山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(山口市)

両足寺の紅葉


山口市鋳銭司にある両足寺は、紅葉シーズンになると約150本ものモミジが赤く染まります
寺全体を覆うその美しさから、もみじ寺とも呼ばれており、県内有数の美しさを誇ります。
※現在は石段両脇のモミジが伐採されているので、規模は縮小されています。

拝観料は無料ですが、禁止事項で三脚禁止があるので撮影目的の場合は注意が必要です。




両足寺の紅葉両足寺の紅葉

両足寺の紅葉


寺全体をもみじが覆い、
紅葉を思う存分に楽しめるのが両足寺。
見所のひとつである、参道から見下ろす山門。

原因は不明だけど、2014年に訪れたときは石段両脇及び駐車場傍のモミジは伐採され、
なんとも殺風景になっていた。
禁止事項の立札も増えていたので、もしかして…観光客はあまり歓迎されていない…?


両足寺の紅葉両足寺の紅葉

両足寺の紅葉


駐車場から山門付近も鮮やかな美しさ。
極端に言えば、駐車場付近だけでも満足できる

それだけ両足寺の紅葉は美しい。


両足寺の紅葉両足寺の紅葉

両足寺の紅葉両足寺の紅葉

境内も見渡すことで大満足。
県内の寺院で有名な紅葉といえば、功山寺や大寧寺、龍福寺などが挙げられるが、
両足寺は群を抜いて美しく感じられる。


両足寺の紅葉両足寺の紅葉

両足寺の拝観は9:00〜17:00。
人気がある紅葉名所の為、早朝から多くの方が駐車場で待機している。
両足寺では三脚禁止となっているので、ルールを守って楽しもう。


両足寺の五色八重散椿


紅葉の名所として有名な両足寺だけど、本堂脇に立つ2本の五色八重散椿も有名らしい。
菩提供養のために植えられたもので、樹齢は推定350年。
五色八重散椿は樹が大きくなるにつれて、一株に白、桃、紅、桃地に紅絞り、
白地に紅絞りなど五色に咲き分ける。
また、花は首から落ちずに花弁が一枚一枚離れて散る特徴があり、
その様がそのまま品種名となっている。

両足寺の五色八重散椿両足寺の五色八重散椿

本来花の開花は4月に入ってからだそうだが、
最近は3月中旬頃からと開花の時期がずれてきているとのこと。

それをふまえて毎年見に行くけど、雨が降ることも多々あるので見頃に当たることは少ない。
雨男はつらいよ(←映画のタイトルっぽいな)

両足寺の五色八重散椿両足寺の五色八重散椿

2011年4月5日は良いタイミングだった。
蕾も多かったけど散りも少なかったので、とてもきれいだったなあ。


両足寺の桜両足寺の桜

両足寺の駐車場横には一本の桜があり、椿の開花のタイミングによっては両方楽しめる。
桜の撮影は2011年4月5日。

両足寺の桜


椿も桜も満開というタイミングは難しいだろうけど
どちらかが満開だとうれしいよね♪



INDEX



両足寺の紅葉と五色八重散椿


旅をした日
2007年11月24日
2011年4月5日
………………………………………
拝観時間
9:00〜16:30
………………………………………
拝観料金
無料
………………………………………
禁止事項
三脚の使用は禁止
………………………………………
駐車場
有り
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット

………………………………………
最終更新日
2015年8月19日
内容一部変更


アクセスマップ