<<前のページ| 次のページ>>
2017年6月23日(金)
「オモシロき事は善き事哉。」

…と言ってみたものの、基準は人それぞれなんでねぇ…(苦笑。
…あるいは『なるがまま成せばいい』とか。

>近況とか
 さて、サブタイで気付く方は少ないでしょうが、「有頂天家族」が(まさかの?)2期目をやっているので、
 1期を見直したり、新作を途中まで見ていたりとか。
 (サブタイのは1期の方のアレですが、見ようによっては死亡フラグ…)

 まあ、人を描く為に「人でないもの」(本作では狸と天狗)の視点を借りている本作ですが、
 単純にドラマだけを見ていくなら、やはり6期目の「友人帳」シリーズには敵わないかも、とか感じたり(ぇ。
 特に天狗側のキャラ達が、多くを語らない(或は語るシーンを作り出す演出が無い?)からなのか、
 下鴨一家の面々に比べて、狸と天狗の差なのか、真意を測りかねる部分が有りますね、
 もしかしたらそういう意図なのかもしれませんがっ。

 で、サブタイの話に入りますけど、人ではなく「狸」なればこそ「面白可笑しく生きる」自由を語る事が出来、
 人ならば妥協して話が終わってしまう所をドラマにしてしまう手管は興味深いですし、
 自分もまた、日々のモデラー業の中で「俺が面白いと思った事をやる」とか、
 「こういうのをやってみたかった」ってのは共感を呼ぶ部分ですし、今回の結末も、
 キッチリと見届けておこうかと(ぉ。


>無駄遣いとか
「1/35 T-72M4CZ」(トランペッター) *3個目
 …一応給料日ですし来月には賞与も出るって事で仕込んでみたり(ぇぇぇ。
 以前にも書いた気がしますが、チェコで運用されている軍用車両は、このM4CZのみならず、
 青とか黄緑を用いたヘンテコな迷彩パターンが非常に多くて、
 1個はそれでやるにしても、やはり残りのやつは普通にロシア風迷彩、…ってのが良いかなと。

 まあ、現状の英国面シリーズが落ち着かないと、この辺のキットには手を付けられないので、
 …いつになるかなと(溜息。


「Re:ゼロから始める異世界生活」13巻(長月達平、MF文庫J)
 …いつの間にやら出ていた新刊とか。っていうか、やろー2人が表紙なんて誰得なんだと小一時間(ry
 さて、お話的には前回の修羅場っぽい所からのスタートですが、
 そこを切り抜けてから?は今回の聖域編も解決に向かうみたいで、
 今回もさることながら、次回も期待してみようかなと(ぉ。


>本日のお写真
「1/35 T-84 オプロート」(トランペッター)…のパッケとか。
 …下記事のT-55に比べると時間軸が随分と飛んだ気がしますけど…まあいいかなと(ぇ。
 購入時のコメントにも書いた気がしますが、ソ連崩壊後、南部のウクライナは独立国家となりましたが、
 ロシアとは違う形で独自のMBTを配備する状況になっています。
 (ロシアではT-90シリーズを経てT-14、東欧ではT-72の近代改修)

 で、このT-84なのですが、元々ウクライナはT-80シリーズの工場が有ったそうで、
 ソ連時代のT-80U(ERA装備のシリーズ)にエンジンをディーゼルに変えたUDを経て、
 現時点での最新型がこのT-84と言われています。

 …ただまあ、例によって生産ロットや時期による違いが有るみたいで、
 オプロートとオプロートM(近代改修型)も有るとかで、…まあいつかキット化されれば分かるかも、とか(苦笑。


