公演メニュー プロフィール ブログ mixi Facebook twitter トップページ  
定価
税込1890円
出版社
子どもの未来社
webショップリンク

『おもしろ日本古典ばなし115』(2008年)
内容
『沙石集』、『古今著聞集』、『発心集』、『一夜船』、『十訓抄』など、世間であまりかえりみられていない古典文学作品に光をあて、物語を読む楽しさを堪能させてくれる奇談、霊験譚、怪異譚など全百十五話を選りすぐって、現代語訳。小学生から大人まで楽しめる。
著者コメント
評価や知名度が不当に低い、隠れた名篇や忘れられた佳篇を、慈しみながらすくいあげ、平易な現代語に訳した。子どもたちのみならず、親御さんたちにも読んでほしい。
目次
●わらいばなし(弱虫な鬼、黒い鼻の穴、幸運の耳 売ります、など)
●ふしぎばなし(気になる水瓶、牛に生まれかわった僧、朱雀門の鬼の笛、など)
●なるほどばなし(てごわい天狗、犬の子の謎解き、琵琶くらべ、など)
●こわいはなし(蜘蛛の井戸、毛のない大鳥、古池の妖怪、など)
●びっくりばなし(耳を洗った男、焼け残った舌、蜂の恩返し、など)
マスコミ
○2008年2月11日(月)付『毎日新聞』朝刊で紹介されました。
○2008年2月27日(水)付『日刊ゲンダイ』で紹介されました。