山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(萩市)

明神池と風穴

明神池は、笠山と本土との砂州が出来て陸続きになったとき埋め残されたかん水湖で、
大池、中ノ池、奥ノ池の三部分からなっています。池と海は岩の隙間を通じていて、
外海の潮の満ち干きによって水位が変化することから、長門七不思議の一つとなっています。
大正13年(1924)には、国の天然記念物に指定されています。

また、明神池にはイシダイ、マダイ、ボラなど約20種類の海水魚が生息しており、
池のほとりには、漁師の安全と豊漁を祈願して池の魚を奉納した厳島神社があります。




明神池を眺める旅相棒

基本「旅をした日」は撮影日を記載してるんだけど、
撮影を含まない旅も考えると、県内でも相当数の旅を
している名所となる明神池。

明神池
明神池の上空ではトンビが飛んでいるので、
売られている魚の餌を上空に投げると空中でキャッチ
する光景が見られる。

油断すると手に持っている餌にまで飛び込んでくるので
ある程度注意はしておく必要がある。

明神池
以前の明神池の名称は弁天池、または、藩主の茶室が
建てられていたことから「御茶屋池」とも呼ばれていた

現在の名称は、貞享3年(1686)、萩藩2代藩主毛利綱広が
毛利元就が信仰していた安芸の厳島明神を勧請して分岐し
これに因んだものらしい。

明神池魚が泳ぐ姿がはっきり見えるが、地元では神聖な池と
いうことで魚は獲らないらしい。

大正15年(1926)、昭和天皇が皇太子の代に行啓で
笠山と明神池を訪れた際に、魚釣りができるように準備
していたところ、神聖な池であることを知った皇太子は
魚釣りは断ったとのこと。

厳島神社



漁師の安全と豊漁を祈願して池の魚を奉納した厳島神社

天然クーラー風穴の店

明神池外周する遊歩道を北側に進んでいくと、
「風穴の店」がある。露店ですな。

この風穴は何かというと、

風穴


笠山一帯にある、溶岩のすき間から風が出入りする
穴のこと。巌島神社の裏側にある風穴は、その中でも
最も大きいものとなっている。

風穴
風穴からは、夏でも13℃くらいの冷たい風が出ている。

しくみは、崩れた溶岩の間にできた空間(タンク)は、
冬は外より温かいので冷たい空気が流れ込む。夏は外の
ほうが温かいので、冬の間にタンクに貯められた冷たい風が外に向かって流れ出すというわけだ。

風穴

天然クーラーの周辺で食事が楽しめる。不定休だけど。
冷え性の人は長居はきついかもしれないね。

とはいえ、天然クーラーを楽しむためにも、
夏に訪れたい名所だ。

明神池

そして、再び明神池に戻って暑さでげんなりする(笑)

萩城下町から少し離れているので観光の計画に若干
組みづらいかもしれないが、おすすめなのは間違いない



INDEX


明神池と風穴

旅をした日
2006年07月27日
2009年08月16日
2011年07月11日
2013年08月27日
2019年05月15日
………………………………………定休日(風穴の店)
不定休
………………………………………駐車場
有り(有料)
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
越ヶ浜まちあるき
笠山椿群生林
笠山
………………………………………最終更新日
2019/06/17
新規追加


アクセスマップ