買い替えはグレード・アップにならない

 オーディオをセットして当初は不満を感じなかったものが、友人や他所のオーディオを聞くにつけて疑問を持つようになり、自分もなんとかしたい!と考えるようになります。

 大抵の人は別のもっと高価なスピーカー・システムに買い替えようと考えます。或いは、「アンプがパワー不足だからアンプを交換しなさい!」と無責任なオーディオ屋に騙されるかも知れません。

 大方の人は「買い替えがグレード・アップだ!」と思っていませんか?

「グレード・アップ」とは、グレードを上げる事・・です。買い替えでは目的は達せられません。

 グレード・アップとは、高価なものに嵩上げすることではありません。最も大事な「音質の中味」言葉を変えますと「音楽の訴求力」が高いか低いかの問題です。音楽に含まれる情報が遺憾なく発揮されているかどうか・・・このことが最も重要だと私は考えています。

 スピーカーに限って云いますと、既製品(店頭や雑誌で取り上げられる)スピーカー・システムに万能・完璧なものは一つも無い!という事実です。スピーカーの理想その1・その2 に詳説

 少し、雰囲気か音の出方が変化する程度で根本的な解決にならず、また不満を抱える結果になります。

算数の計算をしてみます。

 仮にペア50万円のスピーカーを買ったとします。不満が出ました。今度は70万円の本当は最初からこっちが欲しかったというシステムに買い替えました。前の下取り価格が20万円としましょう。ここで、30万円を失います。新しく70万円(下取り分を差し引き50万円)を投入しましたので、都合100万円をスピーカーにつぎ込んだ計算になります。つまり、100万円かけて70万円の音を聞いていることになります。

ここで失った30万円は生涯返って来ることはありません。

これで、このスピーカーが万全に鳴って呉れれば問題は無いのですが、市販スピーカーは全て妥協の産物ですから、また不満が発生することは確実です。ではどうするか!

 答えは、買い替えでなく、失う筈の30万円を元のシステムに加えなさい!ということです

 そうすれば、50万円+30万円で80万円のシステムになり、完全な「グレード・アップ」が実現します。

 それどころか、市販の100数十万円のものでも得られないサウンドが実現し、目が覚めます。人間は、学習能力がありますので、次のステップが見えてきます。このときも、また注ぎ足すのです。

全く無駄なくグレードがアップして行きます。これがホントのグレード・アップです今の装置を生かす

アンプはどうでしょうか? アンプは増幅器です。入力された信号を、スピーカーを駆動出来るほどの信号に増幅するだけの仕事です。アンプを替えて音が変化するようでは困ります。少しは雰囲気の違いなどがあるでしょうが、現在売られているような高価なアンプを導入する位なら、その予算をスピーカーの良質なユニットに投入した方が音質的には絶対に有利です。アンプはそれほど重要ではない マルチ・チャンネル

CDはどうでしょうか?CDはソフトと再生方法(非接触)に問題がありますので、機器を変えても掛けた予算ほどの変化は望めません。例えば、3万円程度のCDプレーヤーと300万円のそれと比較して絶対に 100倍の音質の差はありません。スーパーCDにはもっと別な問題があります。製造メーカーの人達が、デジタルだからこんな音でなければ・・・というコンセプトで音作りをしている限り、フォーマットは普通のCDより一日の長があるにせよ、音楽再生機器として評価は出来ません。(SACDは、ソフト集めに苦労します)

 接続ケーブルはどうでしょうか?ケーブルは信号を伝達するだけの仕事です。如何に高価で優秀なケーブルを使ってみたところでスピーカーの性能を超える音は出ません。また、スピーカーの中には必要悪の最たる ネットワークが搭載されています。この中の、コイルを眺めれば答えは自ずからハッキリします。

 景気が下り坂になり、本来のスピーカーや、アンプ類が売れなくなると、周辺機材(ケーブルや電源など)を売ろうとするのは今に始まったことではありません。

一言:だまされてはイケマセン! ネットワークの弊害     

2005・2・3