衡山半切お手本


予定表

衡山フォント

衡山半切お手本

半紙お手本

文字の色見本

通信競書半紙手本

実用書

お弟子さんの作品

( 青柳疎石ホームページ  )

( 青柳衡山第2ホームページ )



衡山のひとり言
何時も出来るだけお弟子さんの前でお手本はその場で書く様に致しておりますが、その中で一番気にしていることがお弟子さんの使っているご本人の筆を使う事です。
本人の出された紙にご本人が使っている墨と筆を使うのは同じものが書けるとの判断でしたが、それ以外に教室に来られるたびに大体半紙平均で3枚程渡していますがこのお手本に関しては今までその都度適当に有るもので書いておりました。
ところがこの7日ほどの間はこのホームページに掲載させて頂いております8割お手本の4月22日以降に書いた物はたった一本の筆にて書かせて頂いております、お習字を始めてから初めて自分の好みに合った筆に出会えた気が致しております。
どの様な筆でも書けば同じなのですが今の筆は一本で漢字・仮名の条幅、半紙の漢字楷書・行書・草書・仮名・実用書・細字等何でも書けるので大変に便利で助かっております。
只の中字の筆ですが70年ほど前に作られた物でお店も分かっているのですが流石にもう作っていないそうなので少しだけ寂しい思いを致しております。
大好きな筆なのでどんどんお手本に使っていきたいと思っております。
この場の条幅お手本もこの筆、直径8ミリ・長さ3.5ミリの物で書かせて頂いております。もう既に全てのお手本はお弟子さんの所に有るので残っていないのも少し寂しいです、初物なので。
2018年04月29日


2018-04-16









全紙作品



お手本何となく書かせて頂きましたが、淡墨での平家物語だけお聞きいたしましたので
後は成り行きだけで書かせて頂きました。                           


















予定表

衡山フォント

衡山半切お手本

半紙お手本

文字の色見本

通信競書半紙手本

実用書

お弟子さんの作品

( 青柳疎石ホームページ  )

( 青柳衡山第2ホームページ )



ページの先頭へ

戻る
戻る