トップページ失われた鉄道>秋木工業専用線サイトマップ

沿革
明治34年以降米代川からの砂利採取線として敷設
昭和32年頃秋田木材の専用線となる
昭和39年頃秋木工業に改称
昭和57年11月秋木工業が会社更生法を適用
昭和59年新秋木工業として再生
 ※資料不足により、専用線の開業日・廃止日は不明

当初は、米代川からの砂利を採取するために敷設された貨物線で、大正元年の地図では既に東能代駅(当時は機織駅)から米代川付近まで延びているのを確認でき、昭和38年の地図では北半分が廃止となっています。 その後昭和32年には、東洋一の木都「能代」の中心企業として名を馳せていた秋田木材(後の秋木工業)の専用線となりましたが、昭和57年11月に同社は会社更生法の適用を受け、現在は「新秋木工業」として存続しています。 なお、専用線は平成5年頃までには廃止になったようですが詳細は不明です。廃線跡周辺は「能代工業団地」として大規模な整地が行われ、終点だった米代川付近も現在は中洲となっているなど、当時とは地形がかなり変わってしまっています。

路線概要

種別:軌道(貨物)
廃止時営業キロ:0.5km
線路規格:非電化単線 1,067mm
区間: 東能代秋木工業工場米代川

廃線跡

東能代 ひがしのしろ

東能代駅構内に広がる側線群の北側から専用線は分岐していました。

写真の空き地がその跡ですが、今ではフェンスによって敷地が分断されています。

 

(踏切跡)

線路が横切っていた痕跡がはっきりと残っています。

よく見るとアスファルトの割れ目からレールも露出していました。

レールを撤去せずにそのまま埋めたのは何故なのでしょうか。

 

(桧山川橋梁)

桧山川にかかる鉄橋は今でも残っています。

通常、廃線になると橋脚にゴミなどがひっかかるのを防止するため橋脚は撤去されるものですが、何故わざわざ残しておいているのでしょうか。

上の踏切跡といい、謎です。

 


鉄橋を渡り終えた辺りにはレールが残されており、その先には「アキモク」の文字が表示された工場が見えますが、これはアキモク鉄工です。

そういえば上の鉄橋にもレールが残されたままでした。

いくら倒産により撤去する資金がなかったとはいえ、再建した新秋木工業やその親会社であるセイホクですら手を付けていないというのは、やはり不思議です。

なお、はっきりと残っている廃線跡はここまでで、この先はルートさえ確認できなくなります。

 

(築堤跡 ?)

上の写真に写っている道路を進んでも廃線跡はまったく確認できませんでした。

ただ、途中から道路の右側に築堤らしき土盛が並んでいましたが、これが廃線跡と関係があるのかどうかは定かではありません。

 

(米代川手前)

地図を見る限り、廃線跡はこの空き地の中を奥から手前に延びてきていたと推測できますが、大規模な整地によってかつての痕跡は完全に消滅しています。

 


この辺りが終点だったと思われます。

しかし、廃線後に堤防が築かれ、終点だった周辺は中洲へと変貌しているなど、当時とは地形がまったく異なってしまっています。

▲TOP2005/3/21撮影
Copyright© 2005-2010 Matagi☆Fighter サイトについて