では、皆様も良い週末を。

2017年6月16日(金)
「え○まんが師匠。」

自称は勿論、他称でも恥ずかしい名前だなと(苦笑。
…商業誌位なら多少は語れるかも、とか思ったり(ぇ。

>近況とか
 さて、今期はタイトルで敬遠してしまいがち?なあにめが幾つかある感じですが、
 「エロマンガ先生」の方は上手く隠しつつ?お笑い方向に振っていてクスリとしてしまいますね…。
 対して、「sin」の方はどストレートにやってしまっている関係からか、
 自主規制のアレとかソレとかのせいも有って、放映バージョンはあんまり楽しくないかも、とか(ぇ。

 まあ、個人の好みの問題も多々有る(と言うより殆ど)とは思いますが、
 適度にギリギリの所を狙って絵的・お話的に面白いモノ、の方が自分は好みなので、
 今後更に円盤まで購入するかどうか、ってのはやはり…!?

 …にしても、最近本当に時間が無くて全然見れていないなと(苦笑。


>無駄遣いとか
「未踏召喚://ブラッドサイン」7巻(鎌池和馬、電撃文庫)
「エロマンガ先生」9巻(伏見つかさ、同上)
 …てなところで今月の新刊ラノベを2冊。昨今目がアレしてきてしまったせいも有り、
 電車の中で文庫を読む事が出来なくって来たため、流し読み程度しかできておりませんが、
 片方はアニメが絶賛放映中ですし、何とかせねばと。 <最近そればっかり

 後書きによると、何やら「俺妹」のスピンオフ系で単行本が出るみたいですし、
 そちらも期待しておこうかなと(ぉ。


>本日のお写真
「1/35 T-55AM2B」(TAKOM)…のパッケとか。
 すぐ下のそれとどう違うんだ、的なアイテムですね、実際ぱっと見は区別が付きませんがっ。

 さて、96,000台とも言われる生産数を誇るT-55シリーズですが、
 中国でライセンス生産された車両は69式と呼ばれることが多いのに対し、
 東欧諸国で生産された車両は増加装甲や火器管制装置の更新等で近代改修されたタイプが有り、
 それが「〜AM」と呼称される訳ですが、無印から更に風量計を追加して命中精度を上げたのが
 今回の「AM2B」だそうで、パッケイメージは東ドイツの車両だったり。
 (ポーランド及びチェコ版のマーキングもキットに付属します)

 気付きにくい?話ですが、過去にリリースされた同社のチーフテンMK.10のパッケと対になっていて、
 ベルリンの壁を挟んでチーフテンと同車が…って感じにイメージが有ったりして。

 聞くところによると、ベルリンの壁が崩壊した後、西側関係者がこのAM2Bを検分したところ、
 元々のシンプルさも手伝ってか、思った程貧弱な装備でも無かった(!?)そうで、
 評価はそんなに悪くは無かったとか。

 …にしても、いつ組んだものかと(汗。


では、皆様も良い週末を。

2017年6月9日(金)
「ぷらもフレンズ。」

強敵改め『難物キット』と書いて「ふれんず」と読んでみるテスト。
…あるいは「いいね」ボタンの代わりに「すっごーい」ボタンとか(ぇ。

>近況とか
 さて、既に本放送は終了しておりますが、ネットでは普通にリピート一気見とかできるので、
 何度か観ている作品ではありますが、やはりユルめの雰囲気が好みかなと。

 ゲストキャラの中ではビーバーさんの回が(中の人効果?)お気に入りで、
 きびきびとすばしこい福ちゃんの絵面が想像できてしまうなと(ぇぇぇ。

 …そういえば本編映像では気が付かなかったのですが、
 グッズのイラストを見ていると、デザイン案がケロロ軍曹の人なんだな、と腑に落ちたり(笑。


>更新とか
「AFV置場」に「チーフテンMk.2・製作編」を追加(展示室)。
 …だいぶ経ってしまった感じがしますが、まあこれだけはやっておきたかった、って所で(ぉ。
 本文にも書きましたが、当方にとってチーフテンは好きな車両の一つ、という事で
 それなりに手を加えた作例になりましたが、工作面で「慣れておきたい事」が有った分、
 思い入れの少なめな初期型車両から、ってのが有りまして、…次はもっとうまく出来るかな、とか(汗。

