大学生のフリーター率 大学の退学率
高校生の退学率

大学生の1割弱が卒業までに退学した後、3割前後の大学生がフリーター等になり会社へは就職していません。個別の大学の退学率は「大学の実力」08年7月20日21日の読売新聞を図書館等で調べてみてください。
首都圏の大学の退学率は外部リンク大学退学率 読売新聞 大学の実力より抜粋で見る事ができます。(高校生の進路)

大学生の退学率

大学の入学者数と4年後の卒業者数を比較すると、大学生の1割弱が途中で退学している事がわかります。

学校基本調査−文部科学省より(単位は万人)
 入学者4年後の卒業者退学率進学者就職者フリーターフリーター率
平成8年57.953.9 万人7%5.830.118.0 万人33%
平成9年58.754.6 万人7%5.931.217.4 万人32%
平成10年59.154.8 万人7%6.031.117.7 万人32%
平成11年59.054.5 万人8%6.230.018.3 万人34%
平成12年60.054.9 万人8%6.530.617.8 万人32%
平成13年60.455.1 万人9%6.632.915.6 万人28%
平成14年60.955.8 万人8%6.735.613.5 万人24%

外部リンク深刻化する退学者問題 理工系の高い退学率
日本私立大学協会より(別ウィンドウ)

在学者に対する退学者の割合は、加重平均で2.9%(単純平均で3.3%)に上っており、3年前の調査と変わっておらず、好転の兆しを見せていない。

学部系統別では、退学率が最も高いのは理工系(3.5%)、続いて社会科学系(3.1%)、芸術系(2.9%)、人文科学系(2.7%)の順となっている。また逆に、退学率の低い学部は医学(0.6%)、歯学(0.9%)、教育学と薬学(1.0%)となっている。  このことから資格に直結した学部の退学率は低いが、これらはいずれも国家資格である。つまり、資格そのものにステータスがあり、学生の目的意識が強いことが特徴である。

年間3%の退学率だから、卒業までの4年間で10%ぐらいが退学することになる。

外部リンク学校基本調査−文部科学省(別ウィンドウ)

大学生のフリーター率

大学生の1割弱が途中で退学した後、大学院への進学者、就職者を除いた3割前後の大学生がフリーターなどになっている事がわかります。

大学は進学すれば良い?

目的意識を持って大学に入学しないと、途中で退学したり、フリーターやニートになってしまいます。サイト内リンク フリーターと大卒の生涯賃金の差は2億円

高校生の退学率

高校生の入学者数と3年後の卒業者数を比較すると、高校生の退学率は5%ぐらいです。20人に1人が途中で退学しています。

中途退学した人は、その後どうしているのでしょう。
一部の人は「高等学校 卒業程度 認定試験」(昔の大検)を受けて、大学・短大・専門学校へ進学します。

学校基本調査−文部科学省より(単位は万人)
 入学者3年後の卒業者3年間の退学者退学率
平成13年134.6万人128.1万人6.5万人4.8%
平成14年130.3万人123.5万人6.8万人5.2%
平成15年126.8万人120.3万人6.5万人5.1%
平成16年124.3万人117.2万人7.1万人5.7%

文部省が、全日制と定時制の卒業者数を分けて発表していないので、多少、不正確です。

高等学校 卒業程度 認定試験(大検)

「高等学校 卒業程度 認定試験」に合格すると、高校の卒業資格は取得できませんが、
大学・短大・専門学校の受験資格が得られます。
平成18年度の秋の試験では、1万2千人が受験して、合格者は4千5百人でした。 詳しくはサイト内リンク 高等学校 卒業程度 認定試験

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑大学生のフリーター率 大学の退学率 高校生の退学率の一番上へ↑