第31回 迷惑行為ここに極まれり

 皆さんの職場には『将来の節税と年金対策のためにマンション経営をやりませんか〜』とかいう迷惑電話は掛かって来ますか? ウチの会社(直通電話)には少なくとも週一回は掛かって来ます。(ひどいときには一日に2回とか)
 普段は直通で電話が掛かって来ても「○○株式会社でございます」としか言わないので、向こうに不用意に名前を知られる事はありません(一旦名前がバレると、延々と名指しで電話掛けてきてくだらない話につきあわされる)。
 しかし、この間ビックサイトの展示会で立ちんぼ(説明員)をしていたとき、堂々と受け付けを通して人の名刺を収集に来た非常識なマンション経営会社のバカ営業がおりまして、屈辱的にも名刺交換をさせられてしまいました。展示会の受付で「御社のソリューションを全て紹介して下さい」などと言われたら、相手の腹づもりが分かっていても断る理由がありませんからね。で、もちろんその野郎は、1秒たりとも展示の説明など聞いていきませんでしたよ。いきなり名刺交換をして、さっさと居なくなりやがりました。
 腹立たしいこと限りなし!!
 そして展示会終了後にそいつから電話が掛かってきて、今度会いたいからと予定を聞かれたまでは良いとしても、早速他のマンション会社から名指しで電話が掛かってきましたよ。どうもヤツらは裏で名簿の売り買いでもしてるんでしょうね。
 こういう下衆野郎を飼ってる会社などさっさと潰れてしまえばいい。社会のゴミだ。核廃棄物より質が悪い!!
 そもそもマンション経営など、儲かるはずはありません。奴らが言うマンション経営の利点など、詐欺同然の嘘っぱちであります。

・今後独居世帯が増えるので、マンション/アパート需要は増す
それは人口密集地域(東京、神奈川、千葉、埼玉)だけの話。
そもそもそういう地域は土地の値段が高いので、莫大なローンを組まされる。さらにマンション経営会社が仲介に入り、中間搾取の分まで割高になる。
・土地、マンション/アパートという価値の減らない資産が残る
マンションやアパートなど、5年も経てば劣化が目立ってくるので資産価値がどんどん減ってくる。古くなればなるほど家賃を安くしなければ人は入らないし、マンション経営会社に家賃をピンパネされ、すぐにローンの支払いもショートする。
土地の値段は今後高くなることはなく、価値が減るばかり。もうバブルはこの国では起こらない。
・老後はマンションの管理人をして、家賃収入で悠々自適の生活
いい加減体にガタが来た老体にむち打って、安アパートにしか入居できない訳ありの店子の面倒を見させられ、終いには孤独死の死体の後始末でやらされる。
そこまで行けばラッキーな方で、大概は途中でローンがショートしてアパートは競売に掛けられる。残るのは莫大なローンのみ。

 マンションやアパートの経営は、土地代がタダの(つまり先祖代々の空き地を所有している)場合のみに成り立つ話であって、自分で土地を買ってやることではありません。最悪どうしてもマンション経営をやりたければ、絶対に管理会社など通さすに全部自分一人でやることです。そのほうが、圧倒的にコストが掛かりませんからね。
 いつも思うんだけど、あんなマンション経営なんて詐欺みたいな事を人にやらせようとする悪辣企業で働いてて恥ずかしくないのでしょうかね? 職業に貴賎はないと言うけど、人を騙すような仕事は貴賤以前に存在価値はありません。企業はその経済活動によって社会に貢献すべきものですが、彼らは人に迷惑を掛けるだけで全く貢献などしてはいませんから。
 うさんくさい話に引っかからないように、皆さんも気を付けて下さいね。

第32回 『脱中国』のススメ

 尖閣諸島国有化に端を発した中国の日本に対する理不尽な行動の数々において、その原因は一体何処にあるのでしょうか。
 もちろん一部民衆のモラルや教育の程度が低い事もあるでしょうが、それは表層のことであって真の原因とは言えないと思います。
 また、理不尽な行動が日本にとって全く悪影響を及ぼさないのであれば無視しておいて良いのですが、この一連の問題が問題たり得るのは、日本が中国に対して切れるカードがあまりにも少ないという事です。そのために、日本はあらゆる嫌がらせを彼らから受け続けなければならなくなっています。
 これは、日本という国が、中国に対して何も価値を示せなかったという失策が原因であると考えます。つまり、今の中国人にとって、日本は必要無いものだと思われているのです。
 もし、中国人にとって日本とはムカつくけど必要であるという認識があるなら、嫌いだの何だのと言いながらもここまで露骨に攻撃されることはなかったでしょう。日本製品不買運動も、単なる負け惜しみで終わったことでしょう。
 しかし、もはや彼らの生活にとって日本製品は憧れの物でもなんでもありません。ぶっちゃけ国産やサムスンのでも問題なし、という状態になっています。
 日本が今まで中国に何をしてきたのか。それが今回の問題を紐解くキーワードとなります。

中国人の人口ばかりを有り難がって、中国人に喜ばれる製品・サービスを真剣に提供したのか

 企業はその活動をもって社会に貢献する物です。
 日本企業は「13億人の需要」を金看板にしてこぞって中国進出を行いましたが、本気で彼らに喜ばれる製品・サービスを展開をしたのでしょうか。
 彼らの低い賃金では買えないような高級品ばかりを輸出して、一部のお金持ちだけに喜ばれるような品揃えのままだったのではないのでしょうか。
 中国人の庶民が気軽に買えて、しかも便利!という物を売ることが出来たのでしょうか
 答えは否です。
 日本人はなんでも自分たち流を押しつけます。それが現地の人にも良い物ならそれはそれで良いのですが、結局日本流は受け入れられませんでした。受け入れられないのであれば、現地流に方向転換すべきだったのです。すぐ現地流にならったサムスンだのは売り上げを伸ばす事が出来ましたが、日本メーカーはいつまでも学習する事無くだらだらと日本流を貫き、終いにはシェアがほとんど無くなりました。
 つまり日本企業は莫大なお金を掛けて中国に行きながら、日本製品を有力なカードにすることが出来ませんでした。

中国を安い労働力としてしか見ていなかったのではないか

 商売相手としてではなく、製造現場として中国に進出した企業も多かったですが、その企業活動を通じて中国に対してちゃんとした企業価値の提示が出来たのでしょうか。給料を上げろとかそういう程度の低い話ではなく、この日本企業が働かせてくれるから助かるんだ、この企業がここに居てくれるから良いんだと、中国人に思わせる事が出来たのでしょうか。
 最近国内ではうさんくさいIR活動が幅をきかせていますが、同じ事を中国でもまじめに考えて行ってきたのでしょうか。
 これも、答えは否でしょう。
 単に、日本で採算の取れない生産工程を、中国人から搾取した労働力で補っただけなのではないのでしょうか。
 万が一日本企業が撤退したら、多くの人が泣いて困る様な状況を作るべきだったのです。単に彼らの労働力をかすめ取っただけの存在だったから、現地の工場は中国にとって有効なカードにならなかったのです。

いつまでも中国を侮ってないのか

 彼らの人口は日本人の約10倍です。本気で殺し合いになったら、日本人は10人の中国人を殺さなければなりません。
 国の力とは、こういう物です。
 もはや、中国は日本にとって決して敵うことのない大国となったのです。いつまでも「向こうはパクってばかりやん」だの「日本には先端科学があるさ〜」だのと、虎の威を借りたような空威張りをしていても埒があきません。だいたいそんな知財や先端科学が中国にとって何の有効なカードになっていない時点で、我々は威張る価値も何もないのです。むしろ彼らを本気で怒らせないようにするしか、我々日本には残された道はありません。(中国軍が全力で攻め来たら、いくら自衛隊が優秀であろうと我々の命が危険にさらされます。21世紀にもなって戦争する奴は単なるバカなのであります)
 そもそも、彼らの技術開発に掛ける予算や人的リソースは、遙かに日本を超えています。しかし、今の日本は技術開発の予算を減らすばかりで、一生懸命努力して国力を削ることに邁進しています。
 ヤレ震災復興だ困った人がいるだと、そんな『単純に否定出来ない単語』を大義名分にして開発予算を搾取する国賊が大手を振って歩いているのが我が国の現状であり、我が国の先端技術はほとんどが風前の灯火です。はやぶさ2の40億円なんてはした金すら削らないとどうにもならないこの貧乏国家が、なんで中国にマトモに勝てると考えられるのでしょうか。
 よくテレビ番組では「日本の技術はすごい!」などとつまらない特集を組んでおりますが、あんな物は自分が気持ちいいだけのオナニーと一緒です。いつまでも鏡を見て自分のちんちんばかりをしごいていないで、世界レベルでドン引きされるくらいの技術力を常に誇示しなければなりません。

中国に依存するな。中国から卒業せよ!

 中国の一連の行動は、長い時間を掛ければ沈静化するでしょう。しかし我々はそれを待つのではなく、中国とはある程度距離を置き、対等な関係に近づくべく努力しなければなりません。
 まず「13億の市場」などという幻想から目覚めるべきです。彼らは日本製だからといって、無条件で欲しがるような連中ではないのです。進駐軍にギブミーチョコレート!といってお菓子を恵んで貰った自分たちと一緒に考えてはいけません。13億人がそのまま日本にとって都合が良い市場だと考える奴は、もう一度中学校あたりから勉強し直した方が良いです。
 どうしても中国で物を売りたいのならば、中国人に喜ばれたいという明確な目標を定めなければなりません。
 次に、中国で物を生産するにあたり、彼らの労働力をもって日本で利益を上げるような、下衆なやり方は捨て去るべきです。そういう搾取でしか利益を出せないような会社は即刻倒産すべきです。彼らと共に働きたいといった、明確なビジョンを持って初めて工場を建てるべきです。
 そして、中国でのビジネスを通じて、中国に対する有効なカードとなり得ないのならば、彼らとのビジネスを諦めるべきです。そもそも中国人と日本人はあまりにも文化や物の考えが違うため、商売の相手としては最悪に近いです。探せば他にもっと話の分かる国があるはずです。例えばベトナムなどは、国民の気質が似ているので、今よりも友好的な関係を築けるはずです。中国相手にで失敗した事を素直に反省し、次の国では何かあったときに有効なカードを持てるように、真摯に対応しなければなりません。

現実的な脅威の排除

 結局我々日本人は、地理が近いとか人口が多いとか賃金が安いといった、あくまで自国の目先の利益ばかりを追いかけて中国と対峙してきました。そしてその結果が今の日中関係なのです。レアアースの輸出ストップや関税など、彼らが今まで何もしなかったことに胡座をかいて彼らから搾取することばかりを考えていたから、そういう痛いカードを続けざまに切られる事態となってしまいました。
 日本は今後、中国から利益を得ることは無くなります。だからこそ、彼らが居なくなったってどうって事のない体制を構築しなければなりません。日本製品は、向こうが欲しがるから売ってやる、彼らの工業原料は、向こうから売り込んできたから買ってやる。そういう付き合いにするくらいに、我々自身も痛みを伴うでしょうが、ここで改革しなければならないのです。そうしないと、今後痛いどころではない悲惨な結果になり得ます。北海道・本州・四国・九州の4つの島以外、全て外国にはぎ取られる様な事態になっても良いのでしょうか。
 脱原発やオスプレイ反対だのと、いつまで経っても癇癪を起こしたガキのわがままみたいな事を言っていないで、まだ日本に対して友好を示してくれるアメリカなどに歩み寄り、本当の脅威から身を守る算段をすべきです。この駄文を書いた時期では、アメリカは日本の立場に近い見解を示してくれています。アメリカの存在は中国にとって有効なカードとなります。この機会を活かし、今は日米同盟をより進めるべきです。

第33回 批判の根拠が『自分の妄想』じゃないか?

