山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(萩市)

菊屋家住宅


菊屋家は慶長9年(1604年)毛利輝元の萩入国に従い山口から萩に移り、
城下の町造りに尽力し、その後は、藩の御用商人を務めるようになりました。
屋敷は江戸時代初期の建築で400年の歴史があり、現存する商家としては最古の部類に
属します。主屋、本蔵、金蔵、釜場、米蔵の5棟が国の重要文化財指定を受けており、
美術品、民具、古書籍など貴重な資料が数多く展示されています。




菊屋家住宅菊屋家住宅

萩城下町の中でも一際目を引くのが菊屋家住宅。
御成道(藩主が参勤交代の際に通る道)に面しており、本陣としても利用された。

菊屋家住宅は一般公開されているけど、入場には500円ほどかかる。
見応えはあるので、必ず立ち寄ってみよう。


菊屋家住宅菊屋家住宅

菊屋家住宅の西側、菊屋横丁から見た菊屋家の白壁となまこ壁。
ここが萩城下町の中でも人気の撮影スポットになる。
赤いコーンがカメラマン泣かせのようだが…。


みせ


みせは御成道(おなりみち)にそって
細長い部屋となっている。

主屋座敷


主屋座敷

幕府からの使者と応接する。

柱時計

柱時計

伊藤博文が初洋行した際の、アメリカ土産。
今でも現役で動いており、
週一回ゼンマイを巻いているとのこと。

提燈箱

提燈箱
家紋入れで、町家の長押に備え
何時でも使えるようにしてある。

小屋組小屋組
主屋全体が平屋で二階はない。
架構は水平に通された
梁組の上に半間に束を立て、
縦横に貫を通して小屋組にしている。

地震等の揺れで束が落ち、その落ち具合で
地震の規模を計測したんだとか。


菊屋家住宅

庭の見える広間「書院」。
幕使の応接、藩の役宅としても使用されたそうだ。

2月初旬から4月初旬では
この広間でお雛様を見ることができる。


萩城下の古き雛たち萩城下の古き雛たち

萩城下の古き雛たち
メーン会場の旧久保田家住宅を中心に、市内十数ヶ所で約1000体の雛人形が展示される。


菊屋家住宅菊屋家住宅

広間から見ることができる庭園。
写真左の中央の大石は駕篭置きと言って、御上使等は御成門を経てこの石に駕篭を置き、
縁側から入室したと伝えられている。



ここで紹介したのは本当にほんの一部。
撮影が禁止されている美術品や古書籍が展示された蔵などもあるので、
菊屋家住宅へ入る時は時間に余裕があるときにしよう。

秋には普段は公開されていない奥庭なんかも公開される。
今度はその時に来てみよう♪



えっ? 写真数が物足りない?
ではでは2枚追加して終わるとしよう。



かつ黙してみよ!!



御小用場御用場

これが菊屋家住宅の御小用場と御用場だ!!!!

えっ? こういうのじゃない?


そうか…。
では特別公開の奥庭が撮影できれば追加しますね〜♪
(それまではこのページは御用場で締めくくりか……)



INDEX



菊屋家住宅


旅をした日
2012年7月29日
………………………………………
営業時間
8:30〜17:30
入館は17:15まで

1月1日のみ10:00〜
………………………………………
定休日
12月31日
………………………………………
料金
大人:500円
中高生:300円
小学生:200円
………………………………………
文化財
国指定重要文化財
………………………………………
駐車場
萩博物館駐車場
中央公園駐車場
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
萩城下町
高杉晋作誕生地
………………………………………
最終更新日
2018年8月8日
周辺の立ち寄りスポットに
高杉晋作誕生地を追加


アクセスマップ