山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(萩市)

須佐ホルンフェルス


名勝・天然記念物に指定されている、北長門海岸国定公園の景勝地・須佐ホルンフェルス。
須佐ホルンフェルスは、砂岩や頁岩(けつがん)の層が長い年月をかけて海食され、
熱作用によって変化し、誕生したものです。高さは約15mで、黒と灰色のしま模様。

日本海の荒波を受けながらの景観は、まさに自然の芸術です。




須佐ホルンフェルス須佐ホルンフェルス

砂岩と頁岩のしま模様が美しい須佐ホルンフェルス。

観光パンフレットの「須佐お宝読本」によると、
ホルンフェルスとは、地中の熱や圧力によって変化した岩の一種のこと。
海底に降り積もった砂や泥が、長い年月をかけて岩(砂岩や頁岩)になり、
それらがマグマの力で違う岩に生まれ変わったものなのだそうだ。

須佐はホルンフェルスを間近に観察できる全国でも珍しい場所。
須佐ホルンフェルスは日本の地質百選にも選ばれている。


須佐ホルンフェルス須佐ホルンフェルス

ホルンフェルス(hornfels)はドイツ語で「角の岩」という意味。
てとても硬く、割るとガラスのように角張って割れることからこのような名前が
付けられている。


須佐ホルンフェルス須佐ホルンフェルスと旅相棒

ホルンフェルスは高さが15mもあり、見応えと迫力がある。
旅相棒と比べて見れば、その迫力が少しは伝わってくるかも。


須佐ホルンフェルスのサル実はこのホルンフェルス断層周辺に、
ある動物が隠れている。

ウキー!!
そう、サルがいる(笑)

白くへこんでいる部分は、泥や砂が地中の圧力に耐えられずにつぶれた跡。
その跡がサルの顔に見えるというわけだ。


岩盤の隙間の大岩


こちらは、岩盤の割れ目に乗っかる大岩。
グラグラせずに安定しているが、
いつどのように乗ったのかは不明とのこと


須佐ホルンフェルス須佐ホルンフェルス

しま模様のホルンフェルスの上からは美しい日本海と、断層を見ることができる。
地層が長い年月をかけて海に押し出され、まるで刃物で切ったように割れていた。
近くで見ることができるけど、くれぐれも落下しないように…。

写真右の岬の先っぽの方に、岩が黒っぽく変化した部分が見える。
ここが一番熱変成の度合いが高く、純粋なホルンフェルスなのだそうだ。
以前、岩を割ったときには「パリン」と割れるなど、
典型的なホルンフェルスの特徴を示したとか。
今は行くことはできないんだけどね。

ここまでの説明は観光パンフレットの「須佐お宝読本」を参考にしている。
お土産屋のつわぶきの館で入手することができるので、必ず目を通しておこう。


赤米アイス須佐ホルンフェルスに来たら、
須佐特産の古代米「赤米」を使った
赤米アイス」を食べてみよう。

つわぶきの館で買えるんだけど、
夏はホルンフェルスにたどり着くまでには
完全に溶けてしまうな…。

食べながら遊歩道を歩くか、観光の後にゆっくり食べるといいだろう。
赤米の粉末が入っていて、とても美味しい。

赤米アイスイカ墨アイス

赤米アイスだけでなく、イカ墨アイスも新たに販売されていた。
3%イカ墨が入った須佐限定のアイスで、見ての通りアイスはイカ墨のように真っ黒。
3%だと味にイカ墨は感じないけど、甘さはかなりのもの。
イカ墨アイスを食べた後に赤米アイスを食べると、赤米アイスが甘く感じられない。


ちなみに、現在のイカ墨アイスのパッケージは海野みことになっている。


須佐ホルンフェルスまでの遊歩道須佐ホルンフェルスの遊歩道

駐車場のつわぶきの館から、ホルンフェルスまでの遊歩道。
日本海を眺めながらのんびり歩こう。

ちなみに、夏にアイスを買って食べながら歩くと、途中のベンチがある場所までが限界。
最後は「飲む」感じになっている(笑)


遊歩道からの眺め遊歩道からの眺め

遊歩道やベンチから眺める日本海も美しい!!透き通っているのがよく分かる。

写真右は遊歩道の終わりに近い場所からの眺めで、つわぶきの館が見える。
この眺めになるとホルンフェルスまではあと少し。


つわぶきの館
駐車場はつわぶきの館(無料)
ここでしか買えない赤米アイスは
必ず食べておきたい。

他にも水産加工品やワサビ商品が揃う。
トイレがきれいなのもうれしい。


海野みこと
海野みこと
須佐の特産で真っ先に思い浮かぶのが、
須佐男命いか(すさみこといか)。
全国でも人気の高いケンサキイカの中でも、
活きた状態のものだけが須佐男命いかと呼ばれる。
地域ブランドとして「活き」にこだわるので、
当然出荷も難しく、
須佐ならではのブランドグルメになっています。
(萩市・長門市のケンサキイカの水揚げ量は、
佐賀県に次いで全国第2位)

その須佐男命いかをアピールすべく、
藻え(萌え)キャラこと「海野みこと」が誕生。
「萩市で生まれて父の家業を継ぎ、
イカ漁師になった漁師っ子 16歳」という設定。
海野みことは須佐観光協会のPRキャラとなり、須佐男命イカをPRしている。
海野みことちゃんグッズもつわぶきの館で購入できるぞ!


須佐ホルンフェルス須佐ホルンフェルス

須佐ホルンフェルスは、天候によっては近づけない場合がある。

2005年11月7日、3m近くにもなる高波に襲われたんだよなあ。
上2枚だけは台風が通過した翌日に撮影したものなので、波が高いのがよく分かる。
異様な波の音に逸早く気づき、逃げたので助かったんだが…。
もし気づくのが少しでも遅ければ、波にさらわれていたんではないだろうか。
撮影直後(写真左)に、高波がやってきた。

近くでホルンフェルスと日本海を見るのは壮観だが、波の高さには十分気をつけよう。



INDEX



須佐ホルンフェルス

旅をした日
2005年11月7日
2010年8月19日
2011年7月27日
2014年7月30日
………………………………………
つわぶきの館・営業時間
9:00~17:00(3月~10月)
9:30~16:30(11月~2月)
………………………………………
定休日
毎週木曜日
(10月〜3月の期間)
………………………………………
駐車場
無料(30台)
………………………………………
日本百選
日本の地質百選(2005年)

21世紀に残す
日本の風景遺産100選(2000年)

島根・山口の観光地・
恋風景20選(2000年)
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
高山展望台
ふれあいステーション須佐
イルミネーション

………………………………………
最終更新日
2015年8月23日
写真を入れ替え・追加


アクセスマップ