越山(えつざん):その6

永禄8年(1565)2月中旬、相模国を本拠とする北条氏の圧迫を受けていた上総国土気城主・酒井胤治が越後国の上杉謙信に越山(関東出兵)を要請した。また、甲斐国と信濃国に加えて西上野の一部を掌握するまでに至っていた武田信玄は上野国中域へ侵攻するため、2月7日に上野国西部に出陣している。
この頃の謙信は、越前国の朝倉義景からの要請を容れて加賀国の一向一揆との戦いへ出陣することにしていたが、この関東の危急を受けて朝倉氏への支援を中止して越山することを決め、2月24日付の書状で下野国の小山高朝らに越山することを伝えるとともに、上野国厩橋への参陣を要請している。
しかし謙信は4月に配下の河田長親らを派遣して対処するに止まっており、5月下旬になって越山無用との連絡を受けたため、越山はしなかった。しかしこの間にも上杉勢力に対する北条・武田勢の攻撃は激しさを増しており、土気城を攻めていた北条勢は、3月には謙信に与する簗田晴助の拠る下総国関宿城の攻撃に移行し(関宿城の戦い:その1)、5月22日には上杉方であった上野国倉賀野城が武田勢の攻撃を受けて落城、上野国の西半は武田氏の勢力圏となったのである。

11月末に越後国を発向した謙信は関東で年を越し、翌永禄9年(1566)1月末に下野国佐野に軍勢を進めた。
この後、4度目の越山の際に逐った小田氏治によって奪回されていた常陸国小田城を、佐竹義重らと共に攻めた。2月10日になると氏治が城の破却を条件として和議を申し入れ、16日にはそれを容れて開城させている。
小田城を抜いた謙信は下総国に侵攻し、3月上旬には北条方の千葉胤富の属城・下総国臼井城を攻囲した。上杉勢は3月20日頃には堀一重を残すまでに攻め立てており、陥落まであとわずかであったというが、臼井城の救援に駆けつけた北条・千葉氏の軍勢に大敗を喫し、数千人の死傷者を出して撤退した。
謙信は5月上旬頃に関東から帰国したが、この臼井城での敗北を機に関東の国人らは謙信から離れていくことになる。