(私設美術館) 荻崎正広コレクション

 ゲイ・アートの家

(Private Museum) Ogizaki Masahiro Collection 《 The House of Gay Art》



2005.4.17開館(Opening)

自己紹介(Self-Introduction)

ブログ(Blog) 荻崎正広World

The House of Gay Art-YouTube


赤い地の中のきしむ四肢と河童 ゲイ・アートを主にした、自宅を用いた隠れ家的な私設美術館です。
平野剛、長谷川サダオ、稲垣征次、稲嶺啓一(東風終(こち・しゅん))、波賀九郎、三上風太、冬陽(とうよう)、高蔵大介、佐武郎、三島剛、ヤギシンゴ、jiro、内藤ルネ(佐原サム)、岩上大悟、神宮寺拳(じんぐうじ・けん)、四聖鰆(しせい・さわら)を始め60名程の作家による、 合わせて210点を越えるコレクションで、絵画、写真、彫刻、陶磁器その他に渡っています。
又、矢頭保(1928〜1973)の写真集『裸祭り』、『OTOKO』、『体道』(初版本)、更に、円谷順一(通称、大阪のおっちゃん)(1971年没。享年54才)(二転三転して恐縮ですが、姓の読み方を「えんたに」から「えんや」に戻します。それらの経緯をブログ「円谷順一」探訪行(その1)に載せましたので、参照してください)が撮影したアルバム90冊以上、ネガフィルム多数を含め、それらとも関連し、合わせてアルバム160冊以上、ネガフィルム、スライドフィルムともに多数を所蔵しています。
(円谷順一の作品は、おもに、初期の「薔薇族」(本誌)や、「青年画報」(ともに第二書房刊)などに掲載されています)
美術品を通して、男の心身の放つエロスにじっくり向き合ってみるのも、一興かと思います。是非ご来館ください。

なお、画面右手上段の絵は、長谷川サダオ(1999年没)の『赤い地の中のきしむ四肢と河童(かっぱ)』薄(すすき)の中で逆立ちする真裸、右手下段の写真は、冬陽(2006年没)の『薄(すすき)の中で逆立ちする真裸』という作品です。
又、下の左側5点のモノクロの写真は、上記円谷順一の作品です。その右の3点は、名前が特定できないのですが、円谷よりやや若い世代だと思われる、やはり大阪で活動した写真家の作品です。 円谷順一3円谷順一4円谷順一5円谷順一6円谷順一7大阪の写真家1大阪の写真家3大阪の写真家2











ちなみに、比較的新しく入手した作品としては、甲秀樹(こう・ひでき)の絵画(1点)、森栄喜(もり・えいき)の写真(2点)、
四聖鰆(しせい・さわら)の絵画(1点)(これまでのものを合わせると5点)、同写真(1点)、岩上大悟(いわがみ・だいご)の写真(6点)(これまでのものを合わせると10点)、 田口弘樹(たぐち・ひろき)の写真(1点)(これまでのものを合わせると2点)、toboji538の写真(4点)、田亀源五郎(たがめ・げんごろう)の絵画(1点)(これまでのもの<ポスター>を合わせると8点)、湯川富夫(ゆかわ・とみお)の写真(5点)(これまでのものを合わせると12点)、稲嶺啓一(東風終(こち・しゅん))の写真(1点)(これまでのものを合わせると33点)、安貴之(やす・たかゆき)の写真(1点)(これまでのものを合わせると3点、
神宮寺拳(じんぐうじ・けん)の絵画(2点)、藤田竜(ふじた・りゅう)の絵画(1点)(これまでのものを合わせると7点)、大川辰次(おおかわ・たつじ)の絵画(2点)、奥津直道(おくつ・なおみち)の絵画1点(これまでのものを合わせると4点)、西ノ宮翼(にしのみや・つばさ)の絵画(2点)、晩三吉(ばん・さんきち)の絵画(2点)、内藤ルネ(佐原サム)の絵画4点(これまでのものを合わせると11点)、ヤギシンゴの絵画1点(これまでのものを合わせると5点)などです。

画面下左手から、甲秀樹『江戸浮世絵巻「大漁」』(絵画)、森栄喜「Crows and Pearls(カラスと真珠)2」(写真)、四聖鰆「大漁鰆展」(絵画)、岩上大悟「白壁の前の裸」(写真)、田口弘樹「Kouta 03/08」(写真)、toboji538「RH-.0006」(写真)、田亀源五郎「『ラグビー部OBの特権』より」(絵画)、四聖鰆「脱兎白白図(だっとはくはくず)」(絵画)、
二段目左から、四聖鰆「生臙脂(ショウエンジ)」(写真)、湯川富夫「陽の射す二つの尻―おぎおんさぁ(祇園祭)(鹿児島市)(2010.7)」(写真)、湯川富夫「尻の群れ(同)」(写真)、稲嶺啓一(東風終(こち・しゅん))「尻の肉の盛り上がるボディビルダー」(写真)、湯川富夫「担(かつ)ぐ尻たち―おぎおんさぁ(祇園祭)(鹿児島市)(2011.7)」(写真)、安貴之「奥行きのある担(かつ)ぐ裸群(らぐん)―江の島天王(てんのう)祭(2009.7)」(写真)、稲嶺啓一(東風終(こち・しゅん))「暗褐色の裸群(らぐん)(静岡県伊東市)(2003年頃)」(写真)、岩上大悟「全裸で立つ若い半身(奥多摩)(1975年頃)」(写真)、