 先日ネットの相談コーナーで、『夫がアニメばかり見ててキモイ』(かなり意訳)という相談を見かけました。曰く、旦那さんは休日の暇な時にマンガやアニメをちょろっと嗜んでいるそう。部屋中をフィギュアで埋もれさせたり、壁という壁に素っ裸の幼女のイラストを貼り出すとか、そういう痛いことは一切やってないとのことです。もちろんマンガを買ってくるお金は自分のお小遣いからだそうです。
 さて、管理人などは旦那さんの行いは特段責められるべき物ではないし、家族サービスに何の実害も出していないのだから人の趣味をいちいちディスるなと思うのですが、パンピー(の皮を被ったプロ市民やら被害妄想の塊みたいな連中)曰く、そういうのは人間のクズだからすぐに離婚しろとか言いたい放題でした。まぁその辺は想定文言集に入っていることなので今更どうでもイイのですが、気になった書き込みが一つ(同一の内容の物がたくさんあったから気になりました)あったので、それを紹介します。
『アニメとかマンガの萌えキャラにハマってるキモヲタは我々女性に何を求めてるんだか、考えてるだけでキモい』
 さて、これが今回の主題に直結するのですが、人は『特定の団体を批判するとき、極端に振り切れた個人の特性がその団体を構成する全ての人間に当てはまる』と考えてはいないでしょうか。
 つまり、Aというグループに一人アホが居るから、Aというグループ"全員"がアホだと考えてはいませんか?ということです。
 当たり前のことですが、個々の欠点がその所属団体全員が持つ欠点だのと考えるのは愚の極み。身近な例を出すと、お隣の家のカ○ーラが事故を起こしたので、世界中にあるカロ○ラが絶対に事故を起こす!と言ってT○YOTAにクレームを出すのと同じです。(アメリカでは商売のためにそういうことをするたかり屋がいますが、そういう恥知らずは今回は議論の範疇にしません)
 そして、こういう事実誤認がよりひどくなると、実在しない人格を勝手に作り上げ、それを特定の団体に勝手に同化した上で、その団体を非難するといった事態になり得ます。
 皆さんの心の中にあるヲタク像を持つヲタが、一般にヲタとカテゴライズされる連中の如何ほどに当てはまるか知ってますか? 知らないですよね? 「いや、私の考えるヲタとは、世間に跋扈するキモヲタ全部に当てはまるのよ!!」とか思って居るのならば、それは確実に被害妄想であり思考停止状態なので可及的速やかに反省してください。
 例えば先ほどの”萌えキャラで現実の女性に何を求めているのか”といった意見ですが、これは確実に悪意のある人間に刷り込まれた嘘情報の結果です。だいたい、現実女性のウザさ加減に耐えられないヲタ共がイラスト絵を有り難がっているのが現実なので、正しく言うなら”現実女性には何も求めてないので、萌えキャラにハマってます”というのが萌えキャラ好きヲタの正体です。元々現実の女性なんか必要としていないので、おかしな自意識過剰をヲタになすりつけないで頂きたい!! と、ここで改めて声を大にして述べておきます。
 次に、同じような例として『嫌儲』(これ、何て読むんでしょうねぇ?)があります。
 お金を稼ぐ事が許せないようですが、これはとても危険な思想であり、かつ妄想が膨らみすぎた事実誤認が激しいように感じられます。
 こういった批判で良くやり玉に挙げられるのは大企業ですが、バブルの時はいざ知らず、21世紀になってから非常識に儲けた大企業なんてほとんどありません(と言うか管理人は知りません)。
 単純に、大企業だから儲けてる、利権があるから儲けてる、俺は知らないけどどこか汚いところで儲けてる、役人とつるんで儲けてるに違いない、談合や株価操作で儲けてるんだきっと! とか、自分の貧乏さ加減にねたみを込めてそんな妄想を膨らませてはいないですか?
 大企業には社員が多く在籍しているので、たくさんお金を儲けないとその人達の給料を払えないのです。また企業にはもっと課税しろとか言う人もいますが、企業のお金はその企業の物であって国民の物ではありません。そこに金があるから、儲けてるからと言って、納税義務を大義名分にして他人の金を当て込む浅ましい考えはそろそろやめにしませんか。そういう共産主義的思想は人間を腐らせます。努力の放棄と同義なのです。努力した人がより多くの利益を得るのは当然のことであり、そうでない物はそれ相応の報いを受けるのが当たり前なのです。働かざる者食うべからずというやつです。
 それに、大企業に勤めてるから分不相応にお金をいっぱい貰っているとか、そういうことはありません。そもそも会社の売り上げに応じて給料を貰っているので、ずるいとかそういうのは根拠の無いねたみなのです。
 「いや、そうは言ってもS○NYやPanas○nicの社員は俺に比べて倍近い給料を貰ってるじゃないか!!」と給料の安い企業にお勤めの方も多く居るとは思いますが、そういうアナタだってS○NYやPanas○nicに入社する権利は持っていたのですよ? 幸いこの国は職業選択の自由あははん(歳がバレるって)というのがあるので、結局学生時代遊びほうけましたとか、つまんない人間関係で青春どぶに捨てましたとか、頭の悪い親の元に生まれついたので努力してもまともな学校に行けませんでしたとか色々理由をあげつらっても、給料の安い企業に入らざるを得なかったのは全部アナタの責任ってやつです。権利を主張する以前に、まともな義務(お勉強)すら履行しなかったのだから、結果として今の安給にむせび泣く人生が確定しただけの話です。潔く諦めてください。逆に、大企業でいっぱい給料貰ってる人は、学生時代に酒も女も遊びもやらずにシコシコ勉強してたとか、親が金持ってたとか、頭の良い両親の元に生まれついたとか、それなりに正当な理由があるのです、それはずるいとか言うべき事象ではありません。(ちなみに管理人は頭も悪いし勉強もろくにしなかったので、ショボい給料で生きています)
 以上の例を見るに(例が二つしかないから母集団が少ないとかいう奴は無視します)、人は自分とは相反する何かを批判したいとき、思い込みを限りなく増幅する癖があるように思えます。なので批判する側とされる側が全く言葉が通じなくなる事が多いのでしょう。
 例えば、えちマンガやえちゲーの所為で幼女のレイプ事件が増えるとか言ってる奴が多いですが、だったら世の中にアダルトビデオが出てから性犯罪が増えましたかーとか、正論を言っても全然会話が成り立たないですよね。
 これは、奴らの頭の中にある”えちマンガやえちゲーにうつつを抜かす人間のクズ”のペルソナが、

……と固定しているからでしょう。
 いやまぁ、中にはそういうのも居るかも知れないけど、大部分はまともな学生とかサラリーマンであって、現実の幼女なんて興味無い奴がほとんど(興味ある奴はマンガやゲームなんてしてないよ……)です。
 人によって主義主張が違うのは当たり前であって、その違いを乗り越えるためには会話が欠かせません。(わかり合える事など出来やしませんが、お互いの事情を理解するくらいは出来るはずです)
 そして会話を成り立たせるためには、お互いの認識を共通化する必要があります。要は、会話を始める前に用語の定義からしなくてはなりません。そういった作業をしっかり行うことで、本当に非難すべき対象が顕在化するでしょうし、批判する対象が現実に存在しないと言った無意味な行動がいくらかは減るかと思います。そして無意味な批判が減れば、それだけ世間にあふれる軋轢が減り、よりよい社会になると思うのですがいかがでしょうか。

第34回 間違った嫌韓は日本の害である!

 最初に述べておきますが、特定の国が嫌いで批判することは良いんですよ。人類皆兄弟!とか、まぁ遺伝子的にはそれで合っているのでしょうが、言葉の通じない連中と仲良くしろなんて無理ですからね。ネットのチラ裏まできれい事を抜かしたりしません、管理人は。
 しかし、その批判のやり方を間違えると、本来痛めつけたい相手が某国では無く、日本に向いてしまうということが起こりえます。というか、現実に起こっています。

ヘイトスピーチが表現の自由だとか抜かすバカは、口を縫い付けて一生声を出すな

 隣国のお馬鹿な連中みたく、国際人として極めて恥ずかしい暴言をデモ行進で叫ぶ連中がいますね。
 それを表現の自由として構わないとか言うヤツが居ますが、そういう手合いは自由の意味を完全にはき違えています。本来自由とは社会的コンセンサスが取れた範囲内で、自分の権利を行使する事です。単に法律が無い(法律の不備ですよ)だけで、天下の往来で「朝○人は殺せ」だのと公言するのは権利の行使では無く暴力です
 何でも外国の真似をする風潮には反対ですが、ヘイトスピーチが諸外国では違法行為であることを今一度考えましょう。脳味噌の中までガラパゴスが染みついてどうするんですか。レベルの低い連中に合わせてプライドは無いんですか。
 あと、必ず「あれは半島人の自作自演だ!だから日本人は関係無い!!」とか「マスゴミは一部だけ誇張して伝えている!」言うヤツも居ますが、その意見には何も価値がありません。自作自演だろうと誇張だろうと、我が国の国土でああいうバカなことが見過ごされている事実をもっと真剣に考えてください。叩くべき相手は自作自演の半島人では無く、それを見過ごしているデモの主催者の無知蒙昧でしょう。

アニメで韓国料理が出てくるのが気に入らなければ、一生焼き肉を食べるな

 今更で大変恐縮ではありますが、とあるラノベがアニメ化されたもので、原作がおかゆだったのがサムゲタンに変わっただけでアニメの朝鮮化がどうのと大騒ぎしている連中が居ます。(注:サムゲタンは韓国でも食べられているそうですが、元々は中華料理です)
 一体日本の国益の何を守りたくて、Amaz○nで理不尽な不買運動をしているのでしょうか。全く理解出来ません。どこかのエライ人、頭の悪い管理人にもわかる様に、アニメの1カットでおかゆがサムゲタンに変わっただけで国内でどのような不利益があったのか、具体例を挙げて説明してくれませんか。
 ちなみに似た例で、以前韓国の外注が勝手に背景にハングルを書き込んだという事例がありました。管理人は、それは非難すべき根拠はあると思います。本来、外注が発注元の指示に反して納品物に改変を加えることなど、越権行為も甚だしいですから。そして、最悪日本の発注元を責めるにしても、瑕疵がある成果物をそのまま放送してしまう事態になったことに関して、外注管理の甘さを指摘されるのはしょうが無いと考えます。
(もちろん色々とやむにやまれぬ事情があるのは十分察しますが、現状の国民感情から言って少々叩かれるのも仕方ないかと)
 しかし今回の場合、サムゲタンに変わったのは発注元による演出であります。
 日本人スタッフが自らの意志によって、アニメでは見栄えの悪いおかゆをサムゲタンに変えたからと言って(もちろんもっと上手いやり方はあっただろうにと思わないことはありますが)、それを嫌韓と勝手に結びつけて騒ぎ立てるのは全くお門違い、勘違いも甚だしいという物です。
 例えば、原作では声優を目指していた青山さんがサムゲタンを食べさせて貰ったことで、いきなり韓国料理のコックになる!などと言い出したのならば『やり過ぎ』『原作レ○プ』と誹られてもしょうが無いと思います。アニメ化にあたり、あらすじのレベルで物語りを変えるには、それ相応の根拠(アニメという媒体上、原作のままでは演出が崩壊するとか、アニメならではの面白さをより増す為とか)が必要です。
 しかし今回の事例では、おかゆがサムゲタンに変わったからと言って青山さんの言動で韓国寄りの発言が一言でも出たのか、という事です。単にネタとしてサムゲタンを出した程度でいちいち批判サイトまで立ち上げて、そんなに国内企業を叩きたいのでしょうか。サムゲタンを批判する連中の敵は、日本のアニメの制作会社ですか。本来ならば一番保護しなければならないところを痛めつけて、一体何がしたいのでしょうか。

