火災調査探偵団  
Fire Investigation Research Team for Fire Fighters
ボタン01 国内唯一の火災調査専門サイト
ボタン01
火災調査は、消防法に基づき
「消防の火災調査員」が実施しています。
難しい課題もありますが、様々な角度から
真摯に向き合って任務を遂行しています。
火災鑑定も含まれます。
全   体   の   構   成
 = 上下に線(バー)が入る文字が、リンクしています。=
基本事項と火災損害
Fire Damage
火災鑑定  
Fire Appraisal
火災調査と法律関係 
Fire Laws
 火災調査で用いる用語の解説
 損害額評価法
  “火災による死者”の調査
 火災調査書類
 
 火災鑑定(火災の事象)
 火災鑑定(火災と火災現場)
 火災鑑定(火災と裁判)

 火災鑑定(火災と消防活動)
 火災調査法令の解説
 火災と関連法令
 消費者問題と火災
 火災保険と火災調査
 
火災原因調査
Fire Cause
火災調査活動の周辺 
Fire Investigation
火災の統計分析と関係資料 
Fire Statiatics
 放火火災
 電気火災
 化学火災
 燃焼器具火災
 微小火源火災
 製品火災
 要因別火災 (車両、地震等)
 原因鑑識
 火災調査の沿革
 調査用資機材
 火災と燃焼 (焼けの見方)
 延焼火災の事例研究
 現場調査活動
 火災調査官制度
 
 用途別の火災 (病院、百貨店等)
 東京の火災
 火災調査関係論文
火災統計コード分類 
Fire Classified table
火災調査規程 
     Fire Invesigation Rules
火災予防の広報資料
Fire Prevention Information
 火災統計分類
 統計分類の解説
  火災調査規程の解説
    (総則から震災時調査まで)
 各消防本部の火災調査結果
 の活用事例としての
 「火災広報資料」の案内
外国の火災調査 
Foreign F.I.
火災調査ナビ
F.I. Navigation Tool
関係機関 リンク
Rink
 中国
 ブラジル
 USA
 現場調査時に活用する
 スマホ版の資料集

    
  
 「江戸消防記念会」成立ち等


 2014〜2016の3年間の
  ページビューの上位
  40順位の一覧
-PDF」

お知らせ
  2018年10/05  だいぶ新しい本も出版されているので火災調査統計の「火災調査テキスト」を書き直しました。
          大阪消防の大阪消防誌「調査鑑識」のようにWeb公開されるケースがこれからは増えそうです。
          ・今年の技術者会議は11/21,22です。まだ、初日の21日は「席」があるようです。
  2018年08/31  火災鑑定のファイル構成は約5頁としていましたが、今回の再燃火災は19頁となりました。
  2018年08/17  タイトル等の手なおしとイラナイ頁の削除してます。
  2018年08/03  「火災鑑定」のコーナもほぼ完結しました。次は、間違いのあるページの書き換えかな?
  2018年07/26  「火災鑑定」のコーナの構成をほぼPDF形式に変更できました。
  2018年07/21  火災は、その現象や原因も含めて火災現場から見た時にその状況が分かり、又、裁判等社会
           の評価実態の意味合いを通して、課題とされるものです。「火災鑑定」は、その視点で編成しました。
  ・・・・・
  2018年01/19  あけましておめでとう  昨年「防火査察」の本を編著し、出版しました。 
  2017年12/13  1つ追記しました。 今日、伊藤氏解説の写真集「日本の火災」(イカロス)を入手、読んでいます。
  2017年12/01  11/29 、昨年より2週間遅れの「消防技術者会議」がありました。
            火災調査部門では8つの報告がなされました。いずれもたいへん勉強になり、敬服しました。
  2017年10/25  懸案にしていた「火災鑑定」を中項目として取り入れ、小項目に3つを入れました。徐々に増やします。
  2017年09/21  「火災予防用広報資料」にさいたま消防の「火災事例集」を掲載しました。使い勝手の良い本です。       
 
