山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(萩市)

吉田稔麿誕生地


16歳で吉田松陰主宰の松下村塾門下生となり、
高杉晋作、久坂玄瑞、入江九一ともに松門の四天王と称されました。

誕生地は松下村塾から徒歩3分の場所にあり、現在は石碑のみ残されています。




吉田稔麿
吉田稔麿(1841〜1864)
天保12年(1841)、萩藩足軽・吉田清内の長男として
誕生し、安政3年(1856)、16歳で松下村塾に入門。
熱心に勉学に励み、才気は松陰からも高く評価された。

松陰が老中の間部詮勝(まなべ あきかつ)の暗殺を計画し
再び野山獄に投ぜられると、釈放運動を起こし謹慎。
以後は親のいいつけを守り松陰と距離を置くようになり、
松陰が江戸へ送られる際には塀の穴からひそかに見送った

松陰の死後は一度脱藩するが、2年後には帰藩。
文久3年(1863)、高杉晋作創設の奇兵隊に参加。

元治元年(1864)、京都の池田屋で会談に加わっていたところ、新撰組に襲撃される。
稔麿の最期は諸説があり、
・長州藩邸へ事変を知らせ、再び池田屋に戻って槍で奮戦するも討死。
・池田屋から一旦離れて長州藩邸に戻り、再び池田屋に向かう際に
加賀藩邸前、又は長州藩邸前で会津藩士に襲撃されて討死。
・池田屋で襲撃された後に長州藩邸に戻るも、門が開けられなかったため、門前で自刃。

享年24。


吉田稔麿誕生地
吉田稔麿誕生地は、現在石碑のみが残されている。
松陰神社から徒歩数分で行ける場所なので、
立ち寄ってみるといいだろう。

歩く体力があるならそのまま伊藤博文旧宅、
玉木文之進旧宅を見て回るのがおすすめ。


吉田稔麿の墓
吉田稔麿の墓は吉田松陰誕生地横の墓所にある。
ここまで歩いてくることも可能。
歩くのが好きならば、周辺を歩いて東光寺等も
見て回るといいだろう。

夏や冬は素直に車で行くのがベストか。




INDEX



吉田稔麿誕生地


旅をした日
2015年4月26日
………………………………………
駐車場
無し
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
松陰神社・松下村塾
松浦松洞誕生地
伊藤博文旧宅
玉木文之進旧宅
吉田松陰誕生地
………………………………………
最終更新日
2018年7月26日
周辺の立ち寄りスポットに
玉木文之進旧宅を追加


アクセスマップ