山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(美祢市)

景清洞


景清洞



なんだか無性に洞窟に入りたくなった2011年の5月18日。
なぜなのかは今ではその理由も思い出せないけど、とりあえず大正洞と景清洞へと向かう。
最も有名な秋芳洞でもよかったけど、
秋芳洞は何度も行ってるし、予算的にも考えてパスすることに。

大正洞と景清洞がセットになった観覧券を買えば、
秋芳洞と同じ金額で2つの鍾乳洞が楽しめるのだ。

景清洞入口景清洞のチケット売り場では+300円で
探検コースに入れるということを教えてくれる

この探検コースは照明が一切ないので、
本当に真っ暗な世界だそうだ。
だから懐中電灯と長靴をレンタルしている。

探検コースかあ…

正直以前からめっちゃ興味ある場所なのだ。
が、一人で入るのは少し不安でもある。真っ暗だし。しかも平日だから他に客いないし。
やはりこういった探検は安全面も考えて2人以上が望ましいだろう)

探検コースは次回にしま〜す


生目八幡
景清洞に入るとすぐ「生目八幡」がある。
長門の国 七不思議の五番所でもある!

洞内探検を焦る必要はない。
ここでお参りでもしていこう。

゚+。(o・ω-人)・.。*
(↑ウインクひとつでは御利益はなかろうな)

生目八幡
今から800年前に、壇ノ浦の源平合戦に敗れた平家の武将・平景清はこの地におちのびる。
そして負傷した目を洞内のしずく(清水)で眼を洗い傷を治し、この恩に報いるため景清穴に生目八幡を祭る。又、昔よりこの地方に悪い眼病が流行ったとき、この洞内のしずく(清水)で目を洗ったところ不思議と眼病が治ったといわれ、現在でも地元の人や信者により、
お祭りが開催されているとのこと。

前々から気になってはいたんだけど、平景清ってどんな人物なのだろうか。
調べてみると景清伝説というものがあったので、紹介しておこう。

景清伝説
平家に仕えて戦ったため平姓では平景清と呼ばれているが、藤原忠清の子で
本名は藤原景清(伊藤景清)。悪七兵衛の異名を持つほど勇猛な平安時代の武士。
平家物語の弓流において、源氏方の美尾屋十郎の錣を素手で引きちぎったという
錣引き」が特に有名。壇ノ浦の合戦で敗れた後に捕られ、
預けられた八田知家の邸で絶食し果てたといわれる異説もあるが、
山口県では、鍾乳洞「景清洞(かげきよどう)」で身を潜めたと伝わる。
悪七兵衛の悪は、勇猛さを指すものとされるが、自分を匿った叔父の大日房能忍を、
疑心暗鬼にかられて殺害してしまったからとも言われる。

実在はしていたようだけど、その生涯には謎が多いようだ。
その為か、全国各地に様々な伝説が残されおり、その数は20ヶ所にもなる。


景清洞さて、生目八幡でお参りを済ませたし先に進もう。

見ての通り景清洞は横にかなりの幅がある。
奥に進むにつれて天井はかなり低くなっていく

一般観光コースはバリアフリーなので、
歩きやすく車椅子でも入れるのが特徴。
道がしずくで常に濡れているから泥が跳ねて
靴とズボンが汚れるのも特徴と言えば特徴か。

自分の学習能力が欠如しているのか、毎回革靴を汚している…。
なぜ履き換えようと思わないのか…(-ω-;)ウーン


景清のつらら千人切り

景清のつららに、千人切り。洞内には平景清にまつわる名所が多い。


天狗岩隠れ獅子

てんぐ岩 / 隠れ獅子


さいの河原

半分を過ぎるとまた少し雰囲気が違って見える

中でもさいの河原は独特の雰囲気がある。
洞内は道沿いに川が流れているので、
その川が三途川というわけだ。


景清洞終点近くまで来ると照明も少ないので
暗い写真で申し訳ないけど、天井はこんな感じ

背が高ければ絶対に頭をぶつけてしまうな。

あと、見ての通り後半になるにつれて
道が濡れている。ここらへんが一番泥が跳ねる
のではないだろうか。
毎回天井ばかり気にしているからなあ。


洞内地平線
洞口から700m先の終点・洞内地平線。
ここより先が探検コースになっている。
照明もここまでなので、この先は本当に闇の世界だ

その雰囲気を味わってこそ本当の旅好きというもの
近いうちに必ず潜入するぞ!

その際に、チケット売り場のおばちゃんに聞いておこう。
どれくらいの時間戻ってこなかったら救助されるんですかね…


景清洞

洞内はまだまだ見所豊富。

ここで全部紹介しようかとも思ったけど、
それではあまりにも写真枚数が増えるので、
残りは自分の目で見て楽しんでみて!!



INDEX


景清洞

旅をした日
2011年5月18日
………………………………………
入洞時間
8:30〜17:30
受付は16:30まで
………………………………………
定休日
無休
………………………………………
入洞料金
大人:1,000円
小学生:560円
景清洞共通券料金
大人:1,500円
小学生:840円
サファリランド共通券料金
大人:2,800円
小学生:1,400円
………………………………………
駐車場
無料
………………………………………
秋吉台の見どころ
秋吉台カルスト展望台
秋吉台自然観察路
秋吉台山焼き・野火の祭典
長者ヶ森
長者ヶ峯展望台
秋吉台カルストロード
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
秋芳洞
大正洞
秋吉台サファリランド
(ふれあい広場)

………………………………………
最終更新日
2015年11月25日
内容一部変更


キーワード

平家

池の浦合戦(柳井市)
川崎観音(周南市)
万寿姫と平家岩伝説(山口市)
長者ヶ森(美祢市)
赤間神宮(下関市)
みもすそ川公園(下関市)


アクセスマップ