 因みに現代版大戦略とかをプレイすると、ドイツとイギリスが双璧になる感じで、
 航空戦力を加味すると米軍が勿論圧倒的ではあるものの、やはり地上戦力が強力な
 生産タイプは強いので、色々遊んだなと(遠い目。

 まあそんな感じで撮影編画像は溜め込みまくりですが、…いつやろうかと(滝汗。


>無駄遣いとか
「1/35 Chieftain Mk.10」(TAKOM)×2個 (合計3個!)
 …そしてついにチーフテンの(キット)調達計画が完了してしまう罠。
 (製作)配備計画としてはBATUSカラーとNATOカラーでそれぞれ組んでいこうと思っているのですが、
 何処かでダズル迷彩にもチャレンジしなければならず(!、良い具合に店頭在庫も有ったので(!、
 とりあえず組立作業は同時に進行できるんじゃないかと。 <をい。

 スティルブリュー装甲を装備した最初の量産タイプになりますが、
 ドイツ現用車両などと同じく、砲塔上面に公道走行時用のパトランプがこの型式から標準装備になっているみたいですが、
 …Mk.11のカラーガイドを見ると付いていないんですよね…
 組めばわかるかもですがッ。


「1/35 Tiran 4」(TAKOM)
 …ついでに新製品も買ってしまう罠。「ティラン」シリーズはイスラエルが、
 シリア及びエジプト軍で使用されていた、T54/55/62の各戦車を鹵獲して改造した車両ですが、
 元の車両の違いによってティラン〜の後に4/5/6の番号が振られている訳ですね、
 5と6は既にタミヤとトランペッターからリリースされていますが、まあまさかの「4」なわけで。

 で、カラーガイドを見ると結構色んなパターンが有るみたいで、…どう作るかな、と妄想してみたり(をい。


>本日のお写真
「1/35 T-55AM」(TAKOM)…のパッケとか。
 …みんなろしあせんしゃのなかまだよ、と言ってみたり。 <読みづらいわ
 さて、T-54及びT-55は各型合わせて96,000台もの生産数を誇る訳ですが、
 キットが出るまで、こういった近代改修バージョンが存在した事すら知らなかったり。
 (末尾の「M」というのがModernizedの略称らしいです)
 …や、ニュース映像とかでは無印か精々A型か、って程度でしたし(汗。

 外観的な特徴は砲塔部周囲の増加装甲ですが、それ以前の型式ではのっぺりした印象の砲塔でしたが、
 追加装甲だけでここまで変わるものだなと。

 でまあ、そもそもモデラー的にヤラレメカの印象しかない(ぇ、T-54/55シリーズは買う予定も無かったのですけど、
 ちょっと格好良く見える以上は組んでみたくなるのが悲しいサガだなと(汗。

 …で、いつになったら組む順番が回ってくるかなと(脂汗。


では、皆様も良い週末を。

2017年6月2日(金)
「ヲタリーマンの148ヶ月目。」

『ワタシの名は模黒組造、(中略)
 ワタシが扱うのはプラモ、
 ヲタクのココロでございます。』


>近況とか
『この世は老いも若きも、ヲタクも腐女史も、ココロの寂しい方ばかり、
 そんなキットのパーツのスキマ、お埋めします』
…的な感じで(ぇぇぇ。

 …さて、今日のお客様…ではなくて新規のリニューアルアニメの話ですが、
 かつて大平透氏の怪演が光ったアレを、今回は玄田氏が演じておられますが、
 (大平氏のご指名だったとも言われてますが)慣れてくると違和感が消えていくものだなと。

