「いろは坂通り」を歩く(その1)

いろはざかどおりをあるく

写真

図

聖蹟桜ヶ丘駅からいろは坂を登り、桜ヶ丘住宅を抜ける道をご紹介します。

映画「耳をすませば」で主人公の雫が猫を追いかけて地球屋に至るルートと重なります。

1995年に公開された映画ですが、今でも耳すまファンと思われる人たちが周囲の景色を確かめるように、いろは坂通りを歩く姿を見かけます。

映画は当時の聖蹟桜ヶ丘をかなり忠実に描いていますが、あくまでフィクションなので、映画のシーンと実際はところどころ違っています。

道順が違っていたり、現実にはない建物が映画では描かれていたりします。時間の経過とともに、いろいろな変化も生じています。

駅を降りたら「西口」改札を出て左側に進んでください。交差点を渡るとOPAがあります。1階はスターバックスのテラス席になっています。

OPAの横をまっすぐ進み、桜ヶ丘郵便局の前を通り、さらにまっすぐ進むと「霞ヶ関橋」です。

正確には、駅前の交差点から霞ヶ関橋までは「さくら通り」で、橋を渡ってからが「いろは坂通り」です。

(2005年6月)
(2014年1月訂)

前へ 1 2 3 4 5 次へ