山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(岩国市)

紅葉谷公園

吉香公園に隣接する紅葉谷公園は、西の鎌倉とも呼ばれる紅葉の景勝地。
江戸時代からあった寺院の跡地を大正時代に公園化したもので、
静寂に包まれながら赤く染まる紅葉シーズンには多くの観光客が訪れます。

日本紅葉の名所100選にも選定されており、県内でも有数の紅葉名所です。

錦帯橋の紅葉

紅葉谷公園は錦帯橋から歩いて10分くらいかな。吉香公園もあり観光客はとても多い名所だ。錦帯橋は渡らなくても紅葉谷公園には行けるけど、せっかく来たのだから渡ってみよう。

何度も来ている自分たちは渡らないことも結構あるんだけどね(笑)
吉香公園の紅葉紅葉谷公園は吉香公園を抜けた奥側に位置している。
所々にある紅葉を見ながらのんびり歩いて行こう。
カイノキ園内の噴水横にはカイノキがあって、秋には葉が紅葉。ここで記念撮影する人たちも多い。
紅葉谷公園の紅葉

紅く染まる紅葉谷公園。
昔は寺院が集まっていた場所なだけあって、雰囲気が漂っていいね。
錦帯橋という有名な観光名所があるだけあって、休日になるとすごい数の観光客となる。

そういえば、2018年はこの紅葉谷公園が初の岩国旅だったな。岩国はちょっと遠い(笑)
紅葉谷公園紅葉谷公園

紅葉谷公園の紅葉陽が当たるところは暖かいんだけど、奥に進むにつれて日陰が多くなり、少しひんやりとする
紅葉谷公園の紅葉紅葉谷公園の紅葉

紅葉谷公園は宇部からだと遠いので、来るのは数年に一回の割合なんだけど、
その一回のタイミングがなかなか難しい。
晴れたうえで見ごろを迎えていないと行こうという気にならない距離だしね。

来てみたら少し遅かったということも多々あったな(笑)
六角亭

紅葉谷公園の一角にある六角亭。
朝鮮各地で身分の高い人々が景観のよい場所に建てて憩いの場として利用していたものと言われており、岩国出身で朝鮮総督を勤めた長谷川好道が朝鮮から贈られたものを1918年 (大正7年) に移築。

ここだけ必ず紅葉の見頃のタイミングを逃している。
紅葉谷公園のイチョウすぐそばのイチョウの木は、散ってなくてきれいだけど
紅葉谷公園のにゃ〜さん

紅葉谷公園ではにゃ〜さんを数匹見かける。観光客も多いし、人には慣れているのだろう。近づいても逃げるどころか、寝続けている(笑)

おかげで、紅葉とにゃ〜さんが一緒に撮れる。
紅葉谷公園の紅葉永興寺(ようこうじ)庭園前の紅葉だけはいつもきれいだ。ここはいつもタイミングはバッチリだ。
永興寺の紅葉そう言えば、2008年の次は2013年の旅と5年もの歳月が流れてしまったときがあって、永興寺がずいぶんと様変わりしているのにびっくりした記憶があるなあ。
紅葉谷公園の紅葉紅葉谷公園の紅葉

2018年の永興寺前は完全に色付いてはいなかったものの、
紅と緑のコントラストがいい感じだよね。むしろこっちの方が好きかも。
紅葉谷公園の紅葉

それにしても日曜日は人が多いね。
日曜日に観光地に行くのは珍しいんだけど、この日は岩国市のトレーディングカードGETの旅だったんだよね。

GETできる吉川資料館は定休日が水曜日だったので、それなら紅葉季節の日曜日に行こうと決めていたのだ。雨が降らないか、見頃が重なるかドキドキしてた(笑)
トレーディングカードGETの旅
2018年の明治維新150年イベントで、県内で開催される企画展やイベント等に、
「おいでませパスポート」を提示して参加すると、
特製の「やまぐち幕末ISHIN祭トレーディングカード」を貰うことができた。

紅葉谷公園の紅葉岩国市の紅葉旅はほぼ紅葉谷公園なので、そろそろ新たな名所を旅してみたいなあ。
紅葉谷公園の紅葉

とか言いつつ、
結局は紅葉谷公園で落ち着くんだろうな(笑)

あ、岩国市を旅したくなった……。
INDEX

紅葉谷公園

旅をした日
2005年11月16日
2008年11月18日
2013年11月21日
2015年11月11日
2018年11月11日
………………………………………駐車場
吉香公園周辺に無料有り
………………………………………日本百選
日本紅葉の名所100選(2010年)
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
錦帯橋
吉香牡丹園
吉香花菖蒲園・城山花菖蒲園
吉香公園の紫陽花
岩国城
………………………………………最終更新日
2019/11/10
写真を10枚入れ替え


アクセスマップ