アンプでどこまで音は変わるか?

 アンプによって音が変わることは事実です。特に管球アンプの自作派はそのためにパーツの選択や回路に事のほか熱心です。アンプ重視派はアンプが全ての音を決定する!と考えていると思われるような場面に良く遭遇します。また、自作派ではないにしても高価なオーバー・クオリティと思われるハイパワーのアンプをセットしたりします。あるメーカーの500万円もするようなアンプ(外国製)は、電力の消費量だけでも月10万円くらい掛かるものもあります。確かに押しの強い重量感のあるサウンドを出しますが、そのアンプの実力(?)を出し切れるスピーカーは市販品の中には見当たりません。一体、どのスピーカーを念頭において作ったのか理解に苦しみます(単にメーカーの道楽でしょうかね・・・その割には売れたのですよ)。また、本当にそんなアンプでなければ理想のサウンドは得られないのでしょうか?

 私の考えが大いに違う事は、このページでも随時述べていますが、補足の意味も含めもう少し書いてみます。

アンプはそれほど重要ではない参照

 例えば、100万円クラスのスピーカーを、5万円程度のプリメインアンプで鳴らした場合と、5万円程度のスピーカーを100万円クラスのアンプ(実際にはそんな人はいませんが・・・)で駆動した場合とでは、どうでしょうか?前者の例では、頼りないスカスカの感じに聞こえますが、後者の場合は、結構充実した中味の詰まった感じのサウンドになります。つまり、スピーカーの能力以上の音を送り込みますと目一杯の音になるわけです。このような変化はアンプによって起こります。そこで、スピーカーに目一杯の音を送り込むべく高価な、オーバー・クオリティのハイパワー・アンプを使う人が多いのだろうと私自身は理解しています。

 しかし、ここでシッカリと認識しておいて頂きたいことがあります。

 つまり、「アンプによる音の変化は、スピーカーの能力の範囲内にとどまる!」ということです。

 同じことは入力側にも云えます。カートリッジで拾い上げた音以上の音も再生されません。

 ましてはCDなどではCDそのものの音しか再生されません。

 如何に有能な優れたアンプ(・・が有るとして・・)であっても得られる音はスピーカーの性能を超えることはありません。スピーカーの持つ性能の範囲内のみで良かったりそうでなかったりするわけです。

この認識を持つことがオーディオの音を良くする為の基本的なベースになる考えだと私は信じています。そのような考えに立ちますと、どうすれば最も効果的なのか?が見えてきます。

 即ち、「スピーカーの性能を良くしなければ、音は良くならない!」という事実です。

「そうは云うけど俺のスピーカーは○百万円の高級品だッ!」と仰る方もおられると思いますが、私が申し上げるのは、このページのスピーカー関連の項目に詳しく述べましたように、メーカー品のスピーカーに万能完璧なものは皆無なわけですから、○百万円だろうが、○千万円だろうが、やはり駄目なのです(いくら雑誌等で偉い?先生方がどんなに褒めてみせたところで・・・)。実際に2千数百万円(外国製)のシステムをお持ちの方のご自宅で拝聴させて頂きましたが、とても「素晴らしい!」と賛辞を送りたくなるようなサウンド(音楽性)ではありませんでした

 どこが問題かと云いますと、スピーカーの性能を決定付けるのは「使用ユニットの性能」です。

 2千数百万円のシステムには、ツイーターにドーム型を使っていました(片ch2本)。どんなに高く見積もっても5千円程度の代物です。こんなものを使って何故2千万円もするのか理解に苦しみますが、これが多かれ少なかれメーカー品の実態です。つまり、万全のユニットを使用していない!・・・ということです。

スピーカー・ユニットの理想及び 続:スピーカー・ユニットの理想参照

 一般にオーディオ・ファンの方々が使われるスピーカー・システムは、ネットワークを通して一台のパワー・アンプで駆動す方式が殆どだと思います。

 メーカー製のシステムは、ユニットが万全で無いのでネットワークや色んな部分で、メーカー独自の音づくりをしてあります(意図しているかどうかは別として・・・)。そこで、「このシステムにはこのアンプ」と言うように相性が云々される結果になります。また、自分の好みも発揮されることになります(事の良否は別として)。しかし、本来は、アンプとスピーカーとの相性などはあってはならないものだと私は考えています。もし、あるとすれば、それは、アンプかスピーカー・システムのどちらかが万全では無いからです。欠陥品とまでは云わないにしても・・・。パワー・アンプは送られて来た信号をスピーカーを駆動するだけの信号に増幅するだけの仕事ですから、そんなに音自体が変わるようでは困りますし、それ程の変化はありません。ただ、最近のスピーカーは総じて能率が低いので、パワー感を得るにはある程度のパワーのあるアンプを求める心理は分かります。ホーン・ユニットは能率が高いので、高出力のアンプでなくても力感、押し出し感も十分に発揮されるのです。

 そこで、マルチ・チャンネルのことになって来ます。マルチ・チャンネルの場合、パワー・アンプによる音の変化は微々たるもので殆ど問題なくラフに使えます。勿論、ウーファーなどには力のあるパワー・アンプが有利!という使用上のテクニックはありますが、そんなアンプが無い場合でも高価格なハイパワー・アンプ1台で駆動する既成システムよりはるかに有利なサウンドは得られます。マルチならアンプは何でも良いのかと云いますと、確かにそうとも言い切れない部分があることは事実です。特に、アウトにアウトプット・トランスを背負ったアンプは、ヌケが悪くなり、そのユニットだけがなんとなく不釣合いの感じを持つようなことはあります。しかし、ネットワークを通さない分だけまだ有利ということは出来ます。だって、こんなアンプでネットワークを通して使っている人は非常に多いわけですから…。特にクラシック・ファンには…。

 マルチ・チャンネルの場合は、パワー・アンプを入れ替えても殆ど音に影響が感じられません。アンプの音質というようなものは無いに等しくなります。一台の高価格ハイパワー・アンプで、ネットワークを通して大した音でもないものを再生するより、ネットワークを外してマルチ駆動にすれば、アンプの音には全く気遣いは要らないのです。費用もこの方が安くつくのです。

ネットワークの弊害及び  マルチ・チャンネル参照 

マルチ・チャンネルに限って云いますと、アンプによる音の変化は殆ど問題になりません(プリは別)

アンプに金を掛けるくらいなら、スピーカー・システムのユニットに金を掛ける方が圧倒的に音質の向上が望めます。

 50万円のパワーアンプを200万円のそれに置き換えてみても、スピーカー・システムの性能の範囲内しか音質の向上は望めないわけですから、掛ける分をユニットにつぎ込めば、遥かに音の向上が実感できます。これは、実行した全ての人がハッキリと認識されている事実です。その実際の方法は、別項を参考になさって下さい。

今の装置を生かす及び  グレードアップの実際例参照

2006・1.31