マイクロソフトのExpression Web
CSSファイル対応のHP作成ソフト

マイクロソフトはWebページ制作ソフトの「Microsoft Expression Web」を2月16日から出荷開始する。

Microsoft Expression Webの特徴

  1. 学生向けのアカデミック版のExpression Webの価格は9800円。(通常版が3万7800円)
  2. 操作方法はホームページビルダー等と同じで、部品をドラッグ&ドロップする事もできる。
  3. CSSファイルとXHTMLファイルに分離したコードを出力する。
  4. 特定のデザイン要素をクリックするとCSSファイルの該当部分を表示する。
  5. HTMLファイルやCSSファイルの入力を監視し,エラーを発見した場合、リアルタイムで警告する。
  6. ソースコードの入力時に,入力候補の例を表示する。
  7. JavaScriptのキーワードを色分け表示する。
  8. HTML 4.01やCSS 2.1などのWeb標準に準拠したソースコードを出力する。
  9. W3Cが提唱している基準に準拠。

まだ、使ってみた訳ではないですが、CSSファイルの知識がなくても、 CSSファイルを利用したサイトつくりができそうな気がする。

Microsoft Expression Webの解説書、参考書

  1. 「Expression Web 標準ガイドブック」
    Expression Web標準ガイドブック:小濱 良恵Amazon.co.jp
    (別ウィンドウ)
  2. Microsoft Expression Web(mixiのコミュニティ)
    Microsoft Expression Web(mixiのコミュニティ)(別ウィンドウ)
    2007/2/16に発売された、マイクロソフトのExpressionシリーズのホームページ作成・管理ソフト、 Microsoft Expression Webのコミュニティです。
    XHTML+CSSのサイト構築に挫折してしまった方、 脱テーブルレイアウトを目指したい方、 Expression Webを使えば簡単です♪
    Microsoft Expression Web は高品質、標準仕様ベースの Web サイトを構築するプロフェッショナル Web 構築ツールです。パワフルなデザインツールや、位置、サイズ、余白などの設定により、先進的な Cascading Style Sheets(CSS) ページ レイアウト生成を可能にします。

Microsoft Expression Webの評価版

Expression Webの評価版では、インストールから60日の期間中に製品のすべての機能を評価することができます。

Microsoft Expression Webの評価版の入手方法

  1. 「Microsof ダウンロード センター」
    でMicrosoft .NET Framework V 2.0をダウンロードする。
    (別ウィンドウ)
  2. 「Microsof Expression Web 評価版」
    (別ウィンドウ)
  3. 下のほうの「Expression Web 評価版 (284 MB) 」をクリック。
  4. Windows Live ID を取得する為、「今すぐ登録」をクリック。
  5. メールアドレスを入力し、パスワードを設定。
  6. 「Expression Web 評価版ダウンロード 登録ページ」に自動的にジャンプ。
  7. 氏名、メールアドレス、勤務先、郵便番号、住所、勤務先電話番号を記入して登録。
  8. 「Windows Live ID のメール アドレスの確認」というメールが届くので、
    そのメールに書いてあるアドレスにアクセス。
  9. 「確認の電子メール」というメールが届くので、
    そのメールに書いてあるアドレスにアクセス。
  10. 「WebDesigner.exe」をダウンロードして保存。ダウンロードに5分以上かかる。
  11. 「WebDesigner.exe」を管理者権限で実行すると
    Expression Web 評価版のインストール終了。

Expression Web 評価版は、60日の評価の後に、製品の購入時に入手できるプロダクトキーを入力することにより、通常の製品として利用できます。

Microsoftの意気込み

マイクロソフトはExpression Webのようなデザイン・ツールを続々と投入して,
「3年後にはデザイン・ツール市場でトップに立つ」
(デベロッパービジネス本部 業務執行役員 本部長
市橋暢哉氏)と高い目標を掲げている。

HP作成ソフト ホームページビルダーがダメな理由

ホームページビルダーは素人向けとしては、良いが。

  1. CSSファイルに完全に対応していない。
  2. 余分なタグ(spanなど)を勝手に埋め込むので、ファイルサイズが大きくなり、後で、微調整をするのが面倒。
    ファイルサイズが無駄に大きい事は、検索エンジンにも、人間にもデメリットになる。
  3. 勝手にエラーと判断して、勝手なタグ(DIVなど)を埋め込む。
    どこに埋め込んだかが明示されないため、バグの原因となる。

私はホームページビルダーは使っていない。
Expression Webの評価版のインストールは面倒なので、 製品を買うつもりです。絶対、買います。
そのうち、Expression Web使用の感想を書きます。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑マイクロソフト Expression Webの一番上へ↑