山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(萩市)

雲林寺(猫寺)


千体地蔵として知られる萩市むつみの雲林寺がネコ寺として人気急上昇。
境内、そして本堂内もネコづくしで、住職手作りのネコの絵馬におみくじ、
お守りがとても可愛らしい。
過疎化が進む地域を明るい話題で活性化したいという住職の思いがあるようです。

なお雲林寺は天樹院の末寺であり、天樹院にはネコにまつわる伝説が残されており、
ネコとの縁は深い。




2012年と2016年の旅の内容なので、写真を混ぜて紹介しています。

雲林寺
萩市むつみにある雲林寺。
2012年の彼岸花が見頃のときは
生憎の雨で来ることはなかったけど、
紅葉がきれいだということで行ってきた。

2016年来訪時はひまわりロードがもう少しで
満開という時季だ


猫寺
門では木彫りの猫と招き猫がお出迎え(2016年)
そう、ここは猫寺なのだ!!

TVで紹介されたこともある寺で、
今ではすっかり人気のお寺。
遠方から訪れる人も増えている。


猫寺猫寺猫寺

境内は本当に猫だらけだ。猫好きな旅相棒はとても喜んでいた。
この雲林寺は天樹院の末寺なのだが、本寺には猫にまつわる伝説が残されている。


招福堂縁起絵巻招福堂縁起絵巻
福を招く話と天樹院の猫の伝説が漫画になっている。

1604年に萩に本拠を構え、城下町を築いた毛利輝元。
輝元の家臣・長井元房には
とても可愛がっていた猫がいたが、輝元が死去すると、後を追うように自刃してしまう。

猫は主人である元房亡き後の四十九日の間、
天樹院にある元房の墓前から離れようとはしなかった。
やがて、自ら舌を噛んで、亡き主の後を追ったという。

すると、夜になると辺りに猫の鳴き声がするようになった。
天樹院の僧が猫を哀れんで供養をすると、不思議と声はピタリとおさまったのだという。

この因縁によりこの界隈は「猫の丁」と呼ばれるようになった。
天樹院は廃寺となり、今は墓所のみが跡を留めている。


猫の丁長井元房の墓

萩博物館裏辺りにある猫の丁(写真左)と、天樹院にある長井元房の墓。

萩にゃんで、こちらが「猫町伝説」の主人公
忠義の猫のよみがえり、萩にゃん
毛利家紋の肉球バージョン入り陣傘をかぶり、
首には鈴の代わりに萩の特産品「夏みかん」。
服はあこがれの人・高杉晋作が結成した
奇兵隊の隊服を着用。

好きなものは蒸気まんじゅう、長州おはぎ、
金太郎、萩の瀬付きあじ。

萩市観光課課長代理に就任し、全国に萩の魅力をPRしている。


雲林寺雲林寺

2012年当時の本堂では黒猫の招き猫が鎮座していて、
その横にはねこ鈴守りとおみくじがあった。


猫仏様お参りする旅相棒

2016年に訪れると、黒猫の招き猫の場所には猫仏様が。
猫仏様は自分の身体の悪い部分と同じ部分をさすると効果がある。

ちなみに黒猫招き猫は、玄関から入ってすぐの場所に移動していた。


萩にゃんの木彫り文にゃんの木彫り

玄関入口に追加されていた、萩にゃんと文にゃんの木彫り(2016年)

しまねっこ


あ、島根県観光キャラクター、しまねっこも
追加されている(笑)


猫寺の招き猫猫寺の招き猫

2012年当時は玄関から中に入ると、ここにも大きな招き猫があった。
中央の祭壇には、何気なく魔女の宅急便のジジがいたな。
まったくおなじものが俺の車の中にある(笑)

祭壇に向かって右の招き猫は仕事運を招くとのこと。
携帯の待ち受け画像に設定したところ、仕事が舞い込んできたという話も。


招き猫撮影をする旅相棒

2016年現在は場所も変わって、奥の和室に並んで置かれている。
旅相棒も撮影していた。


チェーンソーアート記念撮影

同部屋には大きな猫の木彫りがある。
この寺の木彫りは林隆雄さんのチェーンソーアート作品。
後ろの記事で確認できるけど、2012年8月に米国で行われた、
U・Sオープン・チェーンソーアート・スクラブチュア・チャンピオンシップ
優勝するほどの実力の持ち主なんだって。

