本文へ

三十糎艦船連合呉支部

三十糎艦船連合呉支部

摂津

「摂津」は河内型戦艦の2番艦である。 河内型戦艦は日露戦争後の補充艦艇費で建造された日本海軍最初の弩級戦艦で、「河内」、「摂津」の2隻が竣工した。 主砲として30センチ砲連装6基を前後2基、舷側各2基の配置として搭載した。 また首尾線方向の砲力を重視し、舷側砲の45口径に対して前後の砲を50口径とした。 副砲には15.2センチを日本海軍の主力艦としてはじめて搭載した。 主機には「伊吹」と「安芸」のものに改良を加えたカーチス式タービン2基を搭載し、速力20ノットを得た。 しかし、主砲の砲身長が前後部砲と舷側砲とで異なるため、真の意味での単一巨砲艦とは言いがたいとの評価もあった。

第一次大戦では東支那海・黄海警備に従事、1923年(大正12年)9月に発生した関東大震災では救難に出動した。

1923年(大正12年)のワシントン海軍軍縮条約により、戦艦「陸奥」の代わりに、「摂津」は退役させられ標的艦となり、兵装や装甲などを撤去し、艦砲標的の曳航に使用された。 この時に撤去された前後主砲塔2基は、陸軍要塞砲として長崎県対馬要塞竜ノ崎第一砲台と竜ノ崎第二砲台移設された。

1937年(昭和12年)7月には、駆逐艦「矢風」を操縦船とした無線操縦爆撃標的艦に改造された。 さらに1940年(昭和15年)5月には、装甲鈑を装着した爆撃・砲撃実験標的艦となり、内海西部で任務にあたっていたが、1945年(昭和20年)7月24日のアメリカ軍機による空襲で大破着底した。(1)(2)

艦名

艦名は旧国名。 現在の大阪府の北西・南西部および兵庫県の東部の地域にあたる。 摂州。(3)

「津の国の難波の春は夢なれやあしの枯れ葉に風渡るなり」(西行/新古今集)

要目(4)(5)(6)(7)

新造時1940年(昭和15年)
艦種戦艦標的艦
建造場所第三船台
基準排水量20,650トン
常備排水量21,295.648トン
軽荷排水量19,115.163トン
満載排水量23.110.316トン
全長162.46m
垂線間長152.40m
水線長159.30m
水線最大幅25.647m25.45m
喫水8.366m8.38m
主機カーチス式直結タービン2基、2軸カーチス式直結タービン2基、2軸
主缶宮原式水管缶(重油・石炭混焼)16基宮原式水管缶(重油・石炭混焼)4基
ロ号艦本式水管缶(重油専焼)4基
出力25,000馬力/32,200馬力(公試)16,000馬力
速力20.0ノット/21.008ノット(公試)18.01ノット
燃料石炭:2,060.5トン、重油:406トン
航続力
装甲水線305mm
甲板75(30+45)mm
砲塔前楯279mm
砲塔天蓋76mm
司令塔254mm
対砲弾:17,000〜22,000mから発射される20cm特型演習弾に耐える程度
対爆弾:高度4,000mから投下される30kg演習爆弾に耐える程度
兵装50口径毘式30.5cm連装砲2基
45口径毘式30.5cm連装砲4基
45口径四一式15.2cm単装砲10基
40口径四一式12cm単装砲8基
40口径四一式8cm単装砲12基
短8cm単装砲(一号)4基
45cm水中発射管5門
乗員999人
その他-

艦歴(8)(9)