 本項の最初にも書きましたが、批判することそれ自体を否定するつもりはありません。そうやって切磋琢磨し、生き残った物が人類にとってよりよい物のはずでしょうから。しかし、気に入らない物を抹殺するのはファシズムと同じです。
 最近、自分の気に入らない物を社会から抹殺しようという動きが酷くないですか。
 それがあまねく人にとって害悪になるのならば抹殺しても良いでしょうが、単に趣味が合わないだの、自分が嫌いというだけで、決してそれが存在することによって損害を受けることが無いのに攻撃対象にすることは、絶対に間違いです。損害を受けることが無いのだから、無視していれば良いのです。
 何かを批判するならば、まず自分や日本の国益に現実として悪影響が在るかどうかを確認し、そして正しい相手を痛めつけられるように行動してください。
 下らない感情論で、批判の矛先を間違っている様では、正しい批判にならず、社会の害悪に成り下がるだけです。

第35回 質問サイトに蠢く名状しがたい知ったか乙な者共

 管理人はたまに○K WAVEで知ったかぶりな知識をひけらかす偽善者かつお節介野郎なのでありますが、そこで他人様の回答を見ていると、間違った回答にはある程度のパターン化が出来るなぁと常々感じております。
 もちろんその主たる原因は自分でも書いているとおり知ったかぶり乙なのでありますが、とりあえず目立つパターンをいくつか以下に挙げてみます。万が一これから○K WAVEでお節介を炸裂させようとみなぎっているお人好しの皆様におかれましては、以下を一読して益体の無い文章を書き散らさぬよう、心よりお願い申し上げます。

デジタル伝送の基礎を全く知らない

 たまに回答欄に書いているのですが、扱っている信号はデジタルでも、それを流しているケーブルやコネクタなどはことごとく”アナログ回路”であります。
 つまりケーブルの善し悪しや規格の正誤によって流れる信号が歪み、デジタルデータが正常に伝送されなくなることが結構あります。
 例えば質問で『HDMIケーブルはどんなヤツが良いですか』と言った物では、必ず『500円のケーブルで全く問題無い。デジタルデータは劣化しないから』だの『数千円のケーブルを買うヤツはメーカーに騙される情弱』だのといった、もう本気でがっかりさせられるような回答が並ぶ物ですが、こういう連中は一度でも良いから以下のような記事をしっかり読んで、世間と言うか、一般常識を知って貰いたいです。

計測面から見るHDMI(1): HDMIの概要とその評価法 (1/2) -MONOist

 高周波(デジタルデータは高周波です!)を減衰や劣化をさせずに伝送するには、それなりに気にしなければならないことが多いです。例えばHDMIのケーブルだと、数百円のケーブルは基本コンプライアンスを通っていません(コンプライアンスにはお金が掛かるから、数百円で売っているケーブルではペイ出来ません)。また、ケーブルのインピーダンスなどもある程度気にしないと信号の波形が歪んで伝送エラーが増加します。
 SPDIFのケーブルについて『110Ωのケーブルではダメか?』と言った質問に対して『デジタルデータだから0Ωでも100Ωでも何でも構わない』などといった暴言を吐く輩が居りましたが、こういう手合いは人を騙す詐欺師と同じような物です。無知は罪か、と言った問題もありますが、自分が恥をかくだけならともかくとして、他人にウソを教えるのは罪であると考えた方が良いでしょう。
 ちなみにアキバの軒先で埃まみれで売ってる怪しい安ケーブルでも十分使えるじゃ無いか!と言った意見もあるでしょうが、それは単に波形がグズグズに崩れていても何とか解釈してくれているレシーバーチップの根性に支えられている奇跡の具現であると認識して下さい。たまたまです、たまたま。良い機械を持っててラッキーでしたね。

自分の経験の無いことは完全否定する

 もちろんオカルトっぽいこととか、まだ科学ではきっちりとした解が示せない様なことに関して、自分の経験だけが正しいという考え方には同意します。
 しかし、あるギョーカイではもはや常識であるようなこと(例えばスピーカーケーブルを変えると音が変わるという事実)でも、実際自分でやってしっかり確かめた事も無いのに、真っ向否定する人が居ますよね。
 良く引き合いに出すのが、以前外国でブラインド試験をやったときに、高い値段のスピーカーケーブルと針金ハンガーを引き延ばした物で、正解率が50%だったというものですが、偉そうに他人に何か言うのなら、まずはケーブルで音が変わるようなまともなスピーカーを使って、実際にケーブルと針金ハンガーを取っ替えてみて音が変わるか変わらないか確認すべきでしょう。ちなみに管理人のスピーカーではケーブルを変えたらちゃんと音は変わりましたよ。針金ハンガーはショートが怖いのでやってませんが。
 そして得てして否定したいことだけは伝聞を持ち出す連中は、ギョーカイがグルになっただの何だのとすぐに中2病的陰謀論を展開し、物をよく知った人らはもう本気でがっかりするわけです。お願いだから、知りもしないならいちいち無知をひけらかすな、と。
 経験が無いのは、知識が無いこと、微少の差を見極めるスキルが無いこと、そういう機械を持っていないこと、視野が狭すぎることなどが原因に挙げられます。
 世の中には、自分の常識など完膚なまでに吹き飛ばしてしまうくらいに極まった、斜め上過ぎる人達や文化がいくらでも存在します。自分の短小なモノサシで計れないからといって、物事を全否定するのはバカのやる事です。
 真に賢い人は、知らないことや興味無いことは華麗にスルーする物です。

何でもやってみろと、質問者の技量も考えずに勧める

 これは修理相談に多いのですが、高電圧を使った電気製品の修理など、それなりの設備とそれなりの知識とそれなりのノウハウを持っていないと出来ません。というか、人死にが出るからやってはいけません。
 こういう論理展開をすると、すぐに「初めてを否定するなら何も出来なくなるじゃないかー」というヤツが出てくるのですが、何事にも順番というものがあります
 最初は乾電池で動く物の修理から始まり、それから高電圧を使わない物、より複雑な機械、そして真空管ラジオやテレビの修理……と、ノウハウの蓄積と共によりリスキーな物の修理に発展していくわけです。
 ところが電気の基礎も知らず、テスターの使い方すら怪しい、しかもハンダゴテは中学生の時に授業で使ったきりなどというシロウトが、いきなりブラウン管テレビの基板にコテを当てるというのは自殺行為と言うより、テロ行為に等しい物があります。自分だけ感電死すれば良いのでしょうが、万が一火事を起こしてよその家まで焼いたらどうするつもりでしょうか。
 回答者はこういったリスクをきちんと考え、質問者のシロウト具合を確かめてから回答すべきなのです。シロウト丸出しで、物の怖さが分かっていない奴に「何事もはじめはあるんだからどんどんやるべき」とそそのかすのは、殺人の教唆と同じような物です。無責任にも程があるという物です。
 だいたい○K WAVEで質問する人の大半はG○○gleで簡単な検索も出来ないような連中なのだから、ハンダゴテなどマトモに使えないと思っておいた方が良いのです。そういう輩に10V以上の電気が出る物の修理などいくらやり方を教えても無理なので、やらせるべきではありません。事故を増やすだけです。

やたら最新技術を失敗失敗と蔑む

 物や技術は、それが民生に転用されてからそれなりに浸透するまで結構な時間が掛かります。
 それを発売されてから数年で失敗失敗言い出すのは、ダメの典型、長期的視野が欠落した愚かな人間のやる事です。そして得てしてそういう連中の言うことは間違っているか、全く根拠がありません。
 この手の話題で有名というか、毎回必ず勘違い野郎が沸いてくるのがブルーレイ(以下BD)ですが、どうもDVDの頃の浸透具合と比較して規格自体が失敗だとか言っている様です。
 DVDと違ってBDに勢いがあまり無いのは事実でありますが、未だ故障していないDVDレコーダーが多く使われているのが一番大きな原因でしょう。
 そもそも、DVDレコーダーをBDレコーダーを比べた場合、BDレコーダーが唯一絶対的に優位であるのは、ディスクに焼き出したものの画質です。つまり内蔵HDDで録画番組を見ている状態では、BDレコーダーのメリットはほとんどありません。
 以前はビデオテープやDVDに番組を録画しなければならなかったので録画メディアの需要も多かったですが、現在では一般の録画需要はHDDで十分であり、DVDやBDに番組を残す需要があまりありません。
 だからBDレコーダーへの買い換えが進まず、必然的に録画メディアもセルディスクも、DVDがより多く売れる構造になっています。
 ただし、この駄文が書かれた時点でも、国内メーカーはDVDレコーダーを全く発売していません。全てBDレコーダーに切り替わっています。なのであと5年もして現存するDVDレコーダーが故障してしまえば、勝手にBDの潜在需要は高まり、DVDの量は減っていくでしょう。ちなみにレコーダーやテレビに付いているアプコンで十分綺麗といった意見も多いですが、確かにただのDVDに比べたらある程度マシなのは事実ですが、BDとは到底比べものになりません。所詮アプコン、フルHDに比べたら次元が違うほど画質が悪いです。
 上記で説明したような簡単な構造も考えずに、単に現時点のメディアの売上数だけでBDは失敗だの言う奴は、市場をマトモに見る能力がありません。もしくはBDレコーダーすら買えない貧乏人のやっかみです。

ところで質問者の場合は?

 さて、回答者ばかりディスっていても仕方ないので、質問者に多いダメなタイプを晒してみますと、

     グ グ レ カ ス

 この一言で表せるのが非常に多いです。
 質問する文章を書くだけの気力があるなら、それをそのままぐるぐる先生(管理人はG○○gleの事をぐるぐる先生と言ふ)で検索を掛ければすぐに答えが出てくるのに、なぜ故わざわざウソつきが沸いて出てくるところで質問しようなどと思うのでしょうか。正確なことが知りたければ、Wikipediaでもじっくり読んでいた方がよっぽど為になります。所詮楽して手に入れた回答など、知識にはなりません。人間、学ぶ気持ちが無くなったらゴミです。存在価値はありません。
 せっかくの質問サイトなのですから、調べても分からない様な濃ゆい事を質問すれば良いと思います。それが適材適所というヤツでしょうか。

第36回 質問サイトに蠢く名状しがたいアイタタタな者共

 今回も続けて質問サイトに沸いて出るアイタタタな例を晒していきます。
 ぶっちゃけ、管理人自身への戒めみたいな物です。

早とちり乙

 質問を全く読んでないで、勝手な説明を書き出すヤツが一杯います。
 Macのコーナーなのに、コントロールパネルが云々とWindowsの使い方を書き出すヤツは数知れず、質問者の無知に起因する勘違いにやたらめったら反論する(質問の論点はそこじゃ無いのに……)のも多いですし、質問者を勝手にシロウト扱いするのもたくさんいます。
 無料で回答してやってんだから、何か書き込んでやっただけでもありがたく思えとかいう身勝手な論もあるでしょうが、昔の人は良いコト言いました。小さな親切大きなお世話。困ってる人に役にも立たないノイズを混入することは、罪であると認識してください。そういうのは誰も必要としていないのです。むしろ存在自体邪魔です。
 何か回答を書き込むのならば、まず質問者の立場になったつもりで、一体どういう説明を聞いたら一番役に立つのかをちゃんと考え、その人にとってベストな回答を目指す努力をすべきです。
 なら、意味がどうとでも取れる分けの分からん質問の場合は?
 そういうのは華麗にスルーするか、「意味が分からん日本語でおk」と書き込んであげましょう。

憂さ晴らしバカ

 とりあえず質問者をディスる事ばかりやってる、脳のあたりがとても可哀想な人がいますよね。
 この手合いはリアルに人格が捻れているので、もはやネットでしか人とコミュニケーションをとるチャンスがなくなっているのでしょう。きっとリアルじゃ友達は一人も居ないのです。だとしたら、せめてネットの向こうの人くらいには優しくして(ちゃんと回答して)あげれば良いのに、例えば「PCの画面に変な広告が出るんですぅ」といった質問の回答に「電源切れ」としか書かないのは、もはやネットでも嫌われたいって意思表示なのでしょうか。存在自体がウザいので、自分自身が電源切って二度と現れないでください。