さっそく座って、頭なでなで♪
ここで記念撮影する人も多いようだね。


猫の木彫り猫様

前回はなかった、大きな猫様の顔が後ろに(笑)


猫寺でお菓子猫型の絵馬

お土産を見ている間に、奥さんがお茶とお菓子を用意してくれていた。
ありがとうございます!!
そして、よろしければと猫の絵馬を渡された。
あ、外にあった猫の絵馬はこれだったのか。

猫の顔を自由に描け、裏に猫の名前、もしくは自分の名前を書き願い事を書く。


招き猫がいっぱい
お茶を飲みながら何気なく隣の部屋に目を向けると
これまたかなりの数の猫が。

ここまでくると、見ていても気持ちがいいな。
俺もとことん集める性格だしね。


輸出用の招き猫たけし軍団招き猫

写真左の中央の招き猫は眼が青いが、これは輸出用なのだという。
確かに小判は$マークになっていて手もカモンになっている。

他にはビートたけしの招き猫があった。
てことは後ろは東国原…、いや、たけし軍団だからそのまんま東招き猫か。


猫寺

見にゃいニャ、
聞かにゃいニャ、
言わにゃいニャ〜



くろまめ


寺で飼われている黒猫の「くろまめ」。
駐車場に車を停めたときに、散歩中の黒猫を
見かけたんだが、ここの猫だったとは。


くろまめくろまめ

お客からも可愛がられているから、近寄っても逃げない。むしろ寄ってくる。
どうも気に入られたらしく、場所を移してお土産を物色していると、
何度か近寄ってきてくれて目の前でごろん。

かわいい♪


お土産販売



本堂の中ではお土産も販売されている。
もちろんすべて猫関係だ。


お土産おみくじ

ねこ鈴守に飴、そしてエサの黒缶…、
ではなく、まぐろの白身のせ風のキャンドルを購入したのは2012年。

そして猫寺のおみくじは可愛らしいなあ。
最近胃の調子が悪いから病気のところを見たら、
「重いが必ず治る。医者に相談しろ」だってさ(笑)
ちなみに俺は小吉で、旅相棒は吉だった。


五色守り宝くじ入れ袋

2016年に見てみると、お土産の種類も増えていた。
今回買ったのは五色お守りと宝くじ入れ袋。
五色お守りは左から交通安全、厄除け・魔除け、健康、幸運・仕事、ご縁。
面白いのはデザインで、交通安全は黒猫(もしかしてクロマメ?)、
厄除け・魔除けは「ごんごんちい」(山口の方言で幽霊・妖怪のこと)、
健康は猫仏さま、幸運・仕事は招き猫、ご縁は大きな顔の猫様。
雲林寺ならではのオリジナルデザインだ。

宝くじ入れ袋には、購入した宝くじを入れて飾っておくといいらしい。


猫寺猫寺

境内にある鐘の真下には神様が祀られているのだが、
この神様のおかげで、鐘の音がうるさくないのだという。
まだ5歳(当時)の長女が親切に説明してくれた。ありがとね♪

ちなみにここにも、ネズミ、猫、フクロウのチェーンソーアートが。


雲林寺の紅葉
サルの群れ出現!!

雲林寺の駐車場に到着した際、
一本の柿の木には5、6匹の動物がいた。
それはすぐに逃げ出したのだが、
最初は猫かと思ったんだよね(猫寺だから)
ところが、それは猫ではなくサルだった。

野生のサルが柿を採って食べていたのである。
サルはすぐに紅葉がきれいな山を駆け上って逃げた。
今まで旅をしていて野生の鹿は見たことはあるが、サルを見るのは初めてだった。


雲林寺の紅葉

残念ながらサルは撮影できなかったけど、
きれいな紅葉はしっかり楽しんできた。
サルが逃げた場所なので、集団で襲ってこないか
少し不安だったけどね(笑)



INDEX



雲林寺 〜猫寺〜

旅をした日
2012年11月8日
2016年7月20日
………………………………………
駐車場
有り
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
吉部八幡宮の大杉
奥阿武宰判勘場跡
ひまわりロード
むつみの芝桜
むつみ昆虫王国
辻山のシダレザクラ
………………………………………
最終更新日
2016年7月31日
写真を追加。


アクセスマップ