次回のおしらせ

      ホームへ 108回ねずみの会

お知らせ 
 コロナウイルスの感染拡大が大きな問題となっています。
この状況ではねずみの会の開催には無理があります。
残念ですが、中止といたします。よろしくお願い申し上げます。


穏やかな日和で新年がスタートしました。今年もねずみの会をどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて2020年初のねずみの会には、ソリスト、室内楽奏者として邦楽との共演などで多彩な演奏活動を展開している若手ギタリスト、松尾俊介氏を迎えることになりました。
ねずみの会では初めての特別ゲストとして講評
演奏をして頂きます。楽しみですね。

今年は東京オリンピック開催という一大イベントを控えています。五輪に乗じて活気のあるねずみの会となりますように。奮ってのご参加をお待ちしています。


日 程 2020年3月21日(土)
集合 10:30
開演 11:30 
 
場所 ☆富士見市針ヶ谷コミュニティセンター
☆東上線
・みずほ台駅下車、徒歩12分    
   
特別ゲスト ★松尾 俊介 先生
 
 ◆年会費:¥1.000
 ◆出演費:¥2.500
 ◆懇親会費:¥2.500

 
              演奏曲目

◆シャコンヌ
(無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番  ニ短調bwv1004)
//J.S.バッハ



 
                 松尾俊介 プロフィール

 パリ国立高等音楽院ギター科を審査員満場一致の首席で卒業。20051stアルバム 「ヴァリエ1」でデビュー。その後は内外の音楽祭(ベオグラード国際ギターアートフェスタ、サラエボの冬、ギター上海2014など)に招かれるほか、東京オペラシティB→C、東京春音楽祭「東博でバッハ」シリーズに出演。武満徹没後20周年記念リサイタルが「現代の音楽」で放送されたほか、史上初のギター伴奏によるシューベルト「白鳥の歌」全曲演奏が大きな注目を集めた。ポンセ作品集、バッハ作品集、ディアンス作品集、武満徹作品集などのCDが、レコード芸術誌特選盤に選ばれる。
ギターを渡部延男、福田進一、ポンセ、キャレル・アルムス、オリヴィエ・シャッサンの各氏に、古楽をエリック・べロック氏に、室内楽をラスロ・ハタディ、上だ晴子氏に師事。
一般財団法人地域創造公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト。

http://shunsukematsuo.com



予約申込み・お問合せ
◆主催:音楽を地域に広める会  代表 吉田峯男

◆TEL&FAX:049-253-3075

◆E-mail:rurimasa@kyf.biglobe.ne.jp

Eーmail  rurimasa@kyf.biglobe.ne.jp