山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(長門市)

みすゞ公園の桜

みすゞ公園は、白潟トンネルの工事中に発生した地すべりの跡地を利用して、金子みすゞのこころを広く紹介するために整備された道路公園です。
園内ではみすゞの詩碑を見ることができ、丘の上展望台からは金子みすゞのふるさと仙崎と仙崎湾の景色を楽しむことができます。

桜シーズンを迎えれば園内中の桜が見事に咲き誇り、眺めの良いお花見が楽しめます。

金子みすゞ金子みすゞの肖像画は、みすゞふるさと長門切手から。平成15年04月11日に、みすゞ生誕100年を記念して発行された切手。20歳の頃のみすゞと、青海島の花津浦」周辺、みすゞの詩「大漁」が印刷されている。

明治36年(1903年)4月11日、山口県仙崎村(現長門市)に生まれました。
20才の時から、下関の書店で店番をしながら童謡を書き始め、ペンネーム「金子みすゞ」で雑誌「童謡」などに「お魚」「大漁」など次々と作品を投稿しました。 大正末期の童謡界に彗星のように現われ、その才能を詩人西条八十に「若き童謡詩人中の巨星」とまで賞賛、期待されながら昭和5年(1930)3月10日、26才の若さでこの世を去りました。

その後、半世紀を経て、童謡詩人の矢崎節夫氏の献身的な努力によって512編の遺稿集が見つかり、金子みすゞ全集として出版されました。その優しさに貫かれた詩句の数々は、多くの人々の心に感動を与えています。−みすゞ公園案内板より−
わたしと小鳥とすずとの詩碑

公園入口には、みすゞの代表作である「わたしと小鳥とすずと」の詩碑がある。入口の詩碑と向かい合うようにある案内板には、みすゞの紹介と公園の概要が描かれている。

桜もきれいに咲いているので、目の前に車を止めて昼食という人もいる 。ただ、駐車場は狭い。
みすゞ公園の桜みすゞ公園の桜

みすゞ公園は白潟トンネルの上にあるので、見ての通りの坂道。いきなり疲れるかも?
いや、むしろ振り向けば仙崎が一望できるので気持ちがいいかもしれない。
みすゞ公園の桜途中で疲れれば、桜を見ながら仙崎の町並み、仙崎湾、そして青海島を眺めてみよう。そう、急ぐ必要はない。景色を見ながらみすゞのように詩を考えてみるのもいいだろう。
みすゞ公園の桜 自分は考えないけどね、才能ないから。あったらきっと「山口県の旅」は、もっとセンスのあるサイトだったことだろう(笑)
みすゞ公園の桜みすゞ公園は芝草平、八景平、丘の上展望台の3ヶ所で構成されている。花見でメインとなるのが芝草平だけど見ての通り大きい公園ではない。数組で場所がなくなってしまうけど、ここで花見ができれば眺めも良くて最高だ♪
みすゞ公園の桜今回は桜の写真を撮るのに夢中で、丘の上展望台に行くのを忘れていた。いつか、みすゞ詩碑巡りでもしたいと思っているので、その時にでも眺めることにしよう。
INDEX

みすゞ公園の桜

旅をした日
2012年04月08日
………………………………………駐車場
有り(5台)
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
青海島観光汽船
みすゞ通り
金子みすゞモザイクプロジェクト
………………………………………最終更新日
2020/03/28
内容一部変更


アクセスマップ