山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(萩市)

恵美須ヶ鼻造船所跡


嘉永6(1853)年のペリー来航によって対外的な危機感を感じた幕府から大船建造の
要請を受け、安政3(1856)に萩藩が建造した恵美須ヶ鼻造船所。
同年にロシアの技術を用いた丙辰丸、万延元(1860)年にオランダの技術を用いた
庚申丸の2隻の西洋式帆船が建造されています。

一つの造船所で異なる洋式造船技術が用いられた例は他になく、
幕末に建造された造船所で唯一遺構が確認できることから、平成25(2013)年に
国指定史跡、平成27(2015)年に世界遺産に登録されました。




恵美須ヶ鼻造船所跡恵美須ヶ鼻造船所跡

こちらは恵美須ヶ鼻造船所跡に残されている防波堤。
防波堤の上に上がることもできるけど、石段の段差が大きいので旅相棒が苦労していた(笑)


防波堤からの眺め防波堤からの眺め

防波堤から海の眺めは気持ちがいいね。
この日は4月下旬の日曜日、釣り人が結構いた。


丙辰丸さて、この造船所で造られた船は2隻。

こちらは萩藩最初の洋式木造帆走軍艦、丙辰丸。
形式はスクーナー型で、全長約25m。
安政3(1856)年に造られたので、
その年の干支にちなんで丙辰丸と命名。

藩の主力艦として、海軍の練習と国産貿易
(大坂、長崎、江戸を往復)の任務にあたった。


庚申丸
こちらは2隻目に建造された、庚申丸。
形式はバーク型で、全長約43m。
こちらの名も建造された万延元(1860)年の
干支にちなんでのもの。

文久3(1863)年5月に下関海峡で
アメリカ船を砲撃するも、翌月に報復され撃沈・大破

この2隻の洋式軍艦、萩藩は財政的事情により当初は消極的だったようだけど、
桂小五郎(木戸孝允)の意見により建造を決定したとのこと。
ちなみに、丙辰丸のイカリや船釘などの鉄を供給したのは、同じく世界遺産に登録された
萩市の大板山たたら製鉄遺跡であることが文献調査で確認されている。


恵美須ヶ鼻造船所跡平面図発掘調査

恵美須ヶ鼻造船所跡には平面図や、発掘調査時の写真がパネル展示されている。


恵美須ヶ鼻造船所跡恵美須ヶ鼻造船所跡

その恵美須ヶ鼻造船所跡を歩いてみるけど、発掘調査した場所は埋められているので、
大体この辺りがそうなんだろうなという程度しか分からなかった。

ぶっちゃけ地味な名所、と思ったのが旅をした4月だったが、
世界遺産に登録された後に来ていたら印象は違っていたかも?



INDEX



恵美須ヶ鼻造船所跡


旅をした日
2015年4月26日
………………………………………
駐車場
無し
………………………………………
世界遺産
恵美須ヶ鼻造船所跡
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
萩反射炉
美萩海浜公園
道の駅しーまーとの河津桜
………………………………………
最終更新日
2015年7月17日
内容一部変更


アクセスマップ