山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(萩市)

かんきつ公園

萩で栽培されている夏みかん・甘夏・橙等を間近に見て、触れ、身近に感じられる公園として
整備された「かんきつ公園」。
毎年5月上旬〜中旬頃に甘い香りのする白い花が咲き、甘い香りに包まれます。

5月中旬の土・日には「萩・夏みかんまつり」も開催されています。




かんきつ公園
萩市は夏みかん発祥の地として知られ、
5月に咲く夏みかんの花は山口県の花に選定されている

かんきつ公園では夏みかん100本をはじめ、
柑橘類10種約380本が植えられている。

さて、夏みかん風景がなぜ萩市ならではなのか。
それは、明治時代の萩藩で、夏みかんの栽培が奨励されていたため。
小幡高政(1817~1906)の職を失った士族への救済処置によるもので、
現在萩市に残る夏みかんの木は当時植えられたもの。

小幡高政小幡高政(1817~1906)
1817年、藩士祖式家に生まれ、後に小幡家の養子へ。
安政5年(1858)、萩藩の江戸留守居役になり、翌年、
吉田松陰への死罪判決申し渡しの際に藩代表として陪席した。
長州戦争(四境戦争)では芸州口に出陣。

明治9年に萩に帰郷し、生活に困窮した士族のために
夏みかんの栽培に着手して「耐久社」を設立。産業化に
成功すると、やがて屋敷跡地や畑は夏みかんの樹で
埋め尽くされるまでに至った。

明治30年代には、果実の生産高は萩町予算の約8倍に。

また、第百十国立銀行(現・山口銀行)の創立にも加わり
2代目頭取にもなっている。


旧田中儀一別邸


かんきつ公園隣には、第26代内閣総理大臣を務めた
田中義一の別邸があり、明治期は小幡高政の邸宅。

橙園之記

邸内には小幡自身が明治23年に夏橙栽培の苦心を
記した石碑「橙園之記」が建っている。

意味は説明板に書かれているので、引用しながら
旅をしたときに見た夏みかんや花を紹介していこう。

かんきつ公園


夏みかん畑は明治9年(1876)、
この場所に初めて開かれました。

かんきつ公園


その後、
繁殖してこの畑の夏みかんは五百本余りになりました。

かんきつ公園


最初は、私(小幡)が率先して夏みかんの栽培を推奨
しましたが、その当時、萩で夏みかんを栽培している
人はほとんどいませんでした。

かんきつ公園


人々は、私が夏みかんを栽培するのを疑いの目で見たり嘲笑ったりしました。

かんきつ公園


しかし、今日、夏みかんの栽培が盛んになるにつれ、
そのような人々も、少しの空き地があれば夏みかんを
栽培するようになりました。

かんきつ公園


夏みかんは萩の名産となり、全国の多くの人々に好まれ評判の果実となりました。

かんきつ公園
明治23年(1887)、有栖川熾仁親王殿下が視察に
来られ称賛されました。
これは大変名誉なことで、末永く橙園を保護し、
この名誉を汚すことのないように勉めなさい。

明治23年7月日 藤原(小幡)高政記

かんきつ公園かんきつ公園

写真を見てるだけで、なんだか香りが漂ってきそうだなあ。
平成13年に「かおり風景100選」にも選定されている。



INDEX


かんきつ公園

旅をした日
2012年04月02日
2013年05月22日
2014年03月23日
2016年05月08日
………………………………………営業時間
9:00~17:00
………………………………………休園日
年末年始(12月29日~1月3日) 
………………………………………料金
無料
………………………………………駐車場
有り
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
旧田中別邸
平安古の鍵曲りと枝垂桜
久坂玄瑞誕生地
………………………………………最終更新日
2019/05/07
新規追加


アクセスマップ