山口県の旅行・観光名所、穴場スポット、グルメ&お土産情報満載!

のんびりドライブを楽しんで、旅先で見た山口県の風景を紹介しています。
各地域で購入したお土産や、ご当地の食事なども写真で地域別に紹介。

山口県の風景(山口市)

常栄寺雪舟庭の紅葉


常栄寺の庭園は約500年前に、大内氏が別荘として雪舟に築庭させたと伝えられ、
国の史跡名勝に指定されています。庭園は本堂のすぐ前面は中国大陸を象徴したと云われ、
三山五嶽を配して、富士山を似って日本を表しています。
その他にも、心字池、四仙島、十六羅漢の石組、坐禅石などがあり、内庭全面は芝生で覆い、一木も用いず、わずかなさつき、つつじを植え込んで、山林雲煙を表現しています。

紅葉シーズンには、境内をはじめ、庭園横の竹林にあるもみじが紅く染まり、
いつもとは違った雰囲気の庭園が楽しめます。




常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

雪舟1420〜1506
1420(応永27)年、備中赤浜(現在の岡山県総社市)に生まれ、
幼くして井山宝福寺へ入り僧になったといわれています。
京都の祖国寺で水墨画を画僧周文から学んだのち、当時有力な守護大名であった
大内氏の招きで山口の雲谷庵に居を移します。
その後、中国(明)で2年間を過ごし、水墨画の神髄を探求しました。
帰国後は豊後(大分県)に一時画楼をかまえましたが、再び山口に戻り、雲谷庵を拠点として
石見(島根県)などへ活躍の場を広げて多数の作品を創作しました。
また画ばかりではなく、庭園も手掛けたといわれ、ここ常栄寺の庭園も雪舟作とされています

ー雪舟説明板より引用ー


常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

本堂の陰で少し肌寒いけど、座ってゆっくり楽しみたい庭園と紅葉。


常栄寺雪舟庭



←夏は少し涼しくて見やすいかな。
雰囲気があっていいな、こういった光景は。


常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

雪舟庭での紅葉は横にある竹林がメイン。


常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

その竹林そばに遊歩道があり、雪舟庭を周回することができる。
それにより、様々な角度から雪舟庭を眺めることができる。


常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

常栄寺雪舟庭の紅葉常栄寺雪舟庭の紅葉

庭園だけでなく、境内も秋色に染まり、思う存分紅葉を楽しめる名所に。



INDEX



常栄寺雪舟庭の紅葉


旅をした日
2007年11月24日
2012年11月18日
………………………………………
開園時間
8:00〜17:00
12月〜3月は16:30閉園
………………………………………
定休日
無休
………………………………………
入場料
大人:300円
学生(高・中):200円
小学生以下:無料
………………………………………
駐車場
無料
………………………………………
周辺の立ち寄りスポット
香山公園の梅
香山公園の紅葉
………………………………………
最終更新日
2015年8月30日
内容一部変更


アクセスマップ