  
  ☆ 火災調査の
  話題・ブログ
全国の消防職員が「火災調査」に興味を持って、意欲的に業務を推進していただくために
 北村 芳嗣が作成しているもので、協賛された数名の火災調査官も協力してくれています。
     なお、このホームページに掲載されている内容は、間違い、誤字脱字等も多くあります。
火災調査は、消防行政の種です。「」を大きく育てる力が、消防の力となります。
カウンター<<メール先

Last Update 2018/10/05
Since 2006/09/01
 
Copyright © 2006 Yoshitugu Kitamura all rights reserved

転載を禁ず
      索 引
  =  中分類表題> 上下に線(バー)が入る文字が、リンクしています。=
                                         
火 災 原 因 調 査 (56)
電気火災
 ・リチウムイオン電池の火災
 ・電気痕と火災
 ・非常用発電設備からの火災
 ・NaS電池の火災
 ・スピーカーからの火災
 ・IH電磁調理器からの火災
 ・コンデンサの火災
 ・雷の火災(落雷火災)
 ・埋込み型照明の断熱材火災
 ・オーブン粘土の火災
 ・ワインセラーの火災
 ・中性線欠損の火災
 ・電池の火災
 ・ハロゲンヒータ・ストーブの火災
 ・静電気の火災
 ・電気コンロ(システムキッチン)の火災
 ・迷走電流
 ・蛍光灯の火災
 ・小動物による電線短絡火災
 
放火火災
 ・放火火災

化学火災  
 ・建築現場での自然発火の火災 
 ・在宅酸素治療による火災
 ・脱色剤の火災 
 ・生石灰・土質安定剤の火災
 ・自然発火の火災      
 ・花火の火災       
 ・特殊材料ガス(モノシラン)の火災

燃焼器具の火災  
 ・天ぷら油の火災      
 ・ピザ釜からの火災   
 ・ガス給湯器の火災   
 ・カセットこんろの火災  
 ・草焼きバーナの火災   
 ・石油ストーブの火災   
 ・着衣着火。あふれ火の火災 
微小火源の火災 
 ・たばこの火災       
 ・ライターによる火災     
 ・ロウソクの火災      
 ・収れんの火災      
 ・飛び火火災         
 ・集塵機の火災      
 ・荷造りロープ(紐)の火災  

要因別の火災  
 ・津波による火災 
 ・回廊型遊具の火災   
 ・ゴミ屋敷(部屋)の火災   
 ・列車の火災(新幹線事故)
 ・しゅろ(棕櫚)の木の火災  
 ・エアゾール缶・燃料缶の火災       ・小動物による火災(ネズミ等)



製品からの火災  
 ・製品からの火災
 ・製品火災の報告

原因鑑識要領  
・ガステーブルの火災の使用立証

「火災原因の科学化に向けて」
 の原稿
 (雑誌「東京消防」掲載) 
 ・X線撮影による鑑識法(PDF版)  
 ・コンクリートの受熱影響と
  出火箇所       (PDF版)
 ・鋼材等の受熱影響と出火箇所
               (PDF版)
 ・ガラスの受熱影響と出火箇所
               (PDF版)
 ・火災時の電線の一次痕と二次
  痕の判定       (PDF版)
火災調査の基本事項と火災損害調査 (19)
用語の解説  
 ・火災の定義          
 ・火災種別            
 ・焼損と焼き           
 ・火災損害の区分      
 ・焼損程度の区分       
 ・ 焼損床面積と焼損表面積
 ・爆  発               
 ・特異火災
火災損害評価      
 ・火災損害額の評価  
 ・火災時の焼損程度   
 ・火災損害調査の一歩      
 ・建物火災の損害額評価    
 ・林野火災の損害額評価
火災による死者    
 ・自損放火(放火自殺)     
 ・焼死者の検案          
 ・焼死者の統計(作成中)      
     
