海事代理士とは 秋田の高桑行政書士・海事代理士事務所

海事代理士とは

海事代理士とは、他人の委託により行政機関(国土交通省、法務局、都道府県、市町村長等)に対して、海事法令に基づく申請、届出、登記、 その他の手続き及びこれらの手続きに関する書類の作成を業務とする国家資格者です。

例えば、船舶の登記(所有権保存・所有権移転・抵当権設定等)、登録、検査、海技免状等の更新・再交付申請手続等ですが、海や船舶に関しての「司法書士」 や「行政書士」のような業務を行っていると説明したらわかりやすいかと思います。

海事法規は、陸上と違った環境のもとでの危険や交通方法があり、加えて国際法の関連等もあって多岐にわたっております。
ちなみに海事代理士の資格試験の科目は、一般常識の「憲法」「民法」「商法(海商法)」に加えて、海事法規としては、「船員法」を始めとして 15の法律から出題されています。

事代理士が行うことができる主な業務の内容 お忙しい皆さんに代わってお手伝いいたします
ボート免許(小型船舶操縦免許証)の更新・失効再交付手続きと申し込み案内

ボート免許(小型船舶操縦免許証)の更新・失効再交付(期限切れ・紛失等)及びその他の手続き一切を、当事務所でうけたまわっております。
全国対応いたしますので安心して、お任せ下さい。更新・失効(期限切れ)の場合で本籍地・氏名・紛失等が伴っても同一料金でサービスいたします。

代行依頼等くわしい案内については、以下をクリックしますと該当ページに移動します。
小型船舶免許更新・失効手続き代行(全国版)
小型船舶免許更新・失効手続き代行(東北版)


メールはこちらから SSL対応ですので安心です 携帯用メール

関連ページへ戻ります