江戸浮世絵巻「大漁」 Crows and Pearls(カラスと真珠)2 大漁鰆展 白壁の前の裸 Kouta 03/08 RH-.0006 『ラグビー部OBの特権』より 脱兎白白図







生臙脂 陽の射す二つの尻 尻の群れ 尻の肉の盛り上がるボディビルダー 担(かつ)ぐ尻たち 奥行きのある担(かつ)ぐ裸群(らぐん) 暗褐色の裸群(らぐん) 全裸で立つ若い半身








三段目左から、岩上大悟「たたむ若い四肢(奥多摩)(同)」(写真)、東風終(こち・しゅん)「両の腋(わき)の下を見せる若い男(1986年頃)」(写真)、神宮寺拳「立って交わる二人の男」(絵画)、(同)「腰を下ろして交わる二人の男」(絵画)、藤田竜「立ち、一方では眠る男たち」(絵画)、大川辰次「矢に射られる若い裸」(絵画)、稲嶺啓一(東風終(こち・しゅん))「くつろぐ若い力士たち―自衛隊習志野駐屯地相撲大会(2012.8)」(写真)、安貴之「攀(よ)じ登る白褌(はっこん)―七日堂(なのかどう)裸まいり(福島県柳津町<やないずまち>)(2012.1)」(写真)、奥津直道「鞍馬の火祭り(2013)」(絵画)、

四段目左から、西ノ宮翼「祭男V」(絵画)、「ヌードU」(同)(雑誌「ジーメン」2009.2(No.155)掲載の佐武郎氏の写真による)、晩三吉「両の腕を上げた壮年の男」(絵画)、内藤ルネ(佐原サム)「昭和初年は春の暮れ」(絵画)(雑誌「薔薇族」1980年4月号掲載)、藤田竜「学生服の裸の胸元」(絵画)(雑誌「薔薇族」1972年3月号の表紙原画)、安貴之「砂浜に立つ円の裸身―玉前(たまさき)神社 大寒禊(みそぎ)(千葉県一宮町<いちのみやまち>)(2013.1)」(写真)、ヤギシンゴ「黒と緑の男の裸体」(2015.7)(絵画)、稲嶺啓一(東風終(こち・しゅん))「頂点の白褌(はっこん)の尻―的(まと)ばかい(四王子神社)(熊本県玉名郡長洲町)」(1995年頃)(写真)、同「屈(かが)む尻の両たぶ―豊田天下祭(愛知県豊田市)」(2000年頃2月)(写真)という作品です。

たたむ若い四肢 両の腋(わき)の下を見せる若い男 立って交わる二人の男 腰を下ろして交わる二人の男 立ち、一方では眠る男たち 矢に射られる若い裸 くつろぐ若い力士たち 攀じ登る白褌 鞍馬の火祭り








祭男V ヌードU 両の腕を上げた壮年の男 昭和初年は春の暮れ 学生服の裸の胸元 砂浜に立つ円の裸身 黒と緑の男の裸体 頂点の白褌の尻 屈む尻の両たぶ







埼玉県川口市辻606-2 鳩ヶ谷スカイハイツ907 (合併により市名が変わりました)  TEL048(283)1267
坂本敏夫(本名)(玄関には、本名の記された表札と、「荻崎正広コレクション」という看板が掛かっています)
荻崎正広(おぎざき・まさひろ)(筆名) (著書)『夢幻の野へ』(鳥影社)(1983年)(小説集)、『彼方の海辺へ』(鳥影社)(1991年)(小説集)、『吹き荒ぶ生身の森へ』(文芸社)(2000年)(戯曲集)他。
案内図
開館日 毎週(月)(木)(金)(日)の四日間(ただし、都合により閉館する場合は、ご了承下さい)
開館時間<午後>1:00〜5:00 入館料700円
[交通]
埼玉高速鉄道(地下鉄南北線と接続)鳩ヶ谷駅西口(2a出口)から徒歩10分。
JR西川口駅東口で国際興業バス。
4番乗り場 鳩ヶ谷公団住宅行き。3番乗り場 東川口駅南口行き、鳩ヶ谷車庫行き。4番、3番ともに南鳩ケ谷七丁目下車。徒歩7分。
(乗り場は駅前から1ブロック離れています。駅前の1番乗り場から出る鳩ヶ谷車庫行きは、南鳩ケ谷七丁目は通りませんので、ご注意下さい)       

案内図の拡大

                  (マンションの玄関口を入ると、正面右手にエレベーターがあります。9階で降り、右手に曲り、3軒目です)
分かりにくい場所だと思いますので、電話いただけたら幸いです。
右上の案内図も参考にして下さい。

