HOME

 

ランゲージスクール

IIA(語学学校)

photophoto【左写真】
後列左から2番目が担任の マリバン先生(ビギナー時) 前列右側がデビット先生(エ レメンタリー時) 後列真ん中はエリザベス先 生・・朝の子供漫画番組の主 人公にそっくりでそのせいか とても印象に残っています。
前列左はアニー先生、生徒 をほめるとき「excellent」とよ く言っていたのでこの単語は しっかり覚えました。

photophoto同期の桜、特に左の韓国人 のロイ(English name)とは同 日に入校。劣等生同士何か と励まし合っていました。
入学2週間位は、1〜2割し か理解できず、毎日落ち込 んで家路についていました。
しかし1週間ごとに新しい仲 間が入って来るたぴに自分 達の語学力の差が認識でき 自分の成長を肌で感じてい ました。「私達も最初は何も 分からなかったんだよ。」とア ドバイスしている自分がそこ にいました。

photophoto家に帰り宿題をこなし、さら にインターネットで文法をダ ウンロードして独学中! なにせ学校では英語オンリ ーで未熟な私達は細かい説 明(冠詞、前置詞、時制)が なかなか理解できず苦しむ 毎日。何とかついていきたい 一心で見つけた文法の説明 を二人で「あーだこーだ」と口 論しながら食事もそこそこに 英語と格闘の毎日でした。

photophoto勉強期間が終了すると終了 証が与えられます。台湾から 来ていたウィニーは勉強も頑 張てましたが、土日は観光 の方にも力を注ぎエンジョイ していました。
私達はまだそんな余裕など 無くひたすら、一つ上のレベ ル(エレメンタリー)を目指し 頑張っていました(ほんとは まだ会話に自身が持てずし り込みしていたのかも・・)

photophotoいたずら盛りの二人、時には 取っ組み合いもありました。右(サン)はタイ生まれのお 坊ちゃまフェアレディーを乗り 回してると聞きました。彼の 口癖は「many many」です タイの交通渋滞を説明してる ときに聞きそれ以来サン= 「many many」と私達のあ いだでは語られています。
右(ドナ)彼は韓国生まれサ ッカーが大好きでスポーツマ ン、授業中先生の口マネをし てみんなの笑いを誘っていま した。

photophotophotoこの日はメルボルンカップ。
授業を小休止して先生自ら 勝ち馬の予想を生徒達に依 頼一人1ドルずつかけ結果 を待つ。
その前に帽子のコンテストが 開かれみんなの前でお披露 目です。
先生立ちもコンテストに参加 和子さんはクラスの代表にな りみんなの前をポーズを作っ て歩きました。
取授業と行事を上手に取り入 れて楽しい一日でした。

photophoto異文化交流の一環としてア ボリジニの先生が「ブーメラン のペイント教室」を開いてくれ ました。サンプルはあります が独自の絵柄はとても難し いです。

photophoto自分達の送別会を開催する 羽目になりました。
チャイナタウンのベトナム料 理レストランで予約交渉をし ました。自分たちの言葉が通 じることにとても感動を覚え ました。しかし、幹事は疲れ ました・・・。

UQの クラス

photophotoIIA(語学学校)卒業後UQの クラスで勉強をはじめまし た。将来の先生が実習を兼 ねて教えてくれます。このこ ろは文法も分かり始め少し 理解できると思ってました
が、先生の話しの早さにや はり6割近く理解できず四苦 八苦の毎日です。相変わら ず辛い勉強は続きます。