妖怪トップ |妖怪辞典|                     

No1. 妖怪ミニミニ教室 妖怪についてお勉強      妖怪キッズ  2005年6月24日

@そもそも妖怪って何だ?

 むかし、自然界(しぜんかい)のものにはそれぞれ魂(たましい)があると考えられていました。
大きな石や、大きな木は大切にあつかわれ、今でも神社などに行くと祭って(まつって)あったりしますね。

じっさい、大きな石を動かしたあと、その土地の農作物(のうさくもつ)が取れなくなっててしまったり、
古い大木を切りたおそうとして、木こりが病気になってしまったりと言うことがあったようです。


そこで、人々はこれら偶然(ぐうぜん)ともいえない奇妙(きみょう)なできごとをひきおこす「何か」がいる
にちがいない、
人々におこる悪いことはみんなその「何か」のせいだと考え、どうか何もおこりませんよう
にと自然をおそれ大切にあつかってきたのです。


みなさんも、目には見えない、姿(すがた)もない、なのに「何か」がいるような気がする。
何もいないのに、暗い(くらい)ところで音がする、かみの毛をひっぱられたなんてこと、ありませんか?

そんな科学では説明(せつめい)できない不思議な「何か」が「妖怪」とよばれるようになり、やがてそれら
の姿かたちが
想像(そうぞう)されたりして
、言い伝えられてきたのです。


妖怪たちは、おどろいたりおそろしいと思ったりする人間の心からうまれたようです。

何百年もの間、全国かくちでさまざまな形で伝説として語りつがれてきた妖怪たちのでんせつ。
むかしから多くの人々が「いる」と信じてきたのでしょうね。

妖怪トップページ 妖怪2 海ぼうず→

          このページのtopへ

このホームページの文章・画像の引用・転載は一切禁止させていただきます。
copyright (C) 2005-2007 yuko so kao All Rights Reserved