回答が長すぎて論点がよく分からん

 回答に自分の経験談を入れるのは、それはそれでとても参考になるので良いことだと思うのですが、だからといってマウスのコロコロ(管理人はマウスのホイールをコロコロと言います)を3回転もする様な回答ははっきり言ってキモいです。どんだけ粘着なんですかって感じです。(もちろん、質問があまりにアホ過ぎて突っ込みまくったら長くなったというのは別ですが……)
 単に”これってどうなんでしょ?”程度の質問、一画面に入る程度で納めるのが電気代とサーバリソースの有効活用にとって極めて重要です。と言うか、どうしても長文を書きたければ、この駄文のように自分のWebページで晒せば良いのです。誰も読まないから。そもそも目を通すだけ時間の無駄だし。

他人の回答に評点を付ける

 例えば○KWAVEでは、回答者同士で意見をやり合うのは禁止されています。つまりそういうのは2chでヤレって事なんでしょう。しかしやり合うまでも無いけど、「No.1さんの意見は正しいです」だの書くヤツが居ますが、自分よりも前に正しいことが書いてあるならいちいち同じ事を追記するなと言いたいです。もうちょっと酷いのが、「No.1は80点ですかね」とか。どんだけ上から目線なんだと。いつテメーに採点頼んだかゴルァ!ってヤツです。よっぽど間違った事書いているなら、それとなく否定するのは良いでしょうが、名指しで評価なんかするもんじゃありません。やられた方は、確実に気分が悪いですからね。だいたい、イイ気になって評価した相手がその手のギョーカイのプロフェッショナルとかだったらどうしますか? まさに釈迦に説法、何かあったときに相当気まずい思いをするだけです。(大概は相手はオトナなので、華麗にスルーしてくれるでしょうけど)

 さて、回答者ばかりをなじっていても仕方ないので、しょうも無い質問者の例も晒していきます。前回は”ググレカス”と書きましたが、それにはみ出るようなものを挙げてみましょう。

買ったばかりの物が壊れました

 質問サイトで下らない回答を募集する暇があるなら、さっさと販売店かメーカーに修理に出せば良いのです。だいたいそんなサイトに質問など書くヤツが、故障品の修理など出来るわけが無い!! つくづくこの国の人間は、技術に対するリテラシーが足りていません。
 だいたい、質問サイトで下らない入れ知恵をされた後でメーカーサポートを受けるとき、「だってサイトで聞いたらこうだったモン!!」とか言った所で、そんなのメーカーには全く相手にして貰えません。必ず時間の無駄になります。
 物が壊れて保証期間ならば、さっさと修理に出して無償修理して貰う。下手にシロウトがいじり回したところで、余計に壊すのがオチです。

店員に高く売りつけられる

「どこか安いところを教えてください。店員に聞くと高い物を押しつけられるので」
 こういうみっともない質問を書く輩は、だいたい物の価値を理解していません。それ以前に、リテラシーが欠落しているので正しい物の使い方すら知りません。
 どうにもならない無知蒙昧な人間ほど、例えば家電を買うときはやたら高機能を求める物です。安かろう悪かろうという言葉を全く知らないからですね。それに、シロウトだから低性能な機械で良いなどと言い出しますが、それは完璧に間違っています。物を知らん人間ほど、高機能な機械を買って、その性能で人並みのところまで全体のスペックを上げる必要があります。だから、客の要件を素直に聞いた店員は、どうしても値段の高い物を勧めざるを得なくなります。例えば安いテレビが欲しければ、「地デジが映れば良いだけ」とはっきり言えば、きっと安い物を勧めてくれるでしょう。それを、「テレビが見れれば良いんだけど、なんか録画出来たり、何かディスクに出せたり、何かネットが出来たり、なんか綺麗に見えたら良いっていうかー」なんてほざきやがるわけですね。そんなテレビ、高級機になって当たり前じゃねーかと。
 物を知らんのならば、勉強すれば良いだけです。勉強する努力を放棄するなら、そのぶんお金に物を言わしてください。

工事費が高い!!

 自分が出来ない事を人に頼むならば、それ相応のお金を払うことを学ぶべきです。例えばテレビのアンテナを屋根に付けて貰うのに、20万円要求されたらそれはかなりおかしいですが、4万円くらいは当たり前の世界です。
 それをぬけぬけと「アンテナは3000円で売ってるのに、ぼったくりだ!」などと書くわけです。
 だったら自分で3000円のアンテナ買って、自分で屋根から墜落しながら付ければ良いじゃん、としか言い様がありません。屋根に付けるだけの道具やスキル代、一体何だと考えているのでしょうか。あと、道具も知識も何も無いくせに、やたら自分でやりたがる人もいます。今後その道を趣味なりにも究めたいのならば、道具を集めてやるのも良いでしょうが、それだけの気概を持ってる人はそもそも質問サイトなんかで「やり方を教えてください!」なんて書かないもんです。全部独学でやり始めるはずです。人に聞いて簡単に済まそうとしている時点で、気概の程が知れるというもんです。

自己主張バカ

 質問にかこつけて、他人には到底理解の出来ない主張を展開している輩もたまに見かけます。得てしてこういう手合いは、しっかりしたソースと正論を突きつけて主張を否定してあげてもまったく言うことを聞かず、自分に同調する連中ばかりとコミュニケーションをとります。だったらそういうのは自分のブログでヤレと。人の回答を信じないのならば、そもそも質問サイトに近寄るなと。だいたい、この手の輩は人に物を教えて貰う態度というのを理解していません。よっぽど悪意のある回答ならばともかくとして、顔も知らん赤の他人のために時間を割いてくれているわけです。そういった回答に対してお礼以前に批判をするなど、最低限の礼儀も無い人間は、リアルでも相当疎まれているのでしょう。それで寂しくなってネットで大仰な事を言ったとしても、やがてリアル同様に嫌われるだけなのでさっさと消えてください。

第37回 質問サイトに蠢く名状しがたい迷惑甚だしい者共

 質問サイト悪口シリーズ、禁断の(意味不明)の3つめです。
 ところでそんなに気に入らないのならば関わらなきゃ良いじゃんという正論もありますが、色々と勉強になるところが多くて目が離せないというのも事実。自分の知識の薄さを実感するのにちょうど良いシステムなのです。ぶっちゃけ管理人は質問サイトが大好きです!

初心者です。わかりやすく教えてください

 質問サイトで何が一番ムカツクかというと、「初心者です」、「素人」ですと書けば誰かが優しく全部教えてくれると勘違いしているのが見え見えなところでしょうか。本人は謙遜のつもりかも知れませんが、はっきり言ってその気遣いは相手の心象をかなり悪くします。極めて逆効果です。
 だいたい、そういう手合いはメーカーの有償サポートなり、有償の講習を受けるべきなのです。別に玄人だけが質問サイトに来るべきだなどと言うつもりはありませんが、素人だってぐるぐる先生で調べることは出来るはずです。管理人はそうやって知識をつけてきました。まず自分はどんな問題を抱えているのか明確にして、それについてどういった解決方法があるのか自分で調べてみて、その結果として解決出来なかったなら、その事情を全て質問サイトに書いて解決方法を仰ぐべきです。
 さらに、「Webサーバを組み立てたいと思います。素人なので全部教えてください」とか、専門知識があって初めて実行する資格がある様なことすら全部質問サイトで教えて貰おうなどとする厚顔無恥な質問も結構多いですが、こういう輩にはやりたいことを書き連ねる前に、自分がこれからやる事のイメージすら付かない事が、ちょっと聞いただけで簡単に出来る様になると思うなと、2〜3発ぶちのめしながら言ってやりたい衝動に駆られます。技術に対する冒涜です。如何に理系のリテラシーが欠落しているか、つくづく悲しく思う瞬間です。
 ちなみに管理人は、こういった手合いには一切解決法(例えばサーバの作り方)を示しません。リスクの説明と自学自習の指南をするだけです。教えるだけ無駄だし、他人のテロ行為に荷担などしたくはありませんので。
 あと、素人が知ったかぶって回答している場合もあるので要注意です。その人の質問履歴を見ていて、例えばPCカテゴリで多く質問をしている様なヤツがPCカテゴリで偉そうに回答してきても、信用しない方が良いです。どうせ単なる伝聞か、ちょっと前に同じ質問をして聞きかじりの知識をひけらかしているだけでしょうから。

ウソつき

 季節柄(この駄文を書いたのは9月の頭)HDDの故障に関する質問が多いです。
 「ディスクがカッコンカッコン言うので修理方法を教えてください」という感じの質問が大部分ですが、もちろん多くの良心的な回答者は「キサマには何があっても直せんから、バックアップ取ってさっさと新しいHDDに替えやがれ」と書いてくれます。ところが結構な頻度で「外国製の安物HDDはすぐに壊れるので、日本製HDDにすべき。自分が4年前に買った日本製HDDは未だ壊れない」だの書くバカが湧いて出ます。識者の皆様ならもちろん分かるでしょうけど、今の世の中には日本製のHDDなぞ存在しません。日本メーカーのHDDならありますが、みんな中国製です。それに外国製の安物HDDにカテゴライズされるHDDもありません。日本メーカー以外で我々が普通に買えるHDDは、Se○gateやらWest○rnDigitalみたいな一流メーカー製ばかりです。4年前なんてPCの業界では数世紀前にあたる様な事を今更語るなど、物を知らん以前に嘘つきと呼んでやってしかるべきでしょう
 もちろん、回答に自分の経験談を書くのは良いことだと思うのですが、その経験が役に立つのか単なる老害であるのかは、質問内容に照らし合わせて毎回見極めねばなりません。
 さらに、いくら無償であるとはいえ、人に何かしらの情報を伝えるのならば、その正確性を担保するために常に勉強すべきです。特に、知識の無い素人じみた思い込みや、自分の家でしか通じないローカルルールなどを、公の場に書き散らすことは害でしかないと自覚を持つべきです。
 得てして、おかしな主張を続ける奴は、他の回答を見ていても見当外れや間違ったことばかり書いています。質問サイトの質問者側では、そういった嘘つき野郎を見極める事も出来ないでしょうし、例え回答への評価制度を付けたところで、粘着アンチが涌くので評価がねじ曲げられます。世の中、コンピュータシステムは人間の悪意を100%阻止することは出来ません。質問サイトの基本設計が性善説に立ったシステムである以上、人の迷惑になることを喜ぶ頭のおかしい連中が出てくるのは仕方ないですが、実に歯がゆい物です。
 まぁ、そういう嘘つき野郎なんて、現実は悪意も何も無く、単なる調子に乗ったガキなんでしょうけどね……。

感想文

 例えば質問内容がPCの障害や家電の故障などで、回答が解決法や使い方が悪いといった悪口以前に、単なる感想文になっている物がそれなりの割合で出てきます。
 こういったゴミ以下の文章を打ち込むバカには「知らなきゃいちいちしゃしゃり出てくるな!!」と、改めて述べておきます。
 「自分の場合はこうやったら直った気がしますが、よく分かりません」(もちろん解決方法は見当違い)だの「質問の件は分かりませんが、自分はこうだと思います」(勝手に思った事は自分に日記帳に書け)だの「それは使ったこと無いので知りませんが、別の製品ならこうでした」(誰もそんな事は聞いてない)だの、回答者にとってノイズになるばかりで全く役に立ちません。電気代とサーバリソースの無駄遣いです。
 たまに災害が起こると、「捨てるよりかはマシかと思って」とかいって、使い古しで洗濯すらしていない古着(というかどう見てもゴミ)を送ってくる非常識な連中がいますよね。本人は世の役に立ったと鼻高々でしょうが、先のクソの役にも立たない感想文同様、他人に不要な作業を強いる犯罪的な行為であると認識を持たなければなりません。相手の都合を考えない一方的な施しなど、嫌がらせ以外の何物でもないのです。
 質問者は確実で間違いの無い回答を求めているので、自分にその質問に答える専門知識が無いのならば、くだらない文章を書く資格は一切ありません。

