週は、寒さを逃れて常夏のタイへ。見事に花たちが咲き乱れていました。〜
今の時期タイは一番気候が良くて、連日晴天30度の世界。でも木陰はほんとに涼しい。
椰子、パパイヤ、マンゴ、バナナ、スイカなど。
また、新鮮な、えび、カニ、魚、ふかひれ等、美味しい食べ物に囲まれこの世の楽園を、
十二分に満喫してきました。画像は色とりどりのブーゲンビリアです。^o^






秋の京都、南禅寺から永観堂を散策。

11月28日(水) 曇り
秋晴れの京都を望んでいたのですが、残念ながら曇り。
雨にならなかっただけましか。
デジタル書仲間で、紅葉撮影会に行こうという事で、日程を決めていたので決行。
デジカメ2台を首からぶら下げ、ビデオカメラ左手に持つという、〜
いかにも忙しい格好。お陰で沢山の紅葉を撮る事が出来ました。
地下鉄、蹴上からインクラインの横を通って、金地院、水路閣、南禅寺、永観堂と散策。
素晴らしい秋の京都と見事な紅葉を楽しんできました。
永観堂で、赤い傘の下で食べたみたらし団子も最高でした。花(紅葉)より団子か。^o^






中秋の名月と秋の草花たち。

10月6日(土) 快晴
きょうは、秋晴れ、嬉しくなるぼど空が澄み切っていました。
先月の27日、中秋の名月は過ぎてたのですが、月に群雲とか、良い月に出会う事ができました。
早速三脚、一眼デジカメ(キャノンEOS Kiss)+望遠を用意して。♪〜
ちょっと写真家気取りで、絞り優先とかシャッタースピード優先にしたりして。
2秒もあけるともう月は動いている様です。
秋の花たちも忘れずに咲いてくれるので、自然とは有難いものです。
彼岸花ほど忠実な花はないそうです。必ず、同じ頃に同じ場所に咲くそうです。^o^






四国愛媛瀬戸の夕景を見て来ました。

9月7日(金) 晴れ
きょうは、残暑厳しく、うだる様な暑さです。モコちゃんも出ようとしません。
先日、お盆で里帰りして来ました。近くで瀬戸の夕景が見れると聞いていたので
一眼デジカメ(キャノンIOS Kiss)をお供に出かけました。♪〜
松山から南へ30分ほど夕焼け小焼けラインというしゃれた海岸通りをはしる。
うわさにたがわず、見事な夕焼け夕景を撮影。感動ものでした。
・・・。^o^






五月雨に育まれ、野の花もキラキラ耀いてます。

5月6日(日) 雨
きょうは、終日雨。モコちゃんも散歩に出ようとしません。
きのうの夕方、タンポポの胞子がきれいだったのでフラッシュ撮り。
野の花も小さいながら、一生懸命咲いて、そして本当に清楚な美しさがあります。♪〜
我が家の庭もジャーマンアイリス、薔薇、梅花空木などなどにぎやかで美しいのですが。
野の花の控えめな美しさは、感動ものですね。
図鑑で調べてみれば、花の名前も体を表し、面白いのですが・・・。^o^






4月卯月の空は、桜桜さくら見渡すか〜ぎ〜り〜♪でした。

4月12日(木) 晴れ
我が家の桜(染井吉野)も盛りを過ぎる頃、思いついて日岡公園に花見に出かける。
春の日差しがなんとも暖かい。とことこ歩いても汗ばむほどの行楽日和。
桜はもうはらはら、散り際、一番美しい頃。桜の下ではお弁当を広げた家族。バーベキューしている若者達♪〜
輪になってゲームしている婦人会らしきオバサン達。
なんとも楽しげ。
年に一度、このひと時、なんとも美しき日本の春、生きてる喜びを感じずにはいられない。^o^