 昔のシリーズが放映されていた頃は、ニートとかヒキコモリ、或は自宅警備員(!、
 といった概念も無かった気がしますし、「〜廃人」っていう言い方も無かったかなと。

 まあ、歳食って色々と経験してきたからのか、他人事ではないお話も多いですし(ぇ、
 ちゃんとコントロールしていかないと…(汗。


>無駄遣いとか
「のんのんびより」11巻(あっと、メディアファクトリー)
 …今週は取り敢えずの漫画がまず1冊だけですね…。
 順調に巻数を伸ばしていますが、何か薄くなっている様な気がするのは…(苦笑。

 でまあ、帯によると早くもアニメ3期が決定したとかで、…今回も原作エピソードが足りない気が…。
 もっとノンビリやって貰っても良いんですがねぇ…円盤購入資金も無いですし(ぇ。


>本日のお写真
「Panzerhaubitze 2000」(MENG)
 …月替わりなので作例画像とか。
 完成から結構経つ気がしますが、IV号纏めての後に怒涛の製作数だったので、もうそんなに前なのかと(汗。

 さて、世界でも屈指の性能を誇るPzH2000ですが、改めて見るとやはりマウスっぽい印象が有りますね、
 タコムからマウスのキットがリリースされた折、パーツの大きさをぱっと比べたら、
 マウスの方が少し大きかったのが印象的かなと(ぇ。

 さて、レオパルト2も含め、NATO諸国の事実上の標準装備になっている同車両ですが、
 戦後のドイツ車両はとにかくロービジというか、大戦期のそれと比べて随分様変わりしていますね、
 現状イギリス車両メインなのでこちらはマーキングの変遷が見え隠れしていますが、
 ドイツ連邦ものは工場出荷時に、この3色迷彩が施され、部隊配備後のメンテナンスにより、
 順次個性が出始めるとか。

 …まあ、3個組んだ内でも、本国仕様が一番地味ってのが意外だったなと。


では、皆様も良い週末を。

2017年5月26日(金)
「ep.7 〜英国面の覚醒〜」

『過ちを認めて、次に生かせばいい。
 それがオトナの特権だ』
(by フルフ○ンタル)
…てな感じで行ってみようかと(ぇ。

>近況とか
 のっけからアレなパターンですが、モデラーとしてのスキルアップって、
 多分こういう事なんじゃないかなと(汗。

 まあ、当方は重度の模型依存体質になっておりますが(!、
 それなりに評価を頂ける様になるには、やはり完成数という経験値が必須ではないかなと。

 とはいえ、昨今は特にキット自体の値上がりも有って、昔みたいにホイホイとお気楽に
 組めない感じになってきていますが、思い入れがあるからこそ、高額なキットをあえて買う訳ですし、
 「好きすぎて中々組めない」「上手く作りたいけど自信が無い」ってのも事実かなと。

 このサイクルは結果的に、積みキットばかりが増えていく結果を生んでいきますが、
 その状況を打破する上でも、まずはコレクションの中でも比較的思い入れの低いアイテムを選んで、
 「まずは作ってみる」というのが第一歩ではないかなと。

 …で、自分は今年英国ものを重点的に組んでいる訳ですが、
 そもそもの発端がAM誌でのイギリス戦車特集号に有った「チャレンジャー1」作例でして、
 「これを作ってみたい」と思い立ったものの、追加工作の方向性とか、
 塗装時の塗料セレクトとか、勝手が良く分からなかったので、
 年末年始の休みを使ってまずはマークスマンを組んでみた訳ですね…色塗りはつい最近でしたがっ。

 その後、色塗りの方向性を確認すべくコンカラーの製作に入った訳ですが、
 WW2前後の車両に見られる特徴的な迷彩は見事に失敗して(!、ほぼ単色になり、
 現用系イギリス迷彩を今回のチーフテンMk.2でテストしている次第で。

 そんな感じでイギリス車両の製作経験値を稼いで最終的にチャレンジャー1まで行くのが
 当方の英国面の区切りとなる予定ですが、大戦末期の迷彩パターンはまだまだなので、
 その後の大戦もの英国戦車の類はどうクリアしていくべきかなと…。