年月日履歴
1909年(明治42年)1月18日起工。
1911年(明治44年)3月30日進水。 戦艦に類別。 呉鎮守府籍に編入。 
1912年(明治45年)7月1日竣工。 第一予備艦となる。
1912年(大正元年)12月1日第一艦隊に編入。
1913年(大正2年)2月10日打狗発。 南清方面航海。
1913年(大正2年)2月17日馬公着。
1913年(大正2年)2月21日馬公発。 南清方面航海。
1913年(大正2年)2月28日佐世保着。
1913年(大正2年)4月11日仁川発。 北清方面航海。
1913年(大正2年)4月22日鎮海着。
1914年(大正3年)2月12日古仁屋発。 中国方面航海。
1914年(大正3年)2月18日鎮海着。
1914年(大正3年)8月18日第一艦隊に編入。
1914年(大正3年)8月28日佐世保発。 第一次世界大戦に従事。
1914年(大正3年)9月4日佐世保着。
1914年(大正3年)12月1日第一艦隊第一戦隊に編入。
1915年(大正4年)12月13日第一艦隊第一戦隊に編入。
1916年(大正5年)12月1日第二予備艦となる。
1917年(大正6年)10月1日第一予備艦となる。
1917年(大正6年)12月1日第一艦隊第二戦隊に編入。
1918年(大正7年)2月27日馬公発。 中国方面警備。
1918年(大正7年)3月3日佐世保着。
1918年(大正7年)7月23日第一艦隊第一戦隊に編入。
1918年(大正7年)8月20日第一艦隊第二戦隊に編入。
1919年(大正8年)10月9日特別大演習観艦式賜宴設備工事。 11月4日完了。
1919年(大正8年)11月6日第三予備艦となる。
1920年(大正9年)4月1日呉工廠で缶管入換工事着手。 翌年8月31日完了。
1920年(大正9年)10月19日呉工廠で特定修理船体修理着手。 翌年8月31日完了。
1921年(大正10年)4月1日呉工廠で船体修理着手。 10月12日完了。
1921年(大正10年)9月10日第一予備艦となる。
1921年(大正10年)10月10日警備艦兼練習艦となる。
1922年(大正11年)4月1日第三予備艦となる。
1922年(大正11年)8月23日予備艦のまま海兵団練習艦となる。
1922年(大正11年)10月14日第四予備艦となる。
1923年(大正12年)6月1日第一予備艦となる。
1923年(大正12年)10月1日除籍。 特務艦に類別。
1924年(大正13年)4月1日標的艦への改造工事着手。 後に主砲塔は陸軍要塞砲として対馬竜ノ崎第一砲台(後部主砲塔)および第二砲台(前部主砲塔)に移設された。
1924年(大正13年)6月30日改造完了。
1924年(大正13年)4月19日第一予備艦となる。
1924年(大正13年)12月1日第三予備艦となる。
1925年(大正14年)6月1日第一予備艦となる。
1925年(大正14年)12月1日第三予備艦となる。
1926年(大正15年)7月1日第二予備艦となる。
1926年(大正15年)9月1日第一予備艦となる。
1926年(大正15年)12月1日第四予備艦となる。
1928年(昭和3年)3月1日第二予備艦となる。
1936年(昭和11年)2月29日呉工廠で無線操縦標的艦への改造工事着手。
1937年(昭和12年)7月31日改造工事完成。
1937年(昭和12年)8月5日連合艦隊付属に編入。
1937年(昭和12年)8月17日佐世保発。 陸戦隊輸送のため、駆逐艦「矢風」とともに馬鞍群島に向かう。
1937年(昭和12年)8月19日馬鞍群島着。陸戦隊を巡洋艦「名取」と第二十一駆逐隊ら移す。
1937年(昭和12年)8月21日佐世保着。 補給待機。
1937年(昭和12年)8月27日佐世保発。 輸送任務のために馬鞍群島に向かう。
1937年(昭和12年)8月31日佐世保着。
1937年(昭和12年)9月8日佐世保発。 輸送任務のために基隆に向かう。
1937年(昭和12年)9月10日基隆着。
1937年(昭和12年)9月12日基隆発。
1937年(昭和12年)10月15日佐世保着。
1937年(昭和12年)11月1日呉鎮守府部隊に編入。 整備休養。
1938年(昭和13年)4月20日連合艦隊付属に編入。
1938年(昭和13年)10月17日寺島水道発。 南支沿岸を経て馬公に向かう。
1938年(昭和13年)10月23日馬公着。
1939年(昭和14年)3月21日佐世保発。
1939年(昭和14年)4月3日呉に帰着。
1939年(昭和14年)7月25日第三予備特務艦となる。
1939年(昭和14年)呉工廠で爆撃砲撃兼用標的艦への改造着手。 翌年5月完成。
1940年(昭和15年)4月20日連合艦隊付属に編入。
1941年(昭和16年)2月15日佐世保発。 南支方面に向かう。
1941年(昭和16年)3月5日馬公着。
1941年(昭和16年)10月24日第一航空艦隊の爆撃訓練のため九州方面に行動。
1941年(昭和16年)11月5日海戦に伴なう主力艦隊の所在秘匿のため、12月初旬まで南西諸島方面に派遣され、偽通信に従事。
1941年(昭和16年)12月21日呉発。 内海西部に行動。
1941年(昭和16年)12月25日呉着。
1941年(昭和16年)12月28日呉発。 内海西部に行動。
1942年(昭和17年)1月10日呉着。 入渠整備。
1942年(昭和17年)4月4日呉発。 内海西部に行動。
1942年(昭和17年)4月30日呉着。
1942年(昭和17年)4月10日主力部隊に部署され。連合艦隊司令長官の指揮下に入る。
1942年(昭和17年)5月3日呉発。 内海西部に行動。
1942年(昭和17年)5月26日呉着。
1942年(昭和17年)6月17日呉発。 内海西部に行動。
1942年(昭和17年)7月8日呉着。
1942年(昭和17年)7月14日呉発。 内海西部ほかに行動。
1942年(昭和17年)9月9日呉着。
1942年(昭和17年)9月16日呉発。 内海西部に行動。
1942年(昭和17年)9月25日呉着。
1942年(昭和17年)10月18日呉発。 内海西部に行動。
1942年(昭和17年)10月30日呉着。 補給休養。
1942年(昭和17年)11月5日呉発。 内海西部に行動。
1942年(昭和17年)11月25日呉着。 補給休養。