お問い合わせや、「ブログ 荻崎正広World」についての感想、その他、電話、メールなどにて気軽にお寄せください。
メール(E-mail)(パソコン=PC)

携帯電話(cell phone)のメールアドレス tuyuhara57vg@docomo.ne.jp

(荻崎から)
下の8点の絵画は、『別冊薔薇族 青年画報 3』1980年冬号(第二書房刊)に掲載されている、「セックス紙芝居 30分」と題された神宮寺拳氏の作品です。
ただし、原画ではありません。これらの原画は神宮寺氏自身所持していないとのことです。

(ちなみに、同号には、「男性ヌード写真を日本で最初に撮っていた男―今は亡き円谷順一の思い出の作品集」と題して、円谷順一の大判の作品6点が載っています)
神宮寺拳1 神宮寺拳2 神宮寺拳3 神宮寺拳4 神宮寺拳5 神宮寺拳6 神宮寺拳6 神宮寺拳6







当ブログ《アートに欲情しよう!(その3)神宮寺拳の巻》の「追記」に記した画帳(作品帳・ポートフォリオ)(一冊)を、当館で保管しています。
30点ほどの原画を含めご覧いただくことができます。
更に、上記の比較的新しく入手した作品の欄にも載せましたが、2011年12月の時点で、同氏の原画2点所蔵しています。
また、これまでと同様、当館の一角に、同氏の「薔薇族」(本誌、増刊号、青年画報の1979年から1983年にかけて)に載った作品を撮影したコーナーを設けています。

上述の円谷順一と、名前を特定できない大阪の写真家に関して、どのような事柄でもいいのですが何かお知りの方(モデルになられた方も含め)、お伝えいただけたら幸いです。

《なお、季刊の美術雑誌『プリンツ21』(2005年冬号)と、雑誌『バディ』(2005年7月号のP97)、同じく(2007年8月号)の「伏見徒然草」、又、石川貴一氏が刊行している個人文芸誌『薔薇窗』16号(2007年9月刊)、に当美術館が紹介されています。参照していただけたらと思います。「薔薇窗」(ばらまど)は、当サイトにリンクされている「ヴィオラ☆マニア」の中の「花」を御覧下さい》

(2017.5.7 更新)

                  これまでにサイト上に掲載した作品

荻崎正広の著書

最初のページに戻る

Link

RainbowArtsRainbowArts・・・毎年、ゲイ・アートの展覧会を行っています。


日刊ゲイ新聞日刊ゲイ新聞・・・『日刊ゲイ新聞』は日本初ポルノ的ではない同性愛マガジンとして生まれました。


Men's Net JapanMEN'S NET JAPAN・・・ゲイのための総合コミュニケーションスぺースです。


badiバディジェーピィ・・・テラ出版の月刊誌「バディ」のホームページです。

電気Gmen電気G-men・・・ジープロジェクトの月刊誌「G-men」のホームページです。

Gallery TohyohGallery Tohyoh(冬陽)・・・男性ヌードが豊富に掲載された、写真ギャラリィです。


Gayweb ジャパンGayweb ジャパン・・・ゲイのための、出会い、バー情報、イベント情報など、様々に活用できるサイトです。

SindBad Bookmarksシンドバッド・ブックマークス・・・日本と世界のゲイサイトを掲載したリンク・サイトです。


GAY ART NAVIGAY ART NAVIGATION・・・漫画家・里見満氏のサイトです。「さとみつ星」なども合せ、検索その他多彩で豊富な内容です。

  2cho-me.com2cho-me.com…タウン情報などの充実したコミュニケーションサイトです。

オトコエシオトコエシ(野郎花)・・・大石佐次氏のサイト。ガテン系を始め多彩な写真群、短編物語集、モデルのプロフィールなど内容豊かです。

TagameGengoroh Tagame・・・実作者と研究者の両面を合わせ持つ田亀源五郎氏のウェブ・サイト。ブログを含め、多様なゲイ・エロティック・アートが掲載されています。

佐武郎佐武郎の男写真の世界・・・「G-men」などで活躍する写真家 佐武郎氏のホームページ。雄(おす)の裸がひしめいています。CDやさぶ写真倶楽部の案内もあります。

ヴィオラ・マニアヴイオラ・マニア・・・耽美文芸誌「薔薇窗」(ばらまど)を刊行している石川貴一氏のサイト。偏愛的蒐集物の植物や貝殻を始め、洗練された感覚が全体に行き渡っています。

MUSCLE HEROMUSCLE HEROのボウケン・・・イラストレーター鰆(さわら)氏の、筋肉のみなぎる男たちがあふれるサイトです。どこかしら哀感を漂わせている男たちにも味わいがあります。

G-WAVEG-WAVE・・・新しく生まれた検索サイトです。多方面の情報を手に入れることができます。

GclickG click・・・店、イベントその他情報が満載されています。


《当ホームページへリンクしていただける方は、右のURLへお願いします。http://www7a.biglobe.ne.jp/~ogizaki》
《必要な場合は下のバナーをお使いください。また、リンクしていただいた時はメールなどでお知らせください》
バナー

(Link更新 2011.7.28)

最初のページに戻る