動植物の活動に春の息吹を感じました。

3月4(日) 晴れ
今日は、気温が高く5月下旬並とか。モコ散歩も薄手のセーターに着替えて出かける。
なんと真夏日(25度)を記録したところもあるとか。暑い筈だ。
先日、近所の公園に出かける。デジカメとビデオをぶら下げて。ブラブラと♪〜
梅も咲いて穏やかな気分を味わいながら、池のほとりで、無心に遊んでいる鴨たちに出会う。
なんとも楽しげ。ビデオをズームにして、手ぶれしない様、池の柵にカメラを固定して、撮らしてもらう。
池の周りの柳もまもなく芽が膨らんで来るだろう。動植物の活動はなんとも美しい。^o^
下真ん中と右の写真は内の前の川で撮影。魚を狙う白鷺です。






野の花の美しさとしたたかさには驚きました。

2月9(金) 曇り
今日は暖かくて、しかも雨模様のおよそ2月らしくない天候でした。
春が早くきたのか。タンポポとか菜の花のか野の花も色めいている様です。
モコの散歩道に沢山の野の花(タンポポ?)が咲いています。♪〜
誰の為に咲くのでもなく、だれのために、胞子となって子孫を残すのでもなく。
野の草花の自然の営みが、なぜか人の心を引き付けてくれます。
散歩から帰るとモコも私も、俗称引っ付き虫(右下の写真)だらけになります。^o^






我が家の庭も、早春を感じ始めました。

1月25(木) 晴れ
今年は本当に暖冬ですね。今日も気温が10度を越えていたようです。
お天気がいいし、体調も徐々に回復してきましたので、モコ散歩も少し、回数が増えました。
小庭の花たちも、先日、木瓜の蕾を見つけたと思ったら、今日は梅を見つけました。
だぶん、例年より早い開花だと思います。なんだか、楽しくなります。♪〜
トップページに使った柘榴(ざくろ)も風情があるでしょう。桜草も可愛いでしょう。
チョッと変わったところで、これ「やつで」の花です。アップして見て下さい。






秋の湖東三山(金剛輪寺)を訪ねました。

11月13(月) 晴れ
湖東三山は北から西明寺、金剛輪寺、百済寺と並んでいます。
金剛輪寺の庭園と護摩堂、茶室は特に見ごたえありましたよ。
参道も、かなり長い石畳と石段が続いていて、両脇は千体地蔵とか、
うっそうとした森林、かえでの緑とか、紅葉とか、素晴らしく、疲れを感じませんでした。
天台宗金剛輪寺は、聖武天皇と行基菩薩により、天平13年(741)に、開山されたそうです。
古いですね。本堂、三重塔は、信長の焼き討ちをまぬかれた逸話が残っているそうです。






永源寺の紅葉、見てきました。

11月12(日) 曇り&雨
紅葉の季節にしては3日早いとの事・・・。地元の方の話。
でも、永源寺の紅葉は、もう充分に、美しい紅葉でしたよ。(写真の如く)
少し雨模様で足元が悪かったのですが。
しっとりと濡れた参道と壮大な寺院が厳粛さをかもしていました。
臨済宗永源寺派の総本山で鎌倉時代に寂室元光和尚が、
伽藍を建立したのが始まりとの事。周りの庭園も見ごたえがありました。






玄関マット作りました。

9月25日(月) 晴れ
秋の展覧会にアラカルト作品として出品しました。
私のHPを見た友達の勧めで、
玄関マット(縦60cm×横90cm)(フェルト製)に印刷してみました。
初めての試みでしたが、うまく色も出ましたし、
その上、絨毯の柔らかさが加わりプリント紙と違った味わいが出ました。
早速、玄関に飾ってます。玄関が華やかになりました。^0^






奥播磨に涼を求めて

8月5日(日) 晴れ
車で約2時間、涼を求めて滝を見に行きました。
日本の滝百選「原不動滝」と周辺の風景です。
かなりの石段を登って、つり橋を渡ると、
白糸のような滝と渓谷の美しさに出会いました。
透き通った流れに手を入れると冷水が体中に流れてくる様でした。
ご訪問有難うございます。できれば、BBSに足跡残してくださいね。!!



TOPへ