太陽黒点観測

Update at 2024/07/03 08:12

[6/27]-[6/28]-[6/29]-[6/30]-[7/1]-[7/2]-[7/3] 第1表 | 第2表 | 第3表 | 第4表
2024/7/3 07:22 JST
【最新の太陽画像(白色光)】 
【画像内のデータの意味】
Date/Time=観測日時
   (国際時)
MJD=準ユリウス日
使用レンズ
Filter=使用フィルタ
Model=カメラのモデル
Exposure time=露出時間
ISO=ISO感度
Scintillation=シンチレーション
Transparency=透明度
Rotation=東西線自体の回転角
P=北極方向角
B0=日面中央緯度
L0=日面中央経度
N-S=太陽の北極/南極
E-W=天球の東西
クリックで拡大。
白色光:約1000×1000ピクセル、約160KB

展開図。クリックすると拡大します。1802×1032ピクセル、約350KB



天候薄曇り 雲量 0 /10
シーイング 5 /5
シンチレーション0.90sec^2 透明度-0.1EV
北半球g:3f:14R:44
南半球g:5f:22R:72
相対数116
備考.

考察*特になし


黒点群表

群番号黒点数緯度経度Type(型)New
S62 2 -11.0- -12.027.0- 30.0J.
N60 5 +2.0- +5.5331.5- 337.0CNew
N61 8 +7.0- +9.5281.0- 296.0FNew
N62 1 +16.0- +17.0283.0- 285.0JNew
S63 1 -15.0- -16.028.0- 30.0JNew
S64 2 -17.0- -19.5349.0- 352.0HNew
S65 16 -2.0- -7.0324.0- 340.0FNew
S66 1 -15.0- -16.0325.0- 326.0ANew
後日訂正される場合があります。

定点カメラ画像


集計表

第1表.日別集計表(過去365日分)

第2表.日別黒点データ(過去365日分)

第3表.黒点群別データ(過去365日分)

第4表.月別平均値


回帰予定表

群番号経度位置回帰時期大きさ
N55286N17 E34(Earth side)見えているはずです4
S56229S21 E89(Far side)7/43
N57218N8 E78(Far side)7/42
S57218S11 E78(Far side)7/415
N58116N14 W156(Far side)7/74
N56162N10 E22(Far side)7/911
S58170S25 E30(Far side)7/815
S59155S15 E16(Far side)7/911
N5928N26 W68(Earth side)見えているはずです5
S6055S5 W95(Far side)7/37
S6164S12 W104(Far side)7/47
N60334N4 W14(Earth side)見えているはずです6
N61289N8 E31(Earth side)見えているはずです16
S6229S12 W69(Earth side)見えているはずです4
N62284N17 E36(Earth side)見えているはずです3
S6329S16 W69(Earth side)見えているはずです3
S64351S18 W31(Earth side)見えているはずです4
S65332S5 W12(Earth side)見えているはずです17
S66326S16 W6(Earth side)見えているはずです2

出現経度図 過去2回帰分


1日分3ピクセル。気が向いた時に更新。

回帰群のチェック用。括弧内は緯度

相対数グラフ(2005/2/14-)


1ラインあたり5日。気が向いた時に更新。

蝶形図 Butterfly diagram (2005/2/14-)


1ラインあたり5日。気が向いた時に更新。

集計期間が短くて蝶に見えないのはご愛敬。なお、『蝶形図』と書くのが正しく『蝶型図』と書くのは誤り。
(『形』は外見(=style)の意味、『型』は分類(=type)、鋳型(=cast)、規範となる体勢や動作(=form)の意味)

出現経度図(2005/2/14-)


1ラインあたり5日。気が向いた時に更新。

蝶形図が黒点の出現緯度を表すので、それの直交版を作ってみた。
黒点群の寿命の長さなどを把握できると思う。長期的に見て特徴的な模様が出るかは不明。

太陽黒点の観測のしかた

1.機材編

2.測定編

3.集計編

4.P,B0,L0一覧表


観測地

岩手県奥州市水沢



観測機器

白色光: TAKAHASHI FS-102 + BAADER Astoro Solar filter + Nikon D80
Hα光: CORONADO SolarMax 60 Telescope O.T.A. SM60T/15 + CEMAX BARLOW 2X + Nikon D80
詳しくはこちらへ


データのご利用について

こちらへ


Copyright© T.Okano 2005-2024 All rights reserved.
・この観測結果は、一個人によるものであり、何らかの組織・団体等による公式的なものではありません。
・この観測結果については、ご自由に利用していただいて構いません。
 ただし、この観測結果を利用した事による、いかなる損害についても責任を負いかねます。ご了承ください。
Home / Mail