英語が読めない・読まない

 これも素人に多い質問ですが、「何かpcに英語が出ました。読めないから何とかしてください」というのもよく見かけます。
 いくつかギョーカイ特有の固有名詞はあれど、PCの画面に出てくる英文のエラーメッセージなど、中学生レベルで十分訳せます。義務教育の英語も出来ないヤツはPCなど使うなと、つくづくがっかりさせられます。
 現在、オンライン翻訳など便利な無料サービスがたくさんあります。自分のPCなのだから、そういうしょうもない事くらい自分で面倒見てください。
(もちろん訳した上でエラーが何を言ってるかよく分からん!というなら質問もいいでしょうが、大概のエラーメッセージはそのままぐるぐる先生に入力すれば解法などいくらでも出てくるのです)
 ところで、英語が分からんというヤツは、本当に読めないのでしょうか。はじめから読もうとする努力すら放棄していないでしょうかね?
 良くOSを吹っ飛ばしたりHDDがすっ飛んだ時に見かける「No bootable device - insert boot disk and press any key.」などのBIOSメッセージはよく質問文に出てきますが、「何でこんなエラーが出るの! 何とかしなさいよ!!」ならばまぁ、「あんた直前に電源切る前に何やらかしたのよ?」と回答(補足)も出来ますが、「pcにいきない英語が出ました。読めないのでたすけてください」などは言語道断というものでしょう。管理人はこんな質問には一切答えません。答えたところで「メーカーに修理に出してください」しか言えませんし。

HDDの完全消去

 個人情報が心配だから、PCを廃棄するときHDDを完全消去したいという質問もたくさん投稿されます。しかし管理人はここではっきり述べておきます。
『あんたのHDDの個人情報など、一銭の価値も無い』
 そりゃ、貯金が数十億円あって、HDDの中にクレジットカード番号やキャッシュカードの暗証番号が平文で格納されているなら、もしかするとそのHDDは1000円位の価値はあるのかも知れません。
 しかし、その辺の年収が数百万程度の庶民は持っている資産などたかが知れていますし、犯罪者にとってその程度の端金をくすねるのに、数十万円(場合によっては数千万円)も掛けて廃棄HDDから情報を抜くのか?と、頭を冷やしてよく考えてみてください。
 世の中不正にお金を得たければ、頭が半分お花畑になってるお年寄りに電話を掛けて「実は痴漢えん罪にあって、示談金を500万円求められてるんだ……」と半泣きで言えば良いのです。その程度の労力で、汚く金を稼ぐことなど簡単に出来るわけですよ。
 もちろん管理人は、HDDをそのまま捨てろと言っているわけではありません。(普通にPCに繋いでアクセス出来なくなった故障HDDはそのまま捨ててもいいです)
 ちょっとめんどくさいけど、物理フォーマット(ゼロ埋めフォーマット)を一回掛ければ十分です。または工作が得意な人ならば、HDDのふたを開けてヘッドをこじって壊してしまえばいいでしょう。これでそのHDDの修復には数百万円かかる様になりました。貴方の個人情報を最大限活用したところで、犯罪者は数百万円の元が取れますか?
 そういう事です。
 なお、データを上書きしたり、ゼロ埋めフォーマットを掛けても残留磁気から情報を抜けるHDDは、少なくとも1GBクラスの極めて古いHDDだけです。最近のTBレベルのHDDは、あまりにも記録密度が細かいことと、データが多すぎるために現実として不可能です。
 こんな事を書くと「空中爆発して墜落したスペースシャトルコロンビア号のHDDだって情報を抜けた!」と言い出す半可通が涌いてきますが、そのHDDは340MBの古いもの(Seagate ST9385AG 2.5インチで3プラッタ)で、記録密度が低かったからデータが取れた、というものです。もちろんデータ復元に掛かったコストなど、採算度外視でしょう。
 犯罪者は、我々以上に費用対効果を求めます。そして、単にデータを1回上書きしただけのHDDから元のデータを復旧するのは、完全に費用対効果が取れないレベルでの費用が掛かる様になります。
 お勧めのHDDの破棄方法は、以下の通りです。

 これ以上の対応は、それこそ「外に出ると交通事故に遭うかも知れないから、一生外出しない!」と言っているのと同じく、日常生活のリスク管理としては馬鹿馬鹿しいことです。

 さて、多分このシリーズはこれで最後だと思うのですが、質問サイトに涌く一番迷惑なヤツは以下のものです。

正誤織り交ぜた怪答

 一見、物知りなヤツが書いた回答で、何も知らない人間が見れば「ああそうなんだー」と、ついついベストアンサーにしてしまいそうな物がありますが、その実大嘘八百甚だしい物が結構な確率で存在しています。
 そういった回答の内容は、実は一つ一つを見てみれば、全て物理的に正しい事を書いています。しかし、その事象が全く質問に当てはまらず、余計に質問者を魔境に追いやってしまうという意味で、極めて悪質な怪答だと言えるでしょう。
 例えば、質問が「会社のモニタがチカチカします。ケーブルを弄ると余計にチカチカします」とあった場合、常識的考えるとモニタケーブルの内部断線や、モニタのコネクタのハンダ割れが疑われます。(目とか頭の病気とかいちいち突っ込みは無しの方向で)
 だからこの場合の一般的な回答は、「ケーブルを新しいのと取っ替えてみて、ダメだったらモニタを修理」となるでしょう。
 しかし正誤織り交ぜた怪答は「市販のモニタケーブルからは情報漏洩が起こるので、社内のシステム部門に問い合わせてセキュリティを確保したケーブルを使って下さい」となります。
 一般人は、(;゜Д゜)ハァ? となるでしょう。どんなデムパな回答だ、と。
 しかし、モニタケーブルからの情報漏洩は物理的には可能です。だからセキュリティ対策するのは、物理的には間違いは無いのです。
 ただし、モニタケーブルから出る漏れ電波を高性能受信機を使って画像を再構成するこの技術は、モニタがアナログでVGA時代のものです。現状のフルHDだのDVIだのHDMIだのを使っているモニタケーブルから出てくる漏れ電波を万が一捕まえても、信号劣化が激しく到底実用とはならないでしょう。そしてまともな会社の情シス部門は、モニタケーブルにセキュリティを施すという内規など存在しないため、問い合わせを貰ってもはなはだ困るだけです。(だいたいセキュリティを考慮したモニタケーブルなど世の中にはありません)
 つまりこの回答は、物理的には間違い無い物の、質問に照らし合わせると大嘘としか言えないのです。
 例をもう一つ挙げます。
 質問は「1TBのHDDと256GBのSSDを使ってるの〜。最近PCの起動が遅くなって5分くらい固まってるし、エクスプローラでHDDのドライブを突っついても”パラメタが違う”とか言ってくるの〜。HDD外したら、SSDに入れたはずのWindows7が起動してこないし、もうまいっちんぐ〜っ♪」というのがありました(もちろん語調は変えてありますよ?)。
 これは中々含蓄のある質問でして、ミソはHDDを取っ払うとWindows7が起動しなくなるというもの。もちろん識者の方はここまで強調すればすぐに分かるでしょうが、Windows7のインストーラは、インストール時に一番容量の大きなドライブにブート用ファイルを配置しやがってくれるのです。つまり、SSDをCドライブにしておこうと、実はDドライブ(?)のHDDからブートし、実際のシステムファイルはSSDから読み出されるという、迷惑極まりない構成になります。
 このブート用ファイルが何処にあるかを確かめるには、ディスクの管理の画面で「システムで予約済み」と書かれた100MB位のパーティションを探してみて下さい。ちなみにWindowsXP等からアップグレードしたりしたドライブでは、WindowsのCドライブと混ざっているので存在しないはずです。(複雑で申し訳ないですが、インストール時にインストールする先のドライブに既にパーティションが切られていたら(つまりCドライブがあったら)、先の”システムで予約済み”パーティションは作成されず、Cドライブに混ぜられるのです。CドライブにBootという不可視属性のシステムフォルダがあったら、混ざっている状態です)
 さて質問に戻りましょう。起動してくるのに時間が掛かる、エクスプローラでドライブが見られないとなれば、ほぼ間違いなくDドライブのファイルシステムあたりでリードエラーが起こっているでしょう。(たまたま”システムで予約済み”パーティションの方は健全)
 この質問に管理人が答えるなら「HDDがぶっ壊れてる。あんたのPCはたまたまWindowsが起動する時の大切なファイルがHDDにある様だから、残念ながらWindowsは再インストールしなければならない。次にWindowsをインストールするときはSSDのみPCに接続し、インストール後に新しいHDDを接続すること」となります(そのほかにファイルのバックアップの指南を入れるでしょう)。
 さてこの質問に対する怪答は、以下の様な物でした。
「SSDの使い方を間違っている。SSDはFlashメモリで出来ているので、使っているうちにアクセス速度が落ちてくる。このためHDD同様にデフラグをする必要がある」
 もちろんSSDの動作原理やFlashメモリの欠点など、物理的には全く間違っていません。デフラグも、必要と言えば必要でしょう。
 しかし質問内容に照らし合わせた場合、SSDの劣化による速度低下など考えられないこと(5分も固まるか!)、デフラグには『TRIM等を使ったSSD専用のデフラグソフトを使わなければならないこと』(極めて自明だけど、HDD用のデフラグなどSSDにとっては拷問そのもの)を全く述べていないなど、知識が足りていないのだかそれとも悪意が含まれているのか、質問者にとってはノイズ以外の何物でも無い極めて悪質な回答であると判断出来ます。
 さて、こういった迷惑極まりない怪答を選別しスルーするためには、一体どうしたらいいのでしょうか。実はあまりこれと言った確実な方法は無いのですが、以下の事を試してみる価値はあるかも知れません。

 クドクドと一方的にディスって来ましたが、質問サイトという良い仕組みがより良いものになることを切に願ってやみません。

第38回 質問サイトに蠢く名状しがたい知識の欠けた者共

 質問サイト悪口シリーズ、だめ押しの4つめです。
 今回はXPのサポート終了やWindows8.1へのアップグレードを主題にしてみます。

ぼくのボロいPCにWindows7または8は入りますか?

 最近こんな質問が良く出てきますが、質問サイトで何が言ってる時点でほぼ無理でしょう。機械の対応未対応以前に、まずデバイスドライバを探してそれを無理矢理入れるスキルが無いでしょうから。特にメーカー機の場合は、OSを入れ替えると自作機よりもよっぽど質が悪くなります。よく自作は難しいと言いますが、ある意味部品が全て汎用品なので、実は新しいOSのインストールは結構楽なのです。若干誤解を呼びやすい表現かと思いますが、メーカー機にファームのチューンや独自機能が邪魔をしない分、トラブル対応が楽だということです。
 自分の使っているPCのデバドラが何処に転がっているか分からない様な人間は、OSの入れ替えなど行うもんじゃありません。新しいOSを使いたければ、そのOSが入っているメーカー機にでも大人しく買い換えるべきです。さらに、安いから中古をとか言う自分のスキルの判断も出来ない奴が居ますが、そういうのは質問している様な人間では使いこなせません。OSが入って無くてもどうとでも出来る人間が使う物です。
 さて、ディスってだけではあまりにもあんまりなので、たまに忘れる観点を以下に載せておきます。まぁこの辺の駄文を読んでほくそ笑んでらっしゃる読者の皆様は相当のスキルをお持ちなので釈迦に説法だとは思いますが、むしろ管理人の知識の浅さをネタに今一度笑って頂ければと。

Windows8.1に変えたらおかしくなりました

 自分のPCがおかしくなったのならばご愁傷様としか言い様がありませんが、口コミサイトの悪口を根拠にしてグズグズ悪口を言っているのが居ますよね。そういう手合いは、レビューには不具合情報しか載らない(上手くいったヤツは何も言わない)という原理原則を何も理解していない情弱です。
 最近PCを使い始めた奴らは知りもしないでしょうが、XPの時代でもSP2への更新でかなり不具合が出て、結構な問題になりました。無意味にMicr○softを擁護することはしませんが、OSの載せ替えでPCがしばらくガタピシするのは最早当たり前、避けて通れない必要悪みたいなものでしょう。なんせ、ソフトウェアは基本全て手作りで、しかも作り手はユーザの個々のPCなんて一度も見たことが無い連中ですから。不具合が全く出ない事自体がバグの様なものです(笑)
 そしてこれは当たり前の事ですが、OSの入れ替えはユーザの自己責任です。ストアでアップグレードしましょうと出ていたからやりました!ボクの責任じゃありません!!とか言ってる連中も多いですが、インストール完了に至るあらゆるところで使用許諾やその他諸々の、本当にインストールすべきかの選択肢が用意されていたはずです。そこで全てOKのボタンを押したから、コンピュータはユーザの指示に従ってインストールを行い、ユーザの意志決定に殉じて動作がおかしくなったわけです。
 OSの不安定さや不具合の文句は声高に叫ぶべきですが(品質向上に繋がります)、アップグレードの選択肢を用意したMicross○ft自体への悪口は基本的にお門違いであり、気に入らなければ使うな、マックでも買えば良いじゃんという事になります。
 何でもかんでも製造責任を問うのは日本人の悪い癖、そんなモンは海外のメーカーには通用しません。いい加減ユーザ自らガラパゴスになるのはやめにして貰いたいです。

Windows7が使いづらい!!

