山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(防府市)

老松神社の花菖蒲と大楠


飛鳥時代の白雉3年(652)の創建で、当社は須佐神社と称されていた神社。
平安時代の貞観14年(872)、社前に松の老樹が繁茂するにより老松神社と改称。
境内は樹齢2千年といわれる県指定天然記念物のクスノキがあり、花菖蒲も植えられています




老松神社の花菖蒲

老松神社入口の鳥居前では花菖蒲が植えられている

規模は大きくはないんだけど、
ここに来るのは花菖蒲目当てが多かったりする。


老松神社の花菖蒲老松神社の花菖蒲

2013年の6月10日は完全にピークを過ぎていたので、早めを意識して
2016年は6月6日に来てみたけど、まだ遅いかなあ。
もう少し早くてもいいのかな。


老松神社の花菖蒲老松神社の花菖蒲

本数は多くはないけど、鳥居と一緒に撮れるから絵になるかな。


老松神社
老松神社は飛鳥時代の白雉3年(652)の創建と
大変歴史のある神社。当初は須佐神社と称していた
けど、平安時代の貞観14年(872)、
社前に松の老樹が繁茂することにより老松神社と
改称したとある。

ずいぶんとあっさり改称したんだね(笑)


老松神社の大楠老松神社の大楠

拝殿左横には立派な大楠がある。
652年の創建当時には大楠という記録があるようなので、
少なくとも1500年以上は経っている。

説明板には二千有余年とある。


老松神社の大楠

この大楠は、県内では下関市豊浦の
「川棚のクスの森」に次ぐ大きさで、
高さ約20m、幹囲約9m、根回り約16m。
昔から神木として崇められており、
県指定の天然記念物になっている。


老松神社の大楠老松神社の大楠

このクスは大きな欠損部分があるけど、これは寛保3年(1743)の社殿の大火により
半面を失ったことによるもの。根元には空洞も見られるけど、樹勢は今なお盛んなようだ。


老松神社の大楠
さらにこの大楠のすごいところは、
シダ植物のノキシノブの着生や、
フジの古木がからみついているところだ。

もしかして5月上旬は大楠にからみつく藤の花が
見られるかも?


老松神社の大楠老松神社の大楠

クスノキを見に行くならば、新緑が眩しい5月がおすすめ。


老松神社の花菖蒲



花菖蒲が咲く6月でもいいんだけど、
晴れる確率が低いのがねえ…。



INDEX



老松神社の花菖蒲と大楠

旅をした日
2013年6月10日
2016年6月6日
………………………………………
駐車場
有り
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
桑山公園の桜
………………………………………
最終更新日
2017年5月29日
新規追加


アクセスマップ