 まあ、失敗したところで、って割り切れる様になるまで、結構かかりますよね…(苦笑。

 それ以前に
『認めたくないものだな…』
 ってボヤいてしまいそうですがっ。 <をい


>無駄遣いとか
「1/35 BMR-3M 地雷処理車」(MENG)
「1/35 T-84 オプロート」(トランペッター) *2個目
 …さて、予約物とか余計な買い物とか(汗。
 イラク戦争以降、現代戦は低強度紛争の時代に入っている感じがしますが、
 ソ連はアフガン侵攻以来、対地雷処理車両の実戦投入を行ってきており、
 その最新シリーズがこのBMR-3という事だそうです。

 んで、更に近代改修の要素を盛り込んだため、末尾に「M」を付けておりますが、
 マインローラー以外では、前と側面にERAがびっしり付き、T90と同じリモコン機銃が付き、
 NBC防御システムに生活サポート機能?(トイレと冷蔵庫が有るらしい)が付いて
 長時間の任務にも対応できるらしく、…思っていたよりも凄い車両なのかも…(ぇ。

 他、2個目のオプロートは(ウクライナですけど)やはりいつもの?2パターンの迷彩をやってみたい、
 と言うだけの理由で2個目の調達をしてしまいましたが…、
 や、まあ、トラペはキットによっては再販がアレなケースが多いんで…ねぇ…(苦笑。


>本日のお写真
「1/35 Chieftain Mk.5」(タミヤ)…のパッケとか。
 …先週の今週でのご登場パッケとか(汗。
 下記事でほぼ書くべき事は書いてしまっている感じですが、絵的な古さは有るよなと。
 コンカラーが特に顕著な気がしますが、2次元でのイメージと実際にキットを組んでからの印象を比べると、
 ギャップ萌えと言うべきなのか(をい、イラストイメージがアレな分、
 出来上がってみると「アレ、意外とカッコ良いかも…」と思わせる事が多いですね、イギリス車両って(笑。

 でまあ、このチーフテンもイラストで損してる部分は結構あるというか、
 現在最新のタコムキットのパーツと見比べてみても、そんなに悪くはないですし、
 実車の綿密な取材が出来なかった時期にこれだけのキットがリリース出来た、ってのが
 タミヤの凄い所なのでは、と改めて感じますね…

 まずは完成させねば、最終的な評価は下せませんが、頑張らねばと(をぉ。


では、皆様も良い週末を。

2017年5月19日(金)
「人気プラモのつくりかた。」

女子モデラーを題材にしても面白いゲームにはならないなと(汗。
…まあ、言ってみただけなんで細かいツッコミは無しで。

>近況とか
 さて、以前の日報でも書きましたが、最近段々と忙しくなって来ていて、
 中々時間が取りづらくなってきましたが、そのシワ寄せは本体の更新(主に撮影編)に出ておりまして、
 春アニメはデレマス劇場くらいしか継続視聴していませんね…なんてこった…。

 でまあ、帰宅後の1〜2時間はほぼ模型、土日も起きたらまず模型、
 パソコンは休みの日でも夜だけしか動かしていないといった状況になっていて(!、
 …何処かで完成品の画像り整理くらいはやっておかねばと(滝汗。


>無駄遣いとか
「1/35 Chieftain Mk.5」(タミヤ)
「1/35 Chieftain用キャタピラ」(TAKOM)
 …そしてまた英国面シリーズとか(爆。
 現状、モデラー諸氏の英国面といえば、タミヤイタレリの「クルセイダー」でしょうが、予約も入れておらず、
 瞬殺で店頭から消えたらしく、取りあえず『マジですの!?』と言ってみたり。

 まあ、当初は買うつもりが無かったアイテムですが、タコムのキャタピラが有ったのでセットで買った次第。
 (元が古いせいも有り、ベルト式キャタピラの素材がポリ素材なので、色を塗るならキャタピラは交換推奨、
 フリウルモデル以外にも別売りのキャタピラは有りますが@5000-クラスですし)

