山口県の観光スポット、穴場スポット、グルメ&お土産情報を紹介しています。桜や紅葉、四季の花々等、目的別の旅もおすすめ。

本州最西端に位置し、三方を海に囲まれ自然美にあふれた山口県。
今日はどこを旅してみようかな♪

山口県の風景(下関市)concept

安徳天皇西市御陵墓(参考地)

源氏に敗れた平家が滅亡に至った源平合戦最後の戦い「壇ノ浦の戦い」で、
死を決意した二位の尼に抱かれて入水した安徳天皇の御遺骸を埋葬されたところと
いわれています。

安徳天皇西市御陵墓下関市豊田から長門市俵山へと続く県道38号線沿いにある安徳天皇西市御陵墓(参考地)。入口にのぼりが立っているので分かりやすいと思うが、紅葉シーズンだと1本のモミジが色づいてより分かりやすい分かりやすい。
安徳天皇西市御陵墓

さて、安徳天皇と言えばご存じ源平合戦最後の戦い「壇ノ浦の戦い」で、死を決意した二位の尼に抱かれて入水した人物。

その安徳天皇が埋葬された墓が豊田にあるわけだけど、正式に赤間神宮の安徳天皇阿弥陀寺陵が御陵と1889年(明治22)に決定しているので、ここは参考地となる。
安徳天皇西市御陵墓

正式決定されているのになぜ参考地がまだあるのかというツッコミはなしだ。

御陵とされるのは石段を上がった先にあるんだけど、見ての通り中に入ることはできない。
安徳天皇西市御陵墓そもそもなぜここが安徳天皇西市御陵墓参考地になったのかというと、入水した安徳天皇が持っていたされる三種の神器の天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を源氏方が捜索しているときに、安徳天皇の亡骸を見つけたという。

亡骸は棺に移され運び出そうとするが、豊浦大津の郡境(現地)で棺は突然動かなくなってしまった。棺はそのまま近くの小高い丘に埋葬され、それが安徳天皇西市御陵墓だという。
御衣洗の池

目の前には「御衣洗の池」がある。安徳天皇の亡骸の御衣の穢れを池水で洗って清めたと伝えられる。

そして「古刀出土の地」の石碑も建てられている。
安徳天皇西市御陵墓案内板には安徳天皇西市御陵墓祭りの写真が張られている。毎年4月24日に冥福をお祈りする式典が西八幡宮で行われているようだ。
安徳天皇西市御陵墓

ちなみに参考地は全国にいくつかある。安徳天皇は入水せずに平家の落人とともに地方に落ち延びたという伝説が残っているから。

そして最後に。この御陵は実は卑弥呼の墓だという説もある。驚かされる説ではあるが浪漫があっていいね。
INDEX

安徳天皇西市御陵墓(参考地)

旅をした日
2006年04月27日
2012年11月12日
………………………………………駐車場
無料
………………………………………周辺の立ち寄りスポット
俵山しゃくなげ園
石柱渓
………………………………………最終更新日
2020/10/17
新規追加


アクセスマップ