津田信澄(つだ・のぶずみ) 1555?〜1582

織田信勝(信行)の子。幼名は御坊丸。通称は七兵衛・七兵衛尉。近江国大溝城主。生年を永禄元年(1558)とする説もある。
父・信勝が殺されたのち、柴田勝家に養育されたといわれている。
永禄7年(1564)に元服して津田姓を称したとされるが、天正2年(1574)付けの記録に幼名にてその名を記されていることから、それ以降に元服したとも見られる。
織田信長配下の武将として各地を転戦し、天正2年(異説あり)に明智光秀の娘を娶った。
天正6年(1578)に大溝城主となる。
天正10年(1582)の本能寺の変の際、四国出兵を控えての準備のために大坂にいたが、6月5日、光秀の縁者であったために織田信孝丹羽長秀に殺され、堺に晒された。
信澄の人物は「一段の逸物」であったというが、キリスト教の宣教師・フロイスは「信澄は異常なほど残酷で、暴君と見なされていた」と『日本史』に記している。