青二書道教室

青柳疎石フォント使用


ようこそ「 青二書道教室」 へ。
ホームページ開設日 2004年12月02日

このホームページを開設して早くも10年が経とうと致しております
長い間本当に有り難うございます、後1年でも2年でも続ける事が
出来ればと思っている次第です。                   


What’s New
年賀状のお手本は予定表のページにて掲載させていただいております。
年賀

最終更新日                            
2014年12月21日


特別なものは何もありません、ただ自分の調子をとるために考えただけで押さえ等 実際には30年もたっておりますので少しだけ言葉の言い方と調子が変わっておりますが基本このままで表現させて頂いております。
教室では書きながら説明をさせて頂いておりますが、ここでは想像だけでもして頂ければと掲載させていただきました。( 線はあくまで別物ですので押さえだけです )



予定表
青二書道教室予定表

衡山半紙お手本

衡山半切お手本2

漢字の話

仮名のお手本

衡山用筆



( 青柳衡山第2ホームページ )

漢字作品

条幅作品

仮名条幅

漢字半紙

漢字半紙2

( 青柳疎石ホームページ  )


(青柳衡山書道作品写真掲載用第2ホームページ)

http://kouzan.wix.com/aoyagikouzan
今後の作品写真掲載はこちらのホームページへ段々と移行してまいります。

第2ホームページはインタネットエクスプローラーなどブラウザの右上設定の拡大縮小にてサイズ変更して頂けますと丁度良い大きさにてご覧いただけると思います。スクリーンセーバーの様な感じで見ていただければ嬉しいです。
お手本写真が千枚を超えたために無料の容量に達したので次のアップを少し考えております。


〒564−0011
大阪府吹田市岸部南1−25−7−305       
JR岸辺駅前徒歩一分
電話 06−6383−2717

月謝 5,000円
教室は時間内であれば自由出席制なので何時でも何回でも勉強していただけます。
20畳ほどの部屋ですが少人数にて4・5人が普通でゆったりと練習していただけると思います。

新しくなったJR岸辺駅南側です
駅から見た教室が有るビルです・3階の右端で中央の通路から入って行くと階段があります


「 青柳隷書しも 」漢字第二水準までを公開させて頂いております。また皆さんに使って頂ければ有難いので宜しくお願いいたします。

http://manabite0.g.hatena.ne.jp/manabite/20070103  しも様ホームページ

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/aoyagireisho/  窓の杜ホームページ

http://opentype.jp/aoyagireisho.htm  隷書フォント武蔵システム

http://opentype.jp/freemouhitufont.htm 武蔵システム

http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130613_603413.html  窓の杜ニュース

http://homepage3.nifty.com/sho-aoyagi/ ”書・あおやぎ(青柳)”
通信での練習も行なっておりますので気楽にお問い合わせ頂ければと思います、月謝は五千円で添削は何回でも結構です。
また病院の看板やお店会社の看板だと思うのですが紙に実物大での揮毫を頼まれたり致しますが他に賞状等などどの様なものでもメールにて気楽にお問い合わせ頂ければ書かせていただきます。
教室までお越しいただければ時間の都合もありますがその場で書かせていただきますのでお問い合わせください。
半切などのお手本なども文字指定を頂きましたら落款を付けて郵送させていただきます。
書ける範囲のものでしたら落款を入れて大抵のものは一万円にて揮毫させて頂きます。
メール・電話での確認をお願いいたします。

予定表
青二書道教室予定表

衡山半紙お手本

衡山半切お手本2

漢字の話

仮名のお手本

衡山用筆





教室はフリー出席制にて練習時間自由(教室の時間内で)、練習内容も自由でお手本もその場にてどの様なものでも無料にて書かせていただきます。
月謝は・通信共に一ヶ月何度こられても通信も何回添削でも 5,000円 となります。
2014/12/2


















ページの先頭へ














衡山半紙お手本
衡山半紙お手本
予定表
予定表
衡山半切お手本2
衡山半切お手本2
漢字の話
漢字の話
仮名お手本
仮名お手本
衡山用筆
衡山用筆
メール
メール