ファースト キス。高校生のキスはダメ

キスと愛と好き。あなたのファースト キスは?
これは非常に難しく、重要な、問題なので、上手く説明できるかどうか、わかりません。自分なりに考えてください。

人を好きになること

誰かの写真(例えば、お見合い写真)を見て、その人を好きになる事ができますか。なかなか難しいでしょう。
TVのドラマのヒロイン(女性)あるいはヒーロー(男性)を好きになることはあります。私は大原麗子が好きです。
でも、それは大原麗子そのものでなく、大原麗子が演じる架空の人物が好きなだけです。小説の主人公を好きになるのも同じ。
実物の人を好きになるにはどうしたら良いでしょう。
文通相手を好きになることはあります。しかし、それには長い時間がかかります。
初めてあった他人を好きになることは非常に難しい反面、身近な人、毎日話をする人を好きになることは易しい。
つまり、関わることが人を好きにさせる。
体に触れるということも関わることです。体が触れると、同性でも異性でも好きになる。だから試合の前にスクラムを組むのです。
『触れ合うと、好きになる』★結論1。

触れ合いは好意の確認。キスは必要なのか。

知らない誰かに(たとえ、若くてハンサムな人でも)触れられたら、気持ち悪いでしょ。
「何すんのよ」って言ってしまうかもしれせん。
つまり、触れ合うということは、最低「あなたは嫌いではないよ。」というメッセージを交換することになるのです。
場合によっては「あなたを好きだ」というメッセージです。これが必要な時もあります。
例えば、さっきのスクラムのように。言葉で好意を持っていることを説明するのは時間がかかります。
それに比べれば、触れ合うのは一瞬ですみます。
それが西洋の握手でしょう。でも、これは非常に安直なやり方です。
時間をかければ、言葉でも好意の確認はできます。1週間もあれば、十分でしょう。
恋人どうしには、そんな時間いくらでもあります。
キスは必要ないのです。★結論2。
「キスをするな」とは言ってません。「必要はない」と言ってるだけです。

触りたいという気持ちはnaturalな本能

かわいい赤ちゃんがいます。ほおずりしたり、ほっぺにキスしたくなるでしょう。抱いてみたいと思うでしょう。
これは、いやらしい感情ではなく、naturalな感情です。というか、本能です。
この本能が無ければ、無力な赤ちゃんは死んでしまいます。人類はとっくの昔に絶滅していたでしょう。
この本能が形を変えて、同年代の人間(男同士が友情の証として抱き合うことは希にあります。)
にも働くのではないかと思います。
また、猿どうしが毛づくろいをします。あれは敵意のないことを表現しています。
この本能も人間に受け継がれているかもしれません。
そんな動物的なのはイヤということはありません。人間は動物です。それは受け入れなければなりません。
『触りたいという気持ちは、naturalな感情なのだ。』★結論3
ということだけ、言っておきます。

キスはダメ。本論

結論を先に言うと、『絶対ダメ』と自信を持って言えないのが(コンサーバティブ=保守的な)人間としては残念です。
それほど難しい、「人類の起源」に関わる問題です。「人とは何か」にせまる問題です。
しかし、次のようなことは自信を持って言えます。
『無理やりするものではない。』
キスをする事で、二人の関係を近づけようとするのは、ダメです。
それは二人の関係を冒涜(ぼうとく)することになります。
また『キスしなくても恋人どうしになれる。』
つまり、必ずしも必要なものではないのです。
「好きならキスぐらいいいだろ。」と言うのは、まだまだ若い証拠。
恋人同士がお互いの感情を確認したい気持ちは分かります。
しかし、それを「キス」という行為で確認する必要はありません。
私の経験から言えば、そういう人は相手のことを本当に好きかどうか怪しいと思います。
怪しいと言っているだけで、ウソつきとは言ってません。
たぶん、本人も「愛」という事がどういう事か、分かっていないのです。
難しい問題です。あとは以下の説明を読んで、自分で考えてください。
あなたのファースト キスを阻止することは不可能だからです。

ファースト キスと思い出。本当に好き。

キスをしたり、触れ合ったりすると、好きの度合が高まるという結論1があります。

図PmK 好きのパターン。Pプラトニック型 m中間型
好きの度合い→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
P 思い出−>想い出    −−>思い出−>想い出 −−−−>デート
m 思い出−>想い出 −−−−>思い出−>ファースト キス−>デート
K 思い出−>ファースト キス−>キス−−>キス−−−−−−>想い出
   ↑薄い思い出

このPMKの中でどれが一番好きなのでしょうか。Pだと答える人がいるかも知れませんが、そうでもない。
どれも同じです。自分の心の中での好きさ加減はみんな、同じです。

結論2『キスは必要ないのです。』
あってはいけないのではなく、キスはあっても無くてもいいのです。
では、どれでもいいのでしょうか。考えてみてください。

ウソではないのです。

思い出を一つ作るのに、どれくらいの時間がかかりますか。
キスを1回するのに、どれくらいの時間がかかりますか。
時間を積み重ねて、できあがった感情はなかなか、壊れないものです。
それは愛情だけでなく、憎しみも同じです。
習慣も、知識も、同じです。脳のしくみからして、そうなります。

傷つく乙女心

今、一番下のKのタイプで雅夫君が美穂さんを好きだとします。これは本当に好きなのです。
ウソではありません。
そこに洋子さんがあらわれました。雅夫君はまた、Kのタイプで洋子さんを好きになりました。
これも 本当に好きなのです。ウソではありません。
ただ、そうなるのに、そんな時間はかからないかもしれません。この時、美穂さんはどう思うでしょう。
短時間に好きな相手が変わったら、
「私を好きだと言ったのはウソだったのね。」
と思うかも知れません。
実はウソではないのです。
しかし、それがわからない乙女心は傷つくでしょう。

それでも、傷つく乙女心

今、Pのタイプで雅夫君が優香さんを好きだとします。これは本当に好きなのです。
ウソではありません。
そこに洋子さんがあらわれました。雅夫君はまた、Pのタイプで洋子さんを好きになりそうになりました。
でも、それには時間がかかります。…。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑ファースト キス 高校生のキスはダメ。の一番上へ↑