1942年(昭和17年)12月8日呉発。 内海西部に行動。
1942年(昭和17年)12月28日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)1月2日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)1月31日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)2月5日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)2月28日呉着。 補給。
1943年(昭和18年)3月1日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)3月14日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)3月24日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)3月31日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)4月1日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)4月15日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)4月30日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)5月23日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)6月3日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)7月3日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)7月16日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)8月12日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)8月15日機動部隊に部署され、第三艦隊司令長官の指揮下に入る。
1943年(昭和18年)9月1日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)10月7日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)10月17日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)10月23日呉着。 補給休養。
1943年(昭和18年)11月21日呉発。 内海西部に行動。
1943年(昭和18年)12月28日呉着。 補給休養。
1944年(昭和19年)1月4日呉発。 内海西部に行動。
1944年(昭和19年)1月28日呉着。 補給休養。
1944年(昭和19年)2月2日呉発。 内海西部に行動。
1944年(昭和19年)2月19日呉着。 補給休養。
1944年(昭和19年)3月4日第一航空艦隊付属に編入。
1944年(昭和19年)3月10日第五基地航空部隊に部署。 第一航空艦隊司令長官が指揮。
1944年(昭和19年)3月19日呉発。 内海西部に行動。
1944年(昭和19年)4月20日呉着。 補給休養。
1944年(昭和19年)5月2日呉発。 内海西部に行動。
1944年(昭和19年)5月18日呉着。 補給休養。
1944年(昭和19年)6月1日連合艦隊付属に編入。 連合艦隊付属部隊に部署され、連合艦隊司令長官が指揮。
1944年(昭和19年)6月10日呉発。 内海西部に行動。
1944年(昭和19年)7月13日呉着。 補給休養。
1944年(昭和19年)7月31日呉発。 内海西部に行動。
1944年(昭和19年)10月1日呉着。 補給休養。
1944年(昭和19年)10月29日呉発。 内海西部に行動。
1944年(昭和19年)11月30日呉着。 補給休養。
1944年(昭和19年)12月8日呉発。 内海西部に行動。
1945年(昭和20年)2月18日呉着。 補給休養。
1945年(昭和20年)3月3日呉発。 内海西部に行動。
1945年(昭和20年)5月16日呉着。 補給休養。
1945年(昭和20年)5月24日呉発。 内海西部に行動。
1945年(昭和20年)6月14日呉着。 補給休養。
1945年(昭和20年)6月18日呉発。 内海西部に行動。
1945年(昭和20年)7月24日江田内でアメリカ空母機攻撃により被爆着底。
1945年(昭和20年)11月20日除籍。
1946年(昭和21年)6月播磨造船により浮揚解体作業に着手。
1947年(昭和22年)8月解体作業完了。

参考資料

  1. 日本戦艦史.東京,海人社,1988,p44,p47,p184-185,世界の艦船.No391 1988/3増刊号 増刊第24集
  2. 佐山二郎.日本陸軍の火砲 要塞砲.東京,光人社,2011,p486-487,光人社NF文庫.(ISBN: 978-4769827146)
  3. 世界大百科事典 第2版(オンライン版)
  4. 前掲.日本戦艦史.p47,p184-185
  5. 福井静夫.(写真)日本海軍全艦艇史資料篇.東京,ベストセラーズ,1994,p34
  6. 石橋孝夫.日本帝国海軍全艦船1868-1945 [ 戦艦・巡洋戦艦 ].東京,並木書房,2007,p193-194
  7. 日本海軍特務艦船史.東京,海人社,1997,p40,世界の艦船.No522 1997/3増刊号 増刊第47集
  8. 前掲.日本帝国海軍全艦船1868-1945 [ 戦艦・巡洋戦艦 ].p204-205
  9. 渡辺博史.空の彼方 : 海軍基地航空部隊要覧 (七) 基地航空部隊付属部隊等.名古屋,渡辺博史,2012,p78-83

謝辞

アイコンはkiyochan様の「アイコン&お絵描き工房」より、ご提供頂いた。