秋田各駅停車の旅 あきたにしましたあんべいいな

お気に入りに登録サイトマップ
サイト内検索
  >>サイト内検索の使い方
秋田鉄道年表 鉄道ランキング 鉄道資料館等 駅名検索
プロジェクト マメ知識 リンク集 メール

秋 田 新 幹 線
秋田の鉄道関連ニュース
パナソニックは、旧小坂鉄道の線路で自社製の単1乾電池99本を使った特殊ダンボール製の総重量約1トンの電車の走行実験を行い、地元小学生延べ34人を乗せて約8.5キロの区間を2時間かけて運行 (11/2)
小坂町は、寝台特急あけぼの号として使用した車両3両をJR東日本から購入し、小坂鉄道レールパークに宿泊施設として活用すると発表 (10/27)
アフターデスティネーションキャンペーンと国民文化祭のイベントとして、奥羽本線の秋田〜東能代間でC61形20号による「SLあきた路号」が運行 (10/18・19)
>>過去分を見る  

お知らせ

更新情報

鉄道関連ニュースを更新しました。(11/3)
プロジェクトのJR奥羽本線湯沢駅改築の記事を更新しました。(7/26)

更新履歴

このサイトに関するご意見やご感想などがございましたら、メールにてお知らせください。リンクはフリーです。

アクセスカウンター

  

最終更新日 2014/11/3
  

旅の入口

JR東日本
県内の要衝を結ぶ動脈を担っている国内最大の鉄道会社で、秋田県内は秋田支社が管轄しています。秋田新幹線への新型車両導入などサービス向上も見られますが、駅の無人化や列車本数の削減などの合理化が進んでいます。
  JR貨物
全国規模で貨物事業を行う国内最大の貨物鉄道会社で、秋田県内は東北支社が管轄しています。県内では、取扱駅や運行路線の廃止、列車本数の削減など衰退の一途をたどっています。
秋田内陸縦貫鉄道
旧国鉄阿仁合線と角館線を引き継いだ第三セクター鉄道です。経営状況は危機的で、廃止も検討されていますが、女性運転士採用やマイカー回送サービスなど経営姿勢はとても積極的です。
  由利高原鉄道
旧国鉄矢島線を引き継いだ第三セクター鉄道です。開業当初は黒字でしたが、最近は乗客の減少に歯止めがかからず苦しい経営が続いています。
秋田臨海鉄道
秋田臨海工業団地の貨物輸送を担っている鉄道で、北線と南線があります。近年は企業の撤退やトラック輸送への切り替えなどにより路線延長や運行数が減ってきています。
  不思議な鉄道
県内には、法的には鉄道ではないものの構造は鉄道と変わらない乗り物が存在します。

失われた鉄道
秋田県内はかつて鉄道路線の宝庫でした。しかし、モータリゼーションやエネルギー転換、沿線の過疎化などによりその役目を終え、原野に帰っていった路線が数多くあります。ここではそんな失われた鉄道の、ありし日の姿を思い描きながら辿った廃線跡について紹介しています。

line1
line2
Copyright© 2005-2014 Matagi☆Fighter サイトについてサイトQ&A参考文献管理人独り言