文字の色見本



青二書道教室予定表

衡山新規フォント文字見本

衡山半切お手本

衡山書道手本作成資料フォント

文字の色見本

通信手本

実用書道

( 青柳疎石ホームページ  )

( 青柳衡山第2ホームページ )


衡山のひとりごと
2017年10月12日
今日はとても嬉しい誤算です、まさかこの自分が間違ってもここまで字が書けるようになるとは本当に思ってもおりませんでしたが自分自身でもなんとうぬぼれているのだろうと思うほどに作品が書けるようになりました。
やはり練習は嘘をつかないようです、ありがたやありがたや。
完全に自分が想像していたレベルを超えてしまいましたこれから何処まで行けるのか楽しみですがもう、はるかに衡山の限界を超えたところまで来ていますのでもう手一杯でしょうか。
2017年10月3日
自分でも自然な文字と思い、てなりで何も考えずに書いておりましたら自然とリズムの中である一点に意識が出て全ての答えを頂けたような気が致しました。
今後は文字を書くのではなくこの一点のみに意識を集めて書く事に致します。
今はまだぎこちないかも分かりませんがこれが最終地点の様な気が致しておりますので頑張ってみたいと思います、書けた文字がどうかは分かりませんが心の文字が書けたと思っております。
2017年10月1日
衡山も60歳と言う年を迎えることが出来ましたが、何時もそれに見合う文字が書けているだろうかと頑張ってまいりました。
しかしこの場にて掲載させて頂いているお手本は全てお弟子さんたちへ差し上げている物なのでよりお手本らしくと動きも抑えて少しぎこちなくと考えて固くお手本お手本として書かせて頂いておりましたが、衡山自身が変わっても来ましたので少しだけでもと作品的な書き方でお手本を書く様にさせて頂きました。
自分でも漸く頭の中で書く文字が分かってまいりましたのでこれからは衡山自身が変わって、もう何も考えずに頭で文字を書くのではなく手が自然に動くままに書いてみようと思い立ちましたのでお手本であることから少し抜け出してみました。
特別変わったところは見た目にも分からないのですが心のままに書いていますと多少は流れが出ているのではと感じ取っております。
早い話が自然に書くとお手本を書いている時よりもスピードとリズム感が多く感じられるようになったと思っております。これが普通の衡山の文字で書いたと言うだけですがお手本としても大丈夫かなと。



青二書道教室予定表

衡山新規フォント文字見本

衡山半切お手本

衡山書道手本作成資料フォント

文字の色見本

通信手本

実用書道

( 青柳疎石ホームページ  )

( 青柳衡山第2ホームページ )



ページの先頭へ

戻る
戻る