 で、中身を確認してみると、キットはMK.5と銘打ちつつも車体はMk.2ベースの改装車両みたいで、
 タコムのMk.5と組み比べてみようと画策していたり。

 …あ、因みに当キットは1975年製で、MMシリーズとしてはかなり古参の68番となっています。
 最新のバレンタインが350番台なので、チャレンジャー1やセンチュリオンMk.3と並んで、
 完全新金型でリニューアルして欲しいアイテムでもありますね、
 …欲しがっているのは自分だけかもしれませんがっ。


「妹さえいればいい。」7巻 ドラマCD付き特装版(平坂読、ガガガ文庫)
 …秋アニメが決定したタイトルの最新刊とか。
 以前にもドラマCD付きがリリースされていてつい買ってしまいましたが、
 …えっと、絵的にも音声的にも色々とヤバ目のネタが多い作品なので、…放送できるのかなと(ぇ。

 で、気になったのは前回のCDの時と違って一部のキャストが変わっている事でして、
 アニメではどうなるのかなと思ったり、内容のアレさで事務所か本人がNGしたので無ければ良いなと(をい。

 『何してんのよアタシ…』の脳内変換を今後何方ですればよいのかなと(をい。


>本日のお写真
「人気声優のつくりかた」(mint CUBE)…のパッケとか。
 …そんな感じでサブタイの元ネタ画像とか。
 CUBEブランドはかつてのF&C(02?)のスタッフが抜けて設立されたっぽい感じがしますけど、
 そこから何年も経つと、絵的な印象はかなり独自色が出てきた感じがしますね…昨今はプレイ本数が激減なので、
 あまり語れるほどではないんですがっ。

 …で、カントク氏原画のシリーズによって一気にCUBEの看板が変わった気がするのですが、
 mint〜の方はまだ方向性が定まっていないのか、前作「あま恋シロップス」が適度にユル目のラブコメ作品だったのに対し、
 本作はヒロインを3人に絞ってストーリー重視っぽい方向になったのかなと。

 まあ、当方もアニメ関係は何気によく見ているので、声優業界というものを外側からは知っておりますが、
 人気が出て売れっ子になるまで、かなり厳しい世界だというのは何となく分かるかも。

 んで、作品中では人気が出始めたヒロインに、中々芽が出ないヒロインと、声優になったばかりのヒロインが登場しますが、
 それぞれのお話の中でお芝居の幅をさらに広げていく過程とか、ひょんな事から当たり役を掴むお話とか、
 経験を積み重ねて成長していく過程が描かれていて、中々によく出来ている印象を受けたかと。

 まあ、え○げならではの役どころも有るかと思いますが(!、
 個人的には、いつみ女史の人外キャラのお芝居の下りがお気に入りで、
 …最近、色々とアレなセリフがぽんぽんとアニメでも出てくるようになりましたが、
 (俺は大喜びだけど)いいのかなソレ、とかちょっと心配になって来たかも(ぇ。


では、皆様も良い週末を。

2017年5月12日(金)
「をたせるく。」

「黒の模型士」とか呼ばれる日は有るのかと(をい。
…着実に模型業に狂っているハマっている気がしますが、どうかなと(ぇ。

>近況?とか
 さて、昨年末あたりから新シリーズが始まっている「ベルセルク」なんですけど、
 そういえばこれ、最初のTVシリーズからまるっと20年経つんですね…歳食ったなと。
 (放映当時はそのバイオレンス性も有って深夜枠ならではのアニメとして話題になった記憶が…)

 んで、アニメ関連は劇場版3部作(黄金時代編)が2012年、で以て今回のシリーズは
 その後のお話になる訳ですが、(原作読んでませんが)確かに展開早いなと(ぇ。

 イチャモンを付けるとすれば3DCGで描かれたキャラ達になりそうですが、
 鎧や剣といった無機物の描写には非常にマッチしているものの、顔とか動きとか、
 少し人形劇っぽい感じになってしまうのがネックかなと(ぇ。