 管理人も、個人的にWindows8のコンセプトはどうかと思っているので、XPから乗り換えるならWindows7になるのは当然かとも思いますが、しかし勘違いしてはいけないのは、Windows7はVistaよりもXPから遠いOSだということです。たまにVistaから改良したからXPと同じなどと勘違いしたような連中を見かけますが、それはプアなPCでもXP並みにそこそこ軽く動くという事であり、操作性に関してはXPユーザであればVistaの方がよっぽど使いやすいです。
 さて、Windows7の発売から4年も経って今更使い始め、此の期に及んで「Windows7は使いづらい!!」などと質問サイトに愚痴を書くヤツがたまにいますが、色々係る事情は同情できるけれども『今更ガタガタ抜かすな!』としか言い様がありません。
 今の世の中はWindows8の悪口を言ってMicr○softのひん曲がったセンスをたたき直してやる時期であって、Windows7は既に販売が終わった過去の製品です(まぁ法人用途ではこれからバカ売れでしょうけど)。今更Windows7の使いにくさの悪口を言ったところで、社会に対して何の貢献にもなりません。操作感が変わるパッチが当たる事も無いでしょう。
 管理人は、以前OSを入れ替えたら1ヶ月掛けて環境設定やカスタマイズを行っておりました。しかし、Windows7になってからは、そういった管理人の独自視点のカスタマイズがOSとしての一体感を損なったり、セキュリティを緩めてしまったり、かえって便利機能を殺したりと、本来PCを使う目的(Photoshopで萌え絵描き)を達成するにはあまり関係無いところに労力を浪費していることに気がつき、よっぽどの事以外は標準設定のままで使うことに方針転換しました。
 もちろん、OSのカスタマイズ自体はとても楽しいことなので、それが『目的』ならばガリガリカスタマイズすべきなのです。しかし目的がそこで無いならば、Micros○ftのデザイナーが考えた作業フローに身を任せてしまうのが手っ取り早くシアワセになって目的を完遂する近道なのでしょう。
 要は、何が一番大切なのか考え、その大切なことをより大切にするために、下らないこだわりなど捨ててしまえということです。

なんで素晴らしいXPを抹殺するのか理解出来ない

 結論から先に言いますが、こういうことを言い出す馬鹿はMicr○softが民間企業であることと、モノやサービスを維持するにはお金が掛かるという簡単な事すら理解していないということです。
 OSのパッチ提供など、家電に例えたら買ってから10年も経つのに無償修理を引き受けてくれるのと同じようなモノです。そう考えると、Micros○ftはずいぶんと気前の良い会社だとは思いませんか? 例えば企業で使う独自アプリの場合、保守に入らなければ数千万円で買っても面倒見てくれるのは1年くらいで、後はバグが出ようとぶっ壊れようと無償対応なんて絶対やりません。世の常識とはそんなモノです。それを、10年前にたかだか数万円程度で買った如きで12年も面倒見てくれるのだから、ラッキーだったと思うのがまともな金銭感覚というモノです。
 企業が儲けを出さなければならないのは、我々人間が自殺しないで生き続けなければならないのと一緒の事であって、存在理由そのものです。なので、Micr○softが新しいWindowsをどんどん作って売る事を否定する連中は健全な企業活動の否定と同じであり、むしろ金も払わずサポートのみを要求するたかり屋と同じであると言えましょう。
 そもそも技術論的にもXPは現状のセキュリティリスクに対して弱いという事はいろいろな媒体で紹介されているので今更ここでは説明などしませんが、『使い慣れてる、枯れた技術はそれだけで安全だ』という論調でXPは問題無いとほざくバカ共に、一つたとえ話をしておきます。
 福島の原発が事故を起こした理由の一つに、設備が古すぎて炉の冷却が上手くいかなかったというのがあります。なんせ1号機などは40年くらい前から動いていたとても古いもので、非常用冷却機の電源がアメリカ仕様の240Vだったりと、あちこち最近の原発とは機器や設備の互換性が合わないといった問題がありました。(そのほか、元々潜水艦用の原子炉の設計を流用して作ったから配管が小さいとか、緊急時の冷却は原子炉の外側から海水で冷やせばいいといった原潜の設計思想が尾を引いて非常用冷却機構が貧弱とか、停電時の非常用発電機が砂漠に作られるアメリカの原発の設計思想のままだったので日本では全く意味の無い地下に作られている(地上にあるとハリケーンで吹き飛ばされるから、アメリカでは地下に作るのが常識)といった問題がありますが、すべて設計が古くて今の日本の事情に全く合ってないのは同じ事ですね)
 さて、我々はそこで「やっぱ古すぎるのはヤバいよね、適時新しいのに変えなきゃ!」と学んだはずなのですが、なぜこの痛すぎる経験が我々の生活に全然フィードバックされないのでしょうか。使い慣れているというのはそれはそれでとても重要な概念ですが、それを逆手に取られて被害に遭うのは馬鹿馬鹿しいことだと思いますが、そうは思えませんかね?

 最近は同じような質問が延々繰り返されるため、管理人もいい加減答えるのに飽きてきました。しばらくはのんびりROMでもして、回答者の皆様の良回答に学ばせて頂こうかと思います。

第39回 質問サイトに蠢く知ったか乙な者共2

 質問サイト悪口シリーズ、惰性の5つめです。
 以前にも知ったかぶり共の悪口を書きましたが、今回はPC関連の知ったか野郎を見極める方法について語りたいと思います。

「なんでVistaはダメOSなの? 技術的に説明おk」と聞いてみよう

 知ったかぶりの知ったかぶりたる所以は、

……などと説明出来る様に、要はどっかで聞いただけのことをこれ見よがしに語るからです。
 つまり、物事のバックグラウンドを全く理解していません。こういう連中は、他人にモノを教える資格は一切無いのです。
 さて、質問サイトでWindows8シリーズの悪口で盛り上がると、必ずVistaの悪口を言うヤツが出てきますよね。確かに、Vistaはマーケティング上中々良い感じに失敗したOSです。しかし、それは何故だったのでしょうか?
 もし回答者の技量を確かめてみたければ、技術的(定量的に)にVistaの良くない点を聞いてみると良いでしょう。その回答によって、そいつの技量がよく分かるというモノです。
 ところで、物事をよく分かったプロフェッショナルでも「Windows8はVistaと同じ失敗作だよねー」とか物事を分かりやすく説明するために言ったりします。それはあくまで比喩表現・話し相手の技量を慮って簡単化して説明しているのであって、そいつの技量を表しているわけでありません。
 ここで一旦話はわき道にそれますが、「CPUグリスってどれくらい付ければいーの?」という質問があった場合、管理人は「はみ出さない程度にたっぷり塗れ」と答えます。もちろん、限りなく薄く塗るのがベストであって、その理由は、CPUとヒートシンクの間の微細な隙間をグリスで埋め、基本はCPUとヒートシンクが直接大面積で接触することが必要等と言うことは、いちいち知ったかぶりに言われなくても理解しています。
 だったら、何故「たっぷり塗れ」と答えるのかというと、そもそもグリスの塗り方を聞いてくるような奴が、CPUとヒートシンクの接触をきっちり担保しながらグリスを薄く塗るスキルなんぞ持ち合わせているわけが無い!という一言に尽きます。そんな技量がある人間は、わざわざ他人にグリスの塗り方なんて聞いてきやしませんし、理由(CPUとヒートシンクの隙間や微細な傷を埋める)を分からずに手段(ちょびっとだけしかグリスを塗らない)を行使した場合、大概グリスの塗り不足でCPUとヒートシンクの接触が出なくなります。つまり、素人がグリスを薄く塗ると、大概熱でCPUを壊すんです。そんな事になるくらいなら、グリスをたっぷり塗って、若干熱伝導率が悪いくらいの熱伝導路を形成する様にした方がイイのです。よく分かった玄人は、そうやって質問者の技量に合わせて最適な回答を使い分けます。
 本筋に戻りましょう。
 つまり、モノをよく分かっている人は、Vistaの良くない点技術的に説明してくれと言われたら、しっかり答えてくれます。「ゲイツがとうの」とか「とにかくクソ過ぎ」とか「重くてたまらん」とか、そういう感想文しか言わない奴は単なる知ったか野郎なので金輪際無視しましょう。なんせ、正しい知識も自分の感想も、メチャクチャにして言うヤツほど質の悪いのは居ませんから。なお、「技術的な事は知りません」としっかり答える人は、知識の多少に関わらず、とりあえず人としては信頼できます。
 では、Vistaが技術的にイケていなかった点とは何でしょうか。それは以下の理由が挙げられます。

……という点が挙げられます。
 以下、くどく説明していきます。

Vistaの要求性能と、普及していたハードウェアの乖離

 Vistaが出始めた当時のPCの環境と言えば、異様に長生きしてしまったXPのおかげで陳腐な性能のPCまでも延命していまい、2014年から比べたらとんでもなくショボい性能のマシンばかりでした。Core2Extremeとかそういう気合いの入ったCPUを積んだ一部のマニアは別として、メーカー品のPCならシングルコアのセレロンにメモリが1GB、クソ遅い120GBのHDDが当たり前で、一般的な自作ユーザもPentiumDやPentium4、メモリは1GB、HDDも大したことない性能のものがほとんどでした。
 そんな状況で、Vistaがまともに動く(ふつーの人が快適と思う)性能と言えば、最悪でもCore2Duoの2GHz以上、メモリは2GB以上、ストレージは出来ればSSDと、そんな有様でした。つまり、2006年にWindows7と大して変わらんハードウェア性能を要求したのです。
 当たり前のことですが、この当時の普及していたPCにWindows7を入れても、Vistaと同じ位に重くて使いモンになりません。(それでも若干軽いのは間違いありませんが)
 逆に、2009年くらいで採算度外視の爆速PC(Core-i7にメモリ8GB以上、ストレージはSSD)にVistaを入れれば、サックサクに動きます。使っていて不便な点など全くありません。Windows7に比べてメーラーが標準添付されていてXPに操作性が似ているなど、良い点も多いです。
 また、XPの高速化として有名だったLUNA(XPの標準の画面テーマ)の無効化をVistaで行うと、遅いOSが余計に遅くなるという弊害もありました。
 Visaから搭載されているWindowsAeroはGPUで画面描画を行います。Areoを切ると、XP時代とは違いGPUの2Dアクセラレータを一切使わず、CPUのみで画面描画を行います。つまり、XPに例えると、セーフモードで画面描画を行っているのと同じ状態になります。
 こういう情報を知らない半可通が、それなりのGPUを積んでいるPCでもAeroを切って使っていたため、余計に画面描画が遅くなってOSが重いと言い出したのも一つの原因でしょう。(こういった事情があったからか、Windows7ではAeroを切ったクラシックテーマでも一部2Dアクセラレータを使って画面描画を高速化していますが、Aeroを使ったの方が速いのは言うまでもありません)
 そして、以降で述べるデフラグの問題もあり、著しく動作の重いOSに成り果ててしまったのです。