火災調査書類   
 ・質問調書     
 ・質問調書と民事裁判  
 ・「実況見分調書」記載の
   現場の位置について
火 災 鑑 定 (13)
火災鑑定(火災の事象)   
 ・火災
 ・対象される火災
 ・火災と人 
 ・火災気象
火災鑑定(火災現場からの実態)
 ・出火原因の多様性
 ・火災原因の仕組み 
 ・火災の進展
 ・火災現場と出火箇所  
火災鑑定(火災と裁判)          (火災と消防活動 
 ・民事裁判判例の側面            ・最近の火災と消防滑動
 ・火災保険事案の側面           ・ 再燃火災 
 ・防火管理制度と火災          
 ・放火の刑事裁判の側面 
 ・過去の業過の裁判の流れ
 ・最近の業過の裁判から
 ・製造物責任と火災の関係
 火 災 調 査 活 動 の 周 辺 (16)
火災調査の沿革    
 ・火災調査の沿革(歴史)  
 ・火災調査と全国消防    
 ・消防庁次長通知(昭和38年5月)
現場調査活動
・火災調査の現場保存について 
 ・スクープ火災 
火災調査の概要  
焼けの見方 
 ・火災現場の「焼けの見方」

火災調査の資機材など  
 ・ 実体顕微鏡の活用     
 ・火災調査の現場手帳    
 ・ガス検知器による“助燃剤”検出

火災調査官制度    
 ・「火災調査官」専門資格       
 ・USAの火災調査官の制度  
延焼、類焼、避難の項目
 ・延焼火災例-1(ベランダ経由)
 ・延焼火災例-2(ベランダ物件)
 ・延焼火災例-03(窓)        
 ・延焼火災例-4(墨出し穴)

火災の統計分析と火災調査関係資料 (20)
火災分類統計  
 ・「火災原因分類」の解説  
 ・「経過」の解説        
 ・発火源の分類表       
 ・経過の分類表        
 ・着火物の分類表      
 ・出火箇所の分類表
建物用途別に見た火災の実態 
 ・ 防火管理制度と火災    
 ・ 百貨店の火災      
 ・ 病院・診療所の火災  
 ・ 日本式建物への放火火災
火災調査関連資料   
 新刊 ・火災調査テキスト
火災論文(PDF版)と火災統計
 ・私の火災調査(消大校友会報)
 ・大中氏-火災機構と原因調査
 ・浅見氏-火災と原因調査
 ・職員向け-火災原因調査(昭44年)
 ・火災の統計(政令指定都市)
住宅用火災警報器   
 ・住宅用火災警報器について   
東京の火災       
 ・東京の火災の年別変化
 ・火災から見た「東京の消防署」  
火災を取り巻く話題  
 ・火災調査を扱った漫画、小説
火災調査と法律 (14)
火災調査法令    
 ・2012年消防法火災調査の改正
 ・消防法第7章の逐条解説
 ・消防法33条から見た火災   
 ・改正「消費安全法」と火災調査
 ・石油ストーブ爆発火災の裁判例
 ・火災保険金請求訴訟と火災調査
 ・「火災調査結果の公表」について  
火災安全たばこ
 ・火災安全たばこ  
        
 火災調査規程
 ・火災調査規程(総則)            −01
 ・    〃    (調査業務の体制)    −02
 ・    〃    (調査業務処理の基本) −03
 ・    〃    (調査業務の執行)    −04
 ・    〃    (調査結果の記録)    −05
 ・    〃    (震災時の火災調査)   −06
国外の火災調査 (13) その他
中国の火災調査  
 ・北京市・火災調査制度
 ・火災調査の法律
 ・調査規定と北京市の消防組織
 ・火災事故調査規定の内容
 ・火災事故時の責任
 ・火災事故と刑法の適用
 ・現場活動の一コマ
その他の国の火災調査 
 ・韓国の火災調査の教科書 
 ・幾つかの都市の火災調査
アメリカ(USA)の火災調査 
 ・USAの火災調査官・資格制度
 ・USAの保険制度と消防の棲分け

ブラジルの火災調査 
 ・ブラジルについて
 ・ブラジルの火災調査制度
火災調査リンク
 ・火災調査関連リンク
  
 火災予防用広報資料
  ・広報ポスター・解説書等
  ・さいたま市火災事例集
 

 江戸消防記念会について


 スマホの「火災調査」ナビ

 ナガサキ防火研究会