 …や、CGになって一番格好良くなったのが髑髏の騎士ですけど、
 中の人の名演も有って、剣圧で「神砂嵐」とか繰り出せそうなくらいですね…(をい。

 あ、もういっちょ難点を挙げるとすれば、「重さ」表現になるかと思いますが、
 某劇場版以降、砲弾と装甲のせめぎ合いの音とかで耳が肥えてしまったらしく(!、
 ガッツの剣戟音が単調な気がするんですよね…。

 まあ、ザコの類を薙ぎ払う程度であれば問題ないのですが、
 鎧ごと切り裂いたりとか、1期のクライマックスで石像みたいなの(?に剣を立てますので、
 この辺の衝撃音とかが重さを感じさせるようになっていたら、
 アクション部分ももっと良くなったのにな…とか。

 4月からは第2シーズンも始まっていますし、ぼつぼつ見ていこうかなと。 <結局見るのか


>無駄遣いとか
「新約 とある魔術の禁書目録」18巻(鎌池和馬、電撃文庫)
 …そんなこんなで本日はラノベ新刊とか。…プラモは来週かな…(汗。
 さて、グレムリンから魔神、魔神から理想送り編へと続いてきた新約シリーズですが、
 ここへきて終にというか、ほぼ最初期から登場しているのに出番が少なかった統括理事長がメインになりましたね、
 ある意味ではこのシリーズが上条君のラストバトルになる、…かもしれないなと(ぇ。

 以前に書いたかもしれないのですが、統括理事はどちらかと言うと科学そのものを追求する
 自己目的的な人物の様な気がしていたのですが、
 TVシリーズでも所々で『計画』と口にしていたのは、科学の深化や発展によって、
 最終的に魔術を否定・根絶する事だったのかなと。

 まあ、ヒトの探求心は木原一族を例に挙げるまでも無く際限は有りませんが、
 旧シリーズの中で幾つかの十字教が変容し、残るは最初から登場しているアレだけなので、
 まあラストの展開はそこへ来たか、という印象を受けるかなと。
 (今回あの方の素性も判明する形になりましたし)

 …で、気になるのは今回の騒動が集約する段になって、
 学園都市は勿論、魔術サイドの各陣営がどう落ち着くか、
 長く続いたシリーズであるが故にストーリー的な落とし処も非常に気になるなと(をぉ。


>本日のお写真
「フルキス」(戯画)…のパッケとか。
 …今の所、最後に買ったゲームタイトルとか(ぇ。
 まあ、シリーズも5作目くらいになると、安定感のあるタイトルになった、って感じがしますが、
 やってみた感じとしては、まさにそんな印象を受ける作品になったかなと(ぉ。

 ストーリー的には新学期に出会った美少女達と恋人になるまで、っていうごく一般的なものですが、
 今回はルート分岐ではなくフラグの有無でルート確定・ない場合はノーマルEND、っぽいスタイルになっていて、
 2周目以降にセーブデータを使おうと思ったら使えなかったりする罠が…(ぇ。

 ヒロイン属性は先輩・(初対面寄りの)クラスメイト・幼馴染クラスメイト・後輩、の4タイプになっていますけど、
 ギャップ萌え的要素が有るからのか、友達みたいなところからスタートした幼馴染が個人的にはツボかなと(ぉ。

 や、まあ、確かに(色んな意味で)黙ってさえいれば…って女性は確かに存在しますけど、
 アホの子過ぎても駄目ですし、ヲタの視点で「萌える」「惚れる」キャラにするには、
 サジ加減が難しいんだろうなと。

 あ〜、リアルだとキッツイねーちゃんとか頭の回転が鈍い子も多いですからねぇ…(マテ。


では、皆様も良い週末を。

Back
作業日報

日々の感想記です