セキュリティ確保とユーザビリティは二律背反

 VistaよりWindowsのカーネルの構造に手が入り、ログインしているユーザの権限に関わらずアプリは全てユーザ権限で動作する様になりました。そして、アプリがどうしてもシステムの深い部分(つまり、セキュリティのリスクが高い部分)にアクセスしなければならないとき、一時的にアプリの権限を管理者権限に昇格させるために、ダイアログが出るようになりました。これが悪名高いUACのダイアログです。
 しかし、この仕組みは非常に大切なことであって、アプリをインストールするときでも無い普段使いの状態でも、管理者権限でログインする管理人のようなバカタレのセキュリティを守るためには仕方のない事なのです。
 つまり、アプリがウィルスがやるような動作(システムフォルダに書き込みをするとか)を見せたときに、OSが警告を発するわけです。そしてWindowsは過去からの互換性をとても重視したOSであって、Windows2000の頃のようにシステムをぶっ壊す様な行儀の悪いアプリでもちゃんと動作させ、しかもユーザが望まない(つまり悪意を持った動作)を抑止するためには、アプリが何かやらかそうとする度にユーザ確認を求めるしかありません。
 しかし、Vistaが出たばかりの時は、ユーザ側にこうした知識や気構えが無く、XP自体では何の警告も無しに使えていたアプリでポコポコ鬱陶しい画面が出るものだから、不興を買ったのは無理もありません。しかも、アプリ側もVista以降への対応が進んで居らず、警告が出まくるものも多かったのも問題をより深くする原因となりました。
 Windows7では、UACの出方を大人しくするなど、改善が為されると同時に、アプリ側でもUACの警告を出さないように、Vista以降に準拠した動作をする様になったため、以前より使い勝手が悪くなるようなことは無くなりました。

自動デフラグ機能がトドメを刺した

 Vistaの機能で致命的にマズい点は、自動デフラグ機能があまりにもしつこいことです。
 作成者の意図は、ユーザがPCをほったらかしにしているなど、PCが暇なときに自動でデフラグを行い、ディスクアクセスをいつでも快適な状態に保つ事だったのでしょう。ちなみにWindows7でもこの機能は生きていて、WindowsXPの頃のように壊滅的にフラグメントが発生するようなことは無くなっています。
 さて、初期のVistaでは、先の「暇な状態」を判断するアルゴリズムがまるでバグの如くおかしく、感覚的には電源を入れてから電源を切るまで、ユーザがせっせとPCを弄っていてもそれを押しのけてデフラグをやり続ける様な状態でした。
 その頃のPCといえば、上述したとおりCPUは遅くメモリも足りない。つまりクソ遅いHDD上でスワップファイルにメチャクチャアクセスしている様な状況であるにも関わらず、それにも増してデフラグを最優先(感覚的に!)で行うため、延々遅いHDDをアクセスし続け、何をやるにしても引っかかり、ひたすら待たされ、動いてるんだか固まっているんだかワケの分からん状態が延々続く有様でした。(もちろんHDDのアクセスランプは、電源ランプと同じように光り続けます)
 Vistaも最新のサービスパックを当ててからはこの辺のバグ的動作が改まり、それなりに動作が速くなりました。

 VistaとWindows8はどっちも失敗OSを言われていますが、根本的な部分が全然違います。
 Windows8は、設計自体が失敗です。マウスオペレーションが支配的な状況で、タッチパネルでないと不利益を被るUIを乗せる行為は設計ミスと言っても差し支えないでしょう。そしてモダンUI自体も、21インチ以上のワイドモニタが主流なのに、チャームが右から出てそれ以降の操作メニューが画面左に集中するなど視線移動が多いとか、アプリのメニューも大量のアイコンが羅列するだけなので目的のアイコンを探すのに苦労するなど、やたら疲れる設計になっています。
 そしてデスクトップアプリとストアアプリの連携がほとんど無く、一つのOSの上に二つの別個のシェルが混在してるような有様で、ユーザを混乱させるだけになっています。
 一方Vistaは、設計自体に悪いところはほとんどありません。しつこいデフラグも、チューニングの問題であって自動でデフラグを行うという機能自体に問題があるわけではありません。つまり出るのが早すぎただけです。単に「早すぎたんだ、腐ってやがる」な状態になっていただけです。

「アドビのCS2ってフリーなんだっけ?」と聞いてみよう

 2012年の12月に、CS2等のライセンスを管理しているサーバが吹っ飛んでライセンス認証できなくなったそうです。システム屋からしてみれば、何でバックアップ取ってなかったんじゃい!?とつくづく思ったものですが、得てしてバックアップというのは「備えたぞ♪」と人の心を安心させるだけであって、いざというときのリカバリには使えないものです。
 さてそんな事はどうでもイイとして、結局アドビシステムズは今だCS2を使い続ける人向けに、ライセンス認証しなくても使える版をWebに置くことにしました。はじめ、Webページにはあまり細かな説明が無かった為、一部報道において「無償で利用可か?」などと出てしまったが故に勘違いされたこともありましたが、後に「CS2の正規ライセンスを持っていないとライセンス違反になる」と明記され、報道でもその旨修正が為されました。
 大切なことなのでもう一度書きますが、CS2はフリーウェアではありません。無償利用も出来ません。アドビの許可無く使えば、訴訟を起こされる可能性があります。
 なので、自己責任で勝手に使ってアドビにケンカを売るのはまぁこの際良いとしても、他人に「フリーになったので使えます」等と言うのは知ったかどころでは無くライセンス違反の教唆にあたります。ダウンロード出来る=勝手に使って良い等と言う方程式は存在しません。それだと、お店で人殺しが出来る包丁を売ってるから、殺人も合法だとほざいているようなモノです。(正確には、ライセンス違反=違法というわけでは無いのですが)
 つまり、CS2がフリーだと言うヤツは、自分でアドビのWebページの記述を確認したことが無いのか、ライセンスの概念が無いのか、それとも一般社会では許容されない独自の行動原理で動いているのかなど、何にせよ他人にモノを教える資格は一切ありません。バカの言うことを信じて、訴訟のリスクを背負い込むようなことは可能な限り避けなければなりません。

「SSDの寿命って結局どうなの?」と聞いてみよう

 一時期、SSDの記憶素子(FlashROM)に起因してSSDの寿命はHDDよりも遙かに短い等と言われておりました。
 そんな古い情報が未だ頭にこびりついているのか、2014年にもなってSSDはHDDに比べて寿命が短いとか、プチフリがどうのといった嘘にも等しい事を偉そうに語る奴がまだ居ます。
 HDDで使われている磁性体の寿命など人間の寿命に比べて遙かに長く、磁気記録という記録方式は今でも大変優れているという評価のままです。だから記録方式で言えば、磁気記録の優位性はまだまだあると言えるでしょう。
 しかし、FlashROMは同じ領域に何度も書き込めばすぐに寿命が尽きます(SLCで10万回、MLCで1万回くらい、TLCで数千回くらい)が、ウェアレベリングなどの技術によって、SSDとしての寿命はそのものが技術的に陳腐化する年月よりも十分長く(10年以上)なっています。
 つまりSSDの寿命は、モーターやベアリングなど機械的なパーツを多数含むHDDに比べて可動部分を持たないため、十分長いと言えるでしょう。
 そもそも、SSDと全く同じFlashROMを使ったUSBメモリやケータイ、スマホの寿命を1秒でも気にしたことがありますか? SSDの方がよっぽど長寿命になる仕組みを持っているにも関わらず。
 さて、ここでSSDの寿命を決める故障原因について考えてみましょう。現状、原因として上げられるのは、

……が挙げられます。
 順番は、経験と現実的にあり得る可能性を考えた物になっています。
 物が分かった人なら、「SSDは割りと突然死する事が多いから、HDDと大して変わらないよね」とか言ったりするでしょう。
 そして周りを見渡して欲しいのですが、今まで一度でもFlashROMがすり減ってSSDが壊れたという人を見たことがありますか? 普通の人間の使い方では、SSDのFlashROMが真面目に書き込みできなくなるほど酷使するにはウン十年の歳月が必要です。
 つまり、SSDの故障原因としてFlashROMの寿命しか挙げない奴は、知ったかぶりという事です。
 なお、FlashROMはその構造上、時間が経つとデータが蒸発します(溜めている電荷が抜けてしまう。SLCで10年くらい、MLCやTLCではもっと短い時間で)。このため、全く書き込みを行わないとやがてデータが消えてしまいます。この点が、ウン十年とデータを保持し続ける磁気記録と比べて弱いところでしょう。SSDは駆動部分を持たないため、放って置いて壊れる事は少なそうですが、データをずっと貯めておくアーカイブ的用途には不適格です。

 さて、今まであなたに偉そうにうんちくを垂れて居た奴が、よく分かっている人なのか単に知ったか野郎なのか、こそっと調べてみてくださいね。

第40回 2015/1/11 質問サイトに蠢く知ったか乙な者共3

 質問サイト悪口シリーズ、惰性の6つめです。
 今回も引っかけ問題で知ったか野郎をあぶり出してみましょう。

「XPみたいに枯れたOSは、Windows7みたいな新しいOSに比べて安全なの?」と聞いてみよう

 結論から言うと、全く安全ではありません。
 世の中には”メーカーのサポート終了=セキュリティホールを全て潰し終わった”等という独自の解釈を他人に押しつける奴も居ますが、こういう勘違いな事をぬけぬけと言う人間は決して信用してはいけません。
 WindowsやJavaのサポート終了は、サポートすることが無くなったからではなく、製品が古すぎて(そして新しい代替製品が出ていて)メーカーサポートの手間が増え過ぎたから打ち切られる物です。
 つまり、サポート終了になったソフトウェアにも必ずセキュリティホールが存在し、かつそれは時が経つにつれて周知され、そしてそれは決して修正されることはありません。犯罪者の恰好のネタになります。
 たまに「今でもWindows2000を使ってるけどウィルスとか入ったこと無い」とか言う人間も居ますが、確かにそいつは正しいスキルと気合いと根性でウィルスの侵入を阻止しているのかも知れませんが、そういうスキルが他人にも同じようにあると思っている段階で他人に物を教える資格はありません。人に何か教えを垂れる場合は、自分にしか当てはまらない経験談と万人に当てはまる一般常識をちゃんと分けて書かなければなりません。
 自慢げに自分の武勇伝を語るのは良いかも知れませんが、だからといって他人に「それで安全だ」などと言うのは無責任にも程があるという物です。
 また、「XPはたくさんパッチが当たっているから安全だが、Windows7や8はこれからパッチが当たるので危険」などと嘘八百を並べ立てる人間も良くいますが、これも全くの勘違いです。Windows7や8は、それが開発された時までにXPなどで判明していたセキュリティホールを完全に潰していますし(要はXPと同じパッチが全部当たっていると思っていて良い)、しかも構造的にXPに様に簡単にウィルスが稼働できる様にはなっていません。
 つまりWindows7や8はXP以前の(既知の)セキュリティホールは潰され、しかもより安全性が高められた構造になっているのだから、XPの方が安全等という議論は決して成り立ちません。(もちろん新しい機能に新しいセキュリティホールが存在するのは当たり前のことで、それを持ってしてOS全体の安全性が低い等と言う評価も間違いです)

