文字の色見本



青二書道教室予定表

衡山新規フォント文字見本

衡山半切お手本2

仮名のお手本

You Tubeアップロード動画アドレス

衡山半紙お手本2

衡山半切お手本

衡山書道手本作成資料フォント

文字の色見本


衡山のひとりごと
2017年2月16日

二種類のあまり変わらないフォントですが、気分で使い分けて頂ければと思っております。自分ではASの柔らかめが気に入っておりますが如何でしょうか。二つをセットにて一緒に販売させて頂こうと思っております。
多くの皆さんに使って頂ければ有難いです。
2017年2月14日

少し思い付きにてフォントの仮名の部分をわざと固く書いていたのですが、折角なので柔らかいひらかなの分も足してみようと思いましたので一度にひらかなの部分だけ変えた二つのフォントで皆さんにお渡しできればと考えてみましたので今度アップしてみたいと思います。
(漢字の部分は同じでひらかなの所のみ変えた二種類のフォントになります)
2017年02月07日

A衡山書道手本作成資料フォントの仕上がりが近づくにつれて、ギアが一つ上がって来たような気がしております。10年以上前に作った衡山フォントTも当たり前では有りますが50歳前に作成したものですからまだまだな感が致しておりましたが、流石に今回のA衡山書道手本作成資料フォントの出来栄えは60歳になろうとしているだけに衡山フォントTの100倍は良い出来だと自負致しております。
世の中がどの様に変わろうと書道がどの様に変化をしていくことが有っても書としての良いもののとらえ方は結局のところ1500年以上前から変わっていないと確信いたしております。
この自信がどこから来ているのかも分かりませんがとても良い仕事が出来たことだけは間違いがないと確信いたしております。
もうすぐ完成ですが、たとえ死ぬまでに一つしか売れることが出来なかったとしても思い残すことがないほどの物が完成するととても喜んでおります。
2017年02月03日

A衡山書道手本作成資料フォントの作成ですが、過去のパフォーマンスフォントはコピー用紙に墨汁を以って書いておりましたが今回は全て書道用の半紙に磨った墨を用いまして完全なる手書きにて、一字一字全ての文字を半紙4字に書きだしたものをスキャナーにて写真を撮ってからコラージュしてソフトを使ってから一字一字文字を組み込みながらフォントを作成すると言う全て手作業にて行っております。
手間だけはかかりますが書いたものはそのまま皆さんにお手本としてお渡ししているので何時もの手本を書く気持ちで書いておりますので特別ではない感覚で書き上げて行っております。
全く衡山の普通の文字を活字を見ながら一枚書きにて書いた文字がフォントに変化したものです。
殆んど文字を間違わない限り書き直しは有りませんので丸々衡山の本当の文字だと思って頂ければと思います。
出来るだけ早く仕上げて皆さんに購入して頂き、色々な所で使って頂ければと思っております。
2017年02月01日

何となく10数年ぶりに始めた新規の衡山フォントですが、まさか自分でもこれだけのフォントが出来るのかと只々驚いているところですが日が増すごとに出来の素晴らしさに自分ながら感動いたしております。
最終的な仕上がりや物の価値は本人ではなく皆さんに決めて頂くものではありますが今は皆さんの基準ではなく衡山の基準にて甘くも無く辛くも無く自然な表現にて只素晴らしいフォントが出来たと自負いたしております。
これは言葉ではなく見て頂ければ分かって頂けると感じておりますが、活字と言う表現に属しない本当の書の文字がそのままの形で紙面に現れてくる感じは衡山が過去に作成致しました6体のパフォーマンスフォント文字でも無く単純な活字でも無く本格的な書道の完成された文字で構成された最高の出来のフォントだと思っております。
まず第一に衡山が尊敬いたしております日本でも実力も名前も日本最高峰のレベルの先生にお伺いを立ててフォントの作成を手伝わせてほしいと依頼させて頂いたことがあるのですが、その時に芸術にもなりえないフォントは作れないとお言葉を頂きましたが本当に当たり前のことで日展の会員をされている様な超一流の先生ではフォントの作成など有り得ないことだと感じておりますし、普通に作成してみたいと感じておられる先生方でも作成するノウハウも無ければ相当の力のある方であればお年でもあり作成自体が不可能で有ろうと感じております。
であれば本格的な書の文字を以ってフォントを完成させることが出来る人間は衡山レベルが最高の限度で有るのではと思えるようにもなりましたのでその面にても年齢的にも自信をもって発表させて頂きたいと思っております。
書のレベルから言いましても10数年一度も入選することは出来ませんでしたが日展も経験だけはさせて頂いております、また読売展・毎日展は共に12回ほど入選させて頂いておりますのでこのレベルも恥じ入ることはないと思いますし共に賞も頂いておりますので普通ではそれなりの力も持っていると思っております。
40歳近くから書道競書雑誌の顧問も2誌にて現在も経験させて頂いておりますのでそれなりの力も備えているとも思っております。
フォントを現在の時点で作成する条件には満たしているのではと自信をもって発表させて頂いておりますので出来れば多くの皆さんに使って頂ければ有難いです。
2016年10月29日
この所皆さんに二尺八尺・四尺五尺・全紙と大きな紙を差し上げて教室で書いて頂いているのですが、それが高じてか先日お一人の方が長さ21cmで直径5cmの筆を持ってこられたので序でに一週間お借りすることに致しました。
それで皆さんに書いて頂いておりますがお一人大体5枚程一字書を書いて帰られておりますが非常に楽しんでおられますので筆をお借りすることが出来て本当に良かったです。
一番大きな紙だと毛布の大きさの紙とかで普通は全紙より少し大きい程度の大きさで書いて頂いておりますが今回は筆が大きい分迫力が違いますので良いのですが墨の減り方が凄くてびっくりと致しております。
今年も1年の間で皆さんに書いて頂くのに全紙10反は使い果たしましたが今年は有り難い事に業者の方から三尺六尺の紙を10反程頂きましたので来年分は確保できたと喜んでおります、足らないかも分かりませんが使い終わるまで皆さんに練習していただけるのでとても良かったです。


























青二書道教室予定表

衡山新規フォント文字見本

衡山半切お手本2

仮名のお手本

You Tubeアップロード動画アドレス

衡山半紙お手本2

衡山半切お手本

衡山書道手本作成資料フォント

文字の色見本



ページの先頭へ







戻る
戻る