「昔のパソコンの、PC-9821とPC-98NXって同じ規格だよね?」と聞いてみよう

 これも結論から言うと、全然同じ規格ではありません。PC-9821はNECの独自仕様ですが、PC-98NXはほとんどAT互換機です。単に規格が古くてメーカー製なのでツブシが効かないだけのDOS/V機だと思っておけば、だいたい間違いないです。
 なので98NXの機器や周辺機器のAT互換機との互換性はもちろんありますし、例えば内蔵HDDは普通のIDEのものなので、USB変換器で繋げば普通にファイルにアクセス出来ます。(PC-9821のHDDもIDEなので同じくUSB変換器などで接続は出来ますが、パーティションの切り方が違うのでアクセス出来ません。逆に、AT機のHDDは何とか9821に接続出来れば、9821のWindowsではパーティションを認識出来るのでファイルアクセスが可能です)
 こういう状況であるにも関わらず、NECで型番に98が入っているから!という理由かどうかは知りませんが、98NXというとNEC独自規格なので現行のWindows機(AT互換機)ではHDDを認識出来無いだのとうとうと語る奴が出てくるのです。
 確かに、NECは98NXはDOS/V機と互換性がありません等とワケの分からん言い方をしていたことがあったので(PS/2を付けずに、マウスもキーボードもUSB接続だけとか、他社のAT互換機に対して差別化が為されておりました)、メーカーとしての保証を考えれば理解出来なくも無いですが、しかしその後雑誌などで分解記事がたくさん出てきて、中身はほとんど(というかまんま)AT互換機である事は周知の事実でした。なんせ基板上にPS/2端子がちゃんと付いていて、単に外装ケースで塞いであっただけとか(キーボードを繋げば普通に動いたらしい……)、実際はその程度の非互換性?でした。
 確かにマニアックな話題ではありますが、人に教えを垂れるならそのくらい知っておけよと。逆に、その程度も知らんのならば、他人のものを教える資格など一切無いというもんです。中途半端な思い込みを他人に伝えるほど、迷惑なことは無いですからね。

「オーディオで、ケーブルを変えると音が変わるよね?」と聞いてみよう

 この設問で注意して頂きたいのは、「音が良くなるか?」ではなく「音が変わるか?」という事です。そして、値段の高いケーブルを使えばより良い効果が出る、等と言うことでもありません。
 当たり前のことですが、ケーブルが変われば音は必ず変わります。信号の伝送路が変わるのだから、流れる信号の特性が変わるのは物理現象であって、人間の思い込み云々ではありません。
 つまり物理云々まで引き合いに出して音は変わらないというヤツは、単なる知ったかです。ほぼ間違いなく、自分で実験した事も無いでしょう
 そしてこういう話題が出ると、何か人生に大きなトラウマでもあるのか、躍起になって絶対音は変わらないと否定したり、オーディオに金を掛ける奴の人格攻撃を始める人間が沸いてきます。単にお金持ちに対する薄汚い嫉妬なのか、そういう人間は思考が偏っているので発言の中身をしっかり吟味しましょう。
 あと、こういう趣味に直結する話題は、質問者や回答者の根拠としているバックグラウンドが最初からずれている事が多く、発言が空回りする事が多いです。賢明な回答者諸氏に於かれましては、まず脊椎反射で発言するのでは無く、質問者のスキルと求めている回答を良く吟味した上で、適切な回答とその根拠を示しましょう。
 ちなみに管理人はこの手の専門家では無いし、ケーブルの善し悪しを聞き分けられる公式なスキルも超高価な機材も持っていないので、経験論を元にした独自の考えしか述べることはできません。が、全否定するだけの人間よりかは建設的な意見だと勝手に思っています。
 以下、良く空回りする話題についてクドく説明していきます。

ケーブルの善し悪しは価格に比例するか?

 「ケーブルの善し悪し」が質問者にとって何なのかを明確にしないと、この手の答えは絶対出ません。
 ケーブルの音なのか、見た目なのか、持つ喜びなのか、そういった相手の要求によって善し悪しの根拠がぶれてきます。
 ただ、1m程度で5万円までのケーブルは、大概の部分で価格と性能が比例するかと思います。それ以上はメーカーへのお布施でしょう。

値段の高いケーブルは良い音がするのか?

 ケーブルは材質や作り方によって音が変化しますが、音の「良い」「悪い」は個人の趣味主観によって全然違うので、メーカーが生産コストを押し上げて目指した音が、ユーザにとって良い音かどうかはユーザ本人にしか分かりません。
 だからこういった類の物にそれなりの金額を掛けるならば、信頼のおけるお店で視聴が必須です。他人は自分の好みで善し悪しを述べますが、その他人の好みが自分と一緒である事は全く無いでしょう。例えば、スピード感のあるやたら広帯域なケーブルは、管理人は好きな傾向の音であります。しかしそれは他人にとっては、厚みも無く響きも無いスカスカな音だと評することもあるでしょう。

ケーブルの材質によって音が変わるのか?

 抵抗値や特性インピーダンスが違うので、確実に音が変わります。
 特に銀線はかなり音が変わるので(高音が強調されるような感じになる)、普通の人でも聞き分けが出来ると思います。ちなみに管理人は銀線の音はあまり好きでありません。色づけが強すぎるからです。
 なお、高価な金属を使っているからといって、それイコール音が良いという事はありません。
 例えば、材質に鉄を使っている場合は「錆びてくすんだ音」がする、鉛を使っている場合は「重くて黒ずんだ芯の無い音」がする、アルミを使っている場合は「透明感が無く軽い音」がする、銅を使っている場合は「柔らかく暖かい音」がする、金を使っている場合は「煌めくような艶のある柔らかい音がする」、銀を使っている場合は「一見くすんでいるようで、しかし繊細な音」がする、ロジウムを使っている場合は「固いくて澄んだ音」がするなど、お前そりゃ金属の「見た目」やろがい!!と、それなりに高級ケーブルに興味がある管理人でも引く様な表現があちこちで使われています。
 それなりにオーディオに良いイメージを持つ管理人ですらあきれるような有様なので、一般庶民にとっては失笑モノでしょう。業界の方々に於かれましては、早急にこういう子供だましな宣伝文句は捨て去って頂きたいです。はっきり言って、品が無いです。アホ丸出しです。

光ケーブルより同軸の方が音が良いのか?

 同軸は、光コンバータを通していないだけ生の信号が伝わるので、ノイズが無い環境であれば音質的にメリットがあるでしょう。しかし、そのオーディオシステムにPCが紛れ込んでいる場合、悲しいほどにノイズが入り込んできます。これはUSBでも一緒です。オシロでスピーカー端子まで届くノイズを見ていると、PCをUSB DACに接続しただけで目一杯ノイズの波形が出てきます。
 こういう場合は、PCとオーディオ(DAC)を光ケーブルで繋いだ方がよっぽど良いでしょう。

SPDIFのデジタルケーブルは高価な物ほど音質が良いのか?

 所詮デジタルなんだから、ケーブルの質なんて関係無いというヤツはモノを知らん人間です。
 SPDIFの信号波形を一度でもオシロでじっくり見れば分かりますが、変なケーブルを使うと矩形波が悲しい位に崩れてジッター成分が増えます。
 知ったかな素人ほどデジタル信号は0か1しかないとほざきますが、その伝送路はガチなアナログ回路であって、0か1かをしっかり伝えるには、それなりにしっかりした伝送路=ケーブルが必要です。SPDIF程度なら200MHz程度の帯域があればほぼ正確に伝送出来ますが、それこそHDMIみたいな高速な伝送路は数GHzの帯域が必要になります。
 しかし、メートル辺り1万円を超えるデジタルケーブルは、正直どうかと思います。真面目に75Ωのインピーダンスが取れていれば、おかしな値段のケーブルを使わずとも、そんなに波形を崩さず信号をDACに伝送出来るはずです。そして先にも書きましたが、例えば宣伝文句でケーブルの材料に金を使っているから煌めく響きがどうのとか書いているならば、それはさすがにおかしいと思った方が良いでしょう。アナログ信号のケーブルには、材質などによって独自の味付けが為されることはあります。だからケーブルによっては響きが違って聞こえることも有りですが、デジタルではそれはあり得ません。SPDIFの波形が変化する云々以前に、ケーブルがPCMの情報を改変していることになるからです。音が変わるというのは、片方がよっぽど粗悪なケーブルで、ジッター成分が多いのか、PCM信号の伝送エラーで音が変わって(崩れて)いるかのどちらかでしょう。

USB DACのUSBケーブルも、高価な物ほど音質が良いのか?

 USBケーブルによって音が変わるのか?という命題に関しては、理屈はわかりませんが音が変わります(管理人は自分で確かめ、そういう結論を得ています)。USB DACのチップや回路構成によって原因はいくつかあるのでしょう。例えばDACチップの電源をUSBから得ているかどうか、DACチップのマスタークロックがUSBのクロックから生成されているかどうか、PCからのノイズでDACチップのリファレンス電圧が偉い影響を受けて音が歪んでいるとか、妄想すればいくつも原因が考えられます。
 音質的に優れていないUSBケーブルは、きっと信号波形が崩れてジッタが多いのでしょう。または電源からのノイズの回り込みが激しいとか。ちなみに、だからといってHDDなどでデータエラーが出るとか言うのは早合点というものです。ストレージクラスではエラー検知とデータ再送を行いますので、ケーブルの質が悪い場合でも間違った情報を読み書きする確率はかなり低くなっています。
 ところで、DAC側でUSBの信号をリアルタイムにアナログ信号に変換するのでは無く、一旦内蔵バッファに蓄積したうえで、高精度水晶によるマスタークロックでアナログ変換をするような機械の場合、USBケーブルによる影響はかなり抑えられるでしょう(……とは言いつつ、そういう事をしてそうな高性能なUSB DACでもケーブルによる影響があるようなので、簡単な理屈では無いのでしょうけど)
 なのでこの質問に対する適切な回答としては、「根拠が分からないので説明のしようが無い」もしくは「そういう主張があるのは事実。自分は○○だと思うが」辺りでしょう。
 中途半端な技術論をあげつらってとにかく否定する人間は、そもそもオーディオに無頓着なのか、それともそれくらいの音の違いを聞き分けられないチープな機器しか持っていないだけのどちらかです。
 なお、先のデジタルケーブルの所でも書きましたが、USBケーブルの材質の見た目と同じような音の変化をするという宣伝文句はかなり怪しいです。管理人の実験では、高音質を謳うUSBケーブルを用いた場合は、響きがどうのではなく、音がよりクリアにすっきりする方向に変化する様に感じました。

LANケーブルも、高価な物ほど音質が良いのか?

 これに関しては、管理人は自分の耳で確かめた事は無いので何とも言えません。
 LANインタフェース(ネットワークオーディオ)はUSB DAC等とは違い途中に何段階かプロセッサやバッファメモリが入っているので、ケーブルやハブなどが伝送路して優れたモノなら音が良くなるでは無く音が劣化しにくくなると考えられますが、だからといってケーブルで明確に音が変わるというのはちょっと……。
 CAT6くらいの品質の良いケーブルと業務用のハブでも使っていれば、よっぽどのことがあってもネットワークオーディオで音が変わることは無いと思いますが、いかがでしょうか?

<追記>
 ちなみに管理人は、既に質問サイトには全く出入りしていません。行かなくなったのは、答えるのに飽きたとか、毎回毎回同じ質問が出るとかいう理由ではありません。
 ウソつきが放置されているのが許せないからであります。
 質問側は、そもそもモノを知らんので、いきなりそれっぽいウソをつかれても正否が判断出来ず、そんな連中に高評価を与えてしまうということがたくさん起きています。
 そしてそんなウソ回答が未来永劫ずっとネットに残り続けます。後から消すことも出来ません。
 こんな状況、一種の情報テロだと思いませんか? 延々ネットにへばりついてるニートが撒き散らかせたウソが、ず〜〜〜っと正しいものとして参照され続けるのです。
 運営側も完全放置だし、質問のスレが生きていたとしても、あからさまなウソに対して訂正すら規約上出来ないのです。
 ……このような状況にいちいちイライラするのも馬鹿馬鹿しいので、退